空き家を最高値で売却する方法

空き家の売却/最高値で売る5つの方法!

空き家は早く売ったほうがいい理由!

空き家はそのままにしておくと、ますます老朽化が進んで価値が減少してしまいます。

 

家は人が住んでいなければ、どんどん傷んできますからね。

 

当然ですが傷みが激しければ、売る時に不利になってしまいます。
相場より大幅に低く売らねばならないことになるかもしれません。

 

 

それだけではありません。

 

空き家は犯罪や災害に巻き込まれる可能性も大きいのです。
もし、何らかの被害を周辺に与えてしまったら、莫大な賠償をしなければならないことも予想されます。

 

 

実際に路上生活者の住家にされたり、不良少年のたまり場にされたりの例もたくさんあります。
出火でもされたらとんでもないことになりますよね。

 

 

また、隣の家に雑草が入り込んだり、崩れた家屋で傷つけたりの例は頻繁に起きています。

 

 

当然ですが、その責任は所有者が負わねばなりません。
住んでもいないのに、そんな「いらない心配」をしなければならないのです。
夜もおちおち寝ていられないですよね。

 

 

ですから用途のない空き家は、早めに売却をして余計な心配をしなくてすむようにしましょう。

 

 

ただ、売却するには少しでも高く売りたいですよね。
そこで、空き家を「高く売るための方法」を5つほど挙げますので参考にしてください。


空き家を高く売るための5つの重要ポイントとは?

数社の業者に査定依頼する

家を少しでも高く売るときには、1社だけでなく複数の業者に依頼することです。

 

業者とは、不動産業者になります。
不動産の価値は、その地域性とか利便性、同様物件の売買事例によって違ってきます。

 

 

その査定方法はどこの業者でも変わりがありませんので、
査定額自体にはそんなには開きはありません。

 

 

ですが不動産業者の持つ顧客層によってニーズが異なるので、高く売却できる場合もあるのです。

 

 

例えば、ある不動産業者の顧客が、「どうしてもその地域に住みたい」という場合には通常の売買額よりも高く買ってくれる可能性があります。

 

 

このように業者によって、顧客の数とかやニーズが異なってくるので1社だけでは良くはないのです。

 

 

また、業者によっては転売目的で買付けする場合もあります。
業者は利益を上げなければならないので、査定額も低くならざるを得ません。

 

 

1社だけ依頼した場合に、たまたま転売目的の買付けだとしたら損をしてしまいます。

 

 

ですから、家を売却するときは、少なくても3社、できれば5〜6社くらいは同時に査定に出すようにしましょう。

 

 

ひと手間加えて売りに出す

 

手を加えるとは、そのままでは売らないということです。

 

例えば、屋根の吹き替えや外壁の塗り替え、水周りや配管の交換などです。
住めないほどの古い屋敷なら、解体して更地にすることです。

 

マンションの場合なら、壁紙の張替えやカーペットの交換、キッチンやトイレ設備の取替えなどです。

 

このように「見た目」を良くしておくことによって査定額を上げることができます。
人間だれだって汚い物件は嫌がりますからね。

 

 

お金をかけることが出来なければ掃除だけでも大丈夫。
空気の入替えにもなりますので、売却まではちょくちょく掃除をするようにしましょう。

 

「よく掃除がされている」となれば購入する人も気持ちがいいものです。

 

 

その際、消臭剤など置いておくのもいいですね。
空き家独特のいやな臭いはマイナスの査定になってしまいます。
特にキッチンやトイレ、お風呂場には気を付けましょう。

 

このようにお金をかけなくても、できることはいっぱいあります。
買手の気持ちを考えて、キレイな状態で売りに出すことを心掛けるようにしてください。

 

 

査定額とおりに売れるとは限らない

 

査定額とは、「この金額で売れるであろう」という予想の金額のことです。

 

実際に買手が見つかって、本格的な価格交渉になるわけですが、査定額より低く提示されることもあるし、反対に買手がその物件を気に入れば「買いあがり」として高く売れることがあります。

 

同時に何人もの買手が表れた場合などは、一番高値を示した人に売ることになりますからね。

 

ですから、査定額はあくまで目安であり、その額で売れるということではありませんので注意をしましょう。

 

 

売却の形態を知っておく

 

売却の形態とは、物件の売り方のことです。
通常は、仲介での売却が基本となります。

 

 

例えば、数社に売却査定をしたとして、一番高値を提示した業者に売却を任せるとします。

 

売却を受任した業者は、自社の顧客に紹介するか、広告を打って新規のお客さんを探すことになります。
つまり、業者は空き家の売主と買主を結びつける仲介の役割を担うわけです。

 

 

売買自体は売手と買手が直接するわけです。その仲介役として不動産業者が存在するのです。
業者に売却を依頼したとしても、売買相手は個人であることは認識しておきましょう。

 

一方、業者が直接買い取るケースもあります。

 

買手は個人ではなく業者になるわけです。
そういう場合は、業者は補修や改修するなどして転売するわけです。

 

 

査定依頼をした際には、買い手が個人なのか業者なのか把握しておくことが大事です。

 

 

多くの場合仲介になりますが、敷地が広いとか個人の人が避ける物件の場合などは業者が買い手となります。
その際の査定額も大きく異なりますので注意が必要となります。

 

 

売り急いではいけない

 

空き家の状態でいつまでも放っておくことはできません。
何か問題が起きたら事ですからね。
放火などされたら一生をかけて償わなければならなくなります。

 

 

ですが、急いではいけません。
正確には急いでいるという態度をみせてはいけないということです。

 

 

売り急ぎは足元を見られて安く買いたたかれてしまいます。
あくまで、希望の価格に拘っているという態度を示してください。

 

 

私が日々お客さんに接していて良く聞く言葉があります。
「急いではいないよ、別に生活に困っているわけではないから」と言われます。

 

こういうお客さんには、何とかして希望の価格で買う人を見つける努力をします。時間はかかりますけどね。

 

 

反対に売り急いでいるお客さんには、価格をもっと下げるように提案します。
価格を下げれば、その分買手が見つかる確率が高くなります。

 

したがって、少しでも高く売りたいのなら、売り急ぐという態度を示さないようにしましょう。

 

 

もちろん、物件には相場というものがありますから、極端に高い価格だと永遠に売れない可能性があります。

 

ですから、最初は相場+αでいいと思います。
売れないようでしたら、少しづつ下げるという方向でいきましょう。

 

不動産売買はある意味心理戦とも言えます。
余裕のある態度を示すことにより、より高く売れる可能性があるのです。

 

 

5つのポイントを知っておけばより高く売れます

 

空き家の売却で気を付けることは沢山ありますが、上記の5つのポイントさえ掴んでいればまず失敗することはありません。

 

 

不動産の売買は金額が大きいですから、少しの差といっても多額になります。
売却に要する税金や諸費用分くらいは軽く違ってきますので、よく心得ておきましょう。

 

空き家の売却|まずは物件査定を依頼しよう

tohi

 

空き家を売却するには、まずは不動産業者に査定を依頼しましょう。

 

次は査定情報に基づいて売却を依頼する業者を選定することです。

 

できれば複数の業者に査定を出すことで正しい売り値をつけることができます。

 

 

 

ここでは管理人が選定した査定サイトを紹介しています。
査定サイトを上手に利用して一円でも高く空き家を売却してください。

 

 

> 厳選!おススメの査定サイトベスト3はこちら!

 

空き家は放置していると危険

 

現在、全国の空き家数は820万戸。
住宅総数に占める割合は13.5%と9戸に1戸が空き家状態となっています。

 

 

 

 

この状態はますます上昇していき、2033年には2,150万戸、空き家率は30.2%にも上ると予測されています。

 

なんと3戸に1戸ほどが空き家になってしまうという衝撃的な予測が出ているのです。

 

 

こんな状況の中で、使い道のない空き家をいつまでも保有しているメリットは何もありません。
売るに売れない状況が必ずや訪れてしまうことでしょう。

 

 

空き家といえども保有している限りは諸々の費用がかかってしまいます。
固定資産税はもちろん、維持費用もバカにはなりませんからね。

 

 

それに災害や犯罪に巻き込まれてしまったら損害賠償の対象にもなってしまいます。

 

実際に空き家に対する放火は後を立ちません。

 

この間も(平成29年2月)東京都足立区で連続放火事件が立て続けに起こっています。

 

空き家は犯罪者のはい入る隙がありふれていますからね。(特に放置空き家)

 

もし放火によって近隣に被害が及んだなら、その責任は所有者が負わなければなりません。

 

通常、空き家には火災保険はかけられないので、全て自己負担で賠償を負わなければならなくなるのです。

 

 

それだけではありません。

 

近年では、どの地域でも思いも寄らないような自然災害が頻繁に起こっています。
台風はもちろん、突然の突風や暴風雨など様々な自然災害が待ち受けているのです。

 

こういう場合の被害も所有者に責任が科せられます。

 

 

もし、人にでも被害を与えてしまったら莫大な損害金はもちろん、刑事罰の対象にもなってしまいます。
ネットやテレビ、新聞などで、でかでかと名前を公表されてしまうことでしょう。

 

 

このように空き家を放置しておいても良いことなど何もありません。
危険だけが待ち受けていると思いましょう。

 

とくに使い道がなければ早急に売却してしまうに限ります。

 


空き家の売却は遅くなればなるほど不利に

これから益々空き家が増えていく現状から、売却が遅くなればなるほど不利になっていくと思いましょう。

 

数年先にも今と同じようにニーズがあると思わないほうがいいです。

 

 

2020年の東京オリンピック、パラリンピックの影響で地価が上がっていると言われていますが、そんな地域は都市圏の一部の地区だけです。

 

 

その他多くの地域は、相変わらずの下落か、せいぜい下落に歯止めがかかっている状況に過ぎません。

 

 

そんな状況のなかで、「もう少し経てば地価が上がるので売却は後にしよう」という考え方は、ほとんどの地域で通用しないでしょう。

 

 

ということは、空き家の売却は後になればなるほど売りづらくなるということです。
後から後からどんどん空き家が出てくるわけですからね。

 

 

売りに出される空き家は増える一方なのに、購買層はますます減ってきている現状から、それなりに魅力のある物件でないと売れる確立は格段と低くなってしまうでしょう。

 

 

では、今売りに出せば必ず売れるのか?

 

残念ですが、地域によっては売却するのに苦労することでしょう。

 

不動産も他の商品と同じようにニーズのないところには需要はありません。
欲しがる人がいなければ、売りたくても売れないという状態が続いてしまうかもしれません。

 

 

ただ、売却を依頼した不動産会社の力量によっては売れる確立はぐんと高くなります。

 

通常、不動産会社は売却を依頼されたら、まずは「不動産流通機構」に新着物件として登録します。

 

この「不動産流通機構」はほとんどの不動産業者が加入しているので、売出し物件として広く周知させることが可能となります。

 

この新着物件を閲覧した客付け業者は、自社の顧客に紹介したり、新たに広告を打ったりして買手を探すという流れになります。

 

通常はこの手間だけでも売れるのですが、あまりニーズのない物件はこれだけでは売れません。

 

 

問題はここからです。

 

「不動産流通機構」に登録したけど売れなかったと簡単に投げ出す業者と、ネットや情報誌に広告を出したり、更にはポスティングや個別訪問で営業をかけていく業者との違いがはっきりと別れることになるのです。

 

  • 「不動産流通機構」に登録するだけの業者はダメな業者の最たるものです。
  • ネットや情報誌に広告を出す業者は、まあまあ普通の業者です。
  • 内覧会を企画したり、ポスティングや個別訪門までして営業をかける業者は超優良業者です。

 

ニーズのない空き家を売却するときには、必ず「超優良業者」に売却を依頼してください。

 

 

ポスティングや個別訪門はどこの業者でも嫌がる仕事ですが、その嫌な仕事の中から隠れた需要が見つかるのです。

 

つまり潜在的需要を掘り起こせることに繋がるのが「内覧会やポスティング、個別訪門での営業」なのです。

 

 

潜在的な買手は無理な値引き要求なんてしてきません。
気に入ったらパッと売値のままに現金で買い入れる人がほとんどです。

 

 

ですので、ニーズのなさそうな空き家を売却するときには、必ず「超優良業者」に仲介を依頼しましょう。
これで売れる確立はぐ〜んと高くなることでしょう。

 


空き家の売却!まずは物件査定を依頼しよう

tohi


空き家を売却するには、まずは不動産業者に査定を依頼しましょう。

次は査定情報に基づいて売却を依頼する業者を選定することです。

できれば複数の業者に査定を出すことで正しい売り値をつけることができます。



ここでは管理人が選定した優良査定サイトを紹介しています。
査定サイトを上手に利用して一円でも高く空き家を売却してください。


> 厳選!おススメの査定サイトベスト3はこちら!



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 推奨の査定サイト 運営者情報