空き家の防犯対策

空き家の防犯対策を安くする

空き家というと心配なのが防犯対策です。

 

泥棒に入られたり、放火などされたら、それこそ莫大な損失額を負い兼ねません。

 

安心できるのはセキュリティ会社に見回りを依頼することですが、費用的にみると決して安くはありませんよね。

 

セキュリティ会社の見回り管理の費用は月々5000〜10000円程度が多いようです。

 

また初期費用として5〜10万円程度の保証金が必要となってきます。

 

その内容は次のようなものです。

 

  • 扉や窓に防犯センサーを設置
  • 火災センサーの設置
  • ガス漏れ検知センサーの設置
  • 緊急駆け付け行為
  • 110番通報

 

確かに防犯対策としては万全ですが、毎月の支払いがかなりの負担になることでしょう。

 

実はもっと安くて確実な防犯対策があります。

 

それは隣近所の目。

 

お隣さんなら毎日朝から晩まで目を光らせて監視をして貰えます。
普段の生活を送るに当たって隣に目がいかないなんてことはないでしょう。

 

それに空き家に何か問題が起きたらお隣としても困ることになるので目を光らせずにはいられないのです。

 

これを利用させてもらうのです。

 

何か事があったら直ぐに教えてくれるよう連絡先を伝えておきましょう。

 

特別な報酬は必要ありませんが、帰る時くらいには菓子折りかビール券でも持参すればいいでしょう。

 

ただ、この方法は定期的な管理を行なっていて、お隣に迷惑をかけていない事が前提になります。

 

最低月に1回は訪れて屋内の掃除や庭の手入れを怠らないことです。

 

もし、破損している箇所があったり崩れそうな状態ならば即、修理をしておかなければなりません。
こういうやるべき事は全て行なった上で、お隣には監視をお願いすることです。

 

この時、改まって監視をお願いすることはありません。
「しばらくは住むことがないので何かあったら連絡をいただきたい」と申し出るだけで大丈夫。

 

駐車場を使わせたり、ちょっとした荷物なら置いても構わないという条件でも出せば、ほとんどの人は軽く了解してくれることでしょう。

 

どこのお宅でも長年住んでいれば住居スペースは狭くなるものですしね。
ほとんどのお隣さんが喜んで受け入れてくれるでしょう。

 

それともう一つ、お隣に頼む大きな理由があります。

 

売却するときに最も買手候補となるのがお隣だからです。

 

特に一戸建ての家はお隣もしくは近隣の人が購入する確率が格段に高いのです。

 

例えば、お子さんが独立して家の購入を考えている場合や二世帯住居の変わりに隣の家を買うことは結構あるのです。

 

こういうときに備えてお隣と仲良くしておけば、いざ売却するという時にはスムーズに話しが進むことになります。

 

空き家の所有者さんが今は売る気がなくても将来的にはどうなるか分かりません。
住むことも貸すこともしないで、ずっと所持し続けるなんてあり得ないことですからね。

 

いつかは処分しなければならない時期が訪れるのです。
その時のためにもお隣とは仲良く付き合っておくといいでしょう。


ドロボーは窓から進入する

ドロボーの家屋への進入方法はほとんどが窓からの進入です。
窓ガラスを小さく割って、内側の鍵を開け入り込むという手段です。

 

セキュリティ会社に依頼すると防犯センサーを窓に取り付けますが、これだけでもドロボーの進入のほとんどを防止できます。

 

しかし、上記でも示しましたが費用もバカにはなりません。

 

そこで、ご自身でも設定できるセキュリティ対策を紹介してみたいと思います。

 

センサーライトの設置

 

センサーライトは人の進入を感知すると自動的にライトが点灯する仕組みです。

 

進入犯からすれば、顔を見られてしまう恐れが大きくなるので、無理な進入を諦めざるを得なくなります。
面が割れるリスクを冒してでも空き巣に入ろうとはしないものです。

 

空き巣に入ろうとしている犯人は常習犯がほとんどです。

 

捕まったら長い刑に服さねばなりません。
目ぼしい物があるかどうかも分からない家に顔を見られるリスクを冒しても入ろうとはしないものです。

 

このようにセンサーライトは抑止力の効果をもたらすので必ず設置しておきましょう。

 

防犯砂利の敷設

 

防犯砂利は通常の砂利よりも粒が大きく、擦れ合うことにより大きな音が生じるものです。

 

玄関周りや進入されやすい位置にある窓の近辺に敷き詰めましょう。
形や色もいろんな物があるので美観的にも優れた効果があります。

 

また、抑草の効果もあるので二重三重のメリットが望めることになります。

 

20kあたり1000円くらいの値段なので、必要となる箇所のみに敷き詰めたほうがいいですね。

 

ドロボーは大きな音や明るい所を極端に嫌います。
これだけでも大きな抑止力になることでしょう。

 

空き家の売却!まずは物件査定を依頼しよう

tohi


空き家を売却するには、まずは不動産業者に査定を依頼しましょう。
次は査定情報に基づいて売却を依頼する業者を選定することです。
できれば複数の業者に査定を出すことで正しい売り値をつけることができます。

ここでは管理人が選定した優良査定サイトを紹介しています。
査定サイトを上手に利用して一円でも高く空き家を売却してください。

> 厳選!おススメの査定サイトベスト3はこちら!


関連ページ

空き家の電気や水道、ガスは解約しておきましょう
滅多に訪れない空き家の電気や水道、ガスなどは 解約しておきましょう。
空き家管理サービス業者を利用しよう
空き家で一番いけないことは放ったらかしにすることです。管理サービスを適切に利用して空き家をキレイに保ちましょう。
空き家に困っていたら助成金を利用しましょう
空き家の処分に困っているなら助成金を利用しましょう。
空き家の維持方法とその費用は?
空き家の維持はどのようにしたらいいのか?またその費用は?
空き家対策特別処置法は空家所有者にとって良いこと?悪いこと?
空き家対策特別処置法は空家所有者にとって良いことなのか悪いことなのか?
空き家の防犯対策は手入れから
空き家の防犯対策をしっかりとするなら手入れから始めることです。まずは庭の手入れをしっかりとしておきましょう。
相続放棄して空き家を手放すつもり?
原則、相続されなかった遺産は全て国庫に帰属することになります。不動産も例外ではありませんが、ことはそう簡単にはならないようです。