横浜市の空き家売却

横浜市の空き家を売却するには

 

 

横浜市の空き家は現在17万8千戸、住宅総数に占める割合は10.1%と全国平均は下回っている状態です。

 

そんな横浜市の空き家を売却する方法を紹介します。

 

 

横浜市の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。

 

一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。

 

 

実際に不動産業者の言うがままに売却してしまい、後になってから「もっと高く売れたのに…」と後悔してしまう人が少なからず存在しています。

 

 

空き家に限らず不動産の売却は、業者に任せっぱなしではいけません。
少しの損が数百万円も影響してくるのですからね。

 

 

空き家を売却する際には、複数の不動産会社に査定を依頼して、相場を把握することが大事です。
その相場から適正な売出価格を決めて売却すれば、まず損をすることはありません。

 

そのためにも横浜市の空き家売却は、必ず複数の不動産会社から査定を取り寄せるようにしましょう。

 

 

複数の査定を取り寄せなければならない具体的な理由

もし、1社だけの査定としたら、その査定額が市場価格より高いのか低いのか分かりません。

 

空き家の売却は市場価格より高くても低くてもどちらでもいけないのです。

 

高くては売却の機会を逃すことになりますし、低くては損をしてしまうことになります。

 

適正な価格だからこそ、損することなく素早い売却が可能となるのです。

 

 

ですので、空き家を売却する際には、必ず2〜3社以上から査定を取り寄せてください。
2〜3社以上から取り寄せた査定額の中間をとって大体の相場と見て取ることができます。

 

 

複数査定の注意点

 

ただし、最も高い査定額と最低の査定額の開きが大き過ぎる場合には注意が必要です。

 

その場合、最も高い査定額はウソである可能性があります。
実際に売却を任せて貰いたいために、わざと高い査定額を出している可能性があるということです。

 

ですから、1社だけ突出して高い査定額を出してきた業者には「なぜ、他社よりも突出して高いのか?」その根拠を聞いてみましょう。

 

もし、曖昧な返事でしたら間違いなくウソの査定額です。
他の誠実そうな業者から選ぶようにしましょう。

 

 

横浜市の空き家を売るには一括査定を利用しよう

 

複数の業者から査定を取り寄せなければならない理由は上記のとおりですが、実際に何件もの不動産会社を訪問して査定を依頼するという行為は現実的には不可能なことですよね。

 

その時間や手間も相当なものになりますし、それに不動産屋というのは、ちょっと入りづらいイメージもあります。

 

 

でもご安心ください。
今は便利な時代になりました。

 

それは一括査定の利用です。

 

 

一括査定とは

 

一括査定とは、ネット上で複数の不動産会社に同時に査定を依頼できる方法のことです。
その手間は一度だけ。

 

 

一度だけ物件情報を入力すれば、複数の不動産会社に瞬時に送信してくれる便利な方法です。
1分程度の手間で済んでしまいます。

 

 

あとは、不動産会社から査定結果が届くのを待つだけ。
メールや電話、書面で結果が届けられます。(メールでの返答が多いようです)

 

 

簡易査定になりますが、大体の相場を知るにはこれで十分。
詳細な査定が欲しければ、その中から1〜2社を選んで現地査定を依頼しましょう。

 

 

以上のように横浜市の空き家を売却するには一括査定を利用することです。
一括査定を利用することが、最も簡単で高く売却するコツになります。

 

 

横浜市の空き家売却/おススメの一括査定

 

スーモ(suumo)の一括査定

不動産ポータルサイト最大手のスーモ(suumo)の一括査定サイトです。

 

不動産会社一覧から、対象エリアの販売実績数や購入希望者数などの秘匿情報がつかめるので、効率よく査定を依頼したい会社を探せます。

 

まずは最低3社を選び、査定依頼または相談を申し込みましょう。

費用 査定数 評価
無料 最低3社 空き家,売却,横浜市

 

>スーモ(suumo)の一括査定はこちら!

 

 

マイスミEXの一括査定

マイスミEXは東証マザーズに上場の鰍カげんが運営する不動産一括査定サイト。
入力された個人情報や物件情報はプライバシーマークで完璧に保護されます。

 

売却エリアに詳しい業者から最大で6社まとめて査定を受けられます。
地方に物件を所有する方、近くに不動産業者がいない方にもお勧めできる査定サイトです。

費用 査定数 評価
無料 最大6社 空き家,売却,横浜市

 

>マイスミEXの一括査定はこちら!

 

 

マンションナビの一括査定

「マンションナビ」はマンション専門の売却査定サービス。
年間利用者360万人、月間査定依頼数1500件超という巨大査定サイトです。

 

売却はもちろん、買取や賃貸の査定も同時に可能となっています。
売却と買取は最大6社、賃貸は最大3社から選べるのが特徴です。

費用 査定数 評価
無料 売買6社、賃貸3社 空き家,売却,横浜市

 

>マンションナビの一括査定はこちら!

 

 

 

横浜市での賢い一括査定サイト使い方

 

横浜市での一括査定サイトの賢い使い方を紹介します。

 

1.可能な査定数を最大限使うこと

 

査定サイトにより依頼できる査定数は異なってきますが、どこのサイトを使っても依頼可能数は目一杯使うことです。
最大で6社くらいのサイトが多いのですが、そういう場合は6社全部から査定を取り寄せましょう。

 

査定数が多いほど正確な査定額がつかめます。

 

反対に査定数が少ないと正確性に欠けます。
その結果、相場よりも安く売られてしまう恐れも十分考えらます。

 

後から「相場よりも低かった」と気づいても遅いですからね。

 

ですので、一括査定を使うときは、可能な限り多くの会社から査定をしてもらいましょう。

*地域によっては査定する会社が少ない場合があります。そういう場合は地元の業者にも併行して査定を依頼してみましょう。

 

 

2.査定を出してきた業者から1〜2社を選んで「現地査定」を依頼すること

 

複数の業者から査定が届いたなら、次はその中から1〜2社に絞り込んで「現地査定」を依頼することになります。

 

その1〜2社に選ぶ基準ですが、次のようなことに注意を払って選んでください。

  • 査定額
  • その査定額を出した理由
  • 文面の内容や丁寧さ

 

査定額については高いに越したことはありませんが、異常に高い査定額には注意をしてください。
業者の中には(釣り餌として、ワザと高い査定額)を出してくる業者がいます。

 

 

なぜ、ワザと高い査定額を出してくるのか?

 

それは売却を任せてもらいたいためです。(=専任媒介契約を結ぶため)

 

たとえば5社から査定が届いたとして、4社の査定額が3,000万円前後であるのにもかかわらず、1社だけが4,000万円だったら明らかにおかしいですよね。

 

こういう場合は、ワザと高い査定を出してきたと見て間違いありません。
ワザと高い査定額を出してきて媒介契約を結び、後になって現実的な価格で売り出そうとするのです。

 

 

ですので、突出して高い査定をしてきた業者は避けたほうが無難です。
他の信用のおけそうな業者から選ぶようにしましょう。

 

 

また査定の理由を明確にしている業者を選ぶことも大事な基準となります。

 

なぜ、その査定額なのか?
近隣での売買事例があるのか、相場なのか、買入れ予定の顧客を持っているのかなど根拠を明確に示してくる業者が信用おけます。

 

 

もちろん、文面の内容や丁寧さも大事な基準となります。

 

挨拶文はしっかりと書かれているか、担当者の名前は明示されているか、すぐにでも連絡がつく連絡先は書かれているか、など。

 

あまりにもペラペラの内容の薄い文面ならば、仕事も内容も薄いと予想されます。
しっかりと仕事をしてくれるとは思えないのです。

 

 

ですので、査定結果の文面の内容もよ〜くチェックをしましょう。
文面には人柄が表れるものですからね。

 

 

以上、現地査定を依頼する業者の選び方でした。

 

 

3.地元の業者が出してきた査定額の正誤が分かる

 

空き家を売却するときに地元の業者に依頼する人も多いことでしょう。
以前からの知り合いだったり、紹介だったりする場合は地元の業者に依頼することも結構あります。

 

 

そういう場合に、その業者が出してきた査定額が正しいのか、間違っているのか、一括査定が参考になるわけです。

 

 

もし、相場よりも低かったら、もう一度査定をやり直してもらうことです。
相場より低い売値なら、早くは売れますが売り損をしてしまいます。

 

反対に相場よりも高かったら永久に売れない可能性があります。

 

 

空き家に限らず不動産は相場でしか売れません。
相場よりも遥かに高い売値では、ずっと売れないままで終わってしまいます。

 

あくまで相場を基準値として、その中で高く売る売り方をしなければならないのです。

 

 

相場の中でも高く売るには

 

相場は今までの売買事例から導きだされます。

 

例えば、過去に2,500〜3,000万円の間で売れている地区の事例が数件あるとします。
この場合の相場は、2,500万円以上3,000万円以内ということになります。

 

実力のある業者なら上限の3,000万円か3,000万円+αで売ってくれます。

 

反対に実力のない業者やいい加減な業者では、下限の2,500万円ギリギリか2,500万円よりも低く売られてしまうかもしれません。

 

実は、いい加減な業者ほど早く売ろうとします。
いい加減な業者や悪徳業者は、資金の回転を早くするため、相場を無視して早めに売却しようと企んでいるものです。

 

もし、売却を依頼しようとする業者がこういう業者だったら最悪な結果を招きかねません。
売手は大きな損失を被ってしまいます。

 

そういうリスクを回避するためにも正しい相場観をつかむ必要があるということです。

 

 

いずれにしても一括査定は必要

 

以上のようなことから、知り合いの業者や地元の業者に売却を任せる場合でも一括査定を利用したほうがいいです。

 

一括査定を利用することのデメリットは売手にとっては何もありません。
それどころか損失を防いでくれる有難いシステムと思ってください。

 

 

くれぐれも一括査定を利用しない安易な売却だけはしないように。

 

空き家といえども不動産の売買は高額です。
食料品や電化製品を売り買いするのとは次元が違います。

 

ちょっとの損失が数百万円単位まで違ってくるのです。
空き家の売却は慎重には慎重を期すように事にあたりましょう。

 

 

一括査定を利用するのは当たり前の時代

今や戸建やマンションを売却するに一括査定を使うのは当たり前の時代になりました。

 

一括査定で一番高値を提示した会社や信頼できそうな業者に売却を任せれば、失敗の可能性はかなり防げます。

 

一昔前にはこんな便利な方法はありませんでした。

 

インターネットの普及が不動産の売買を健全なものにしたのです。

 

今ほどインターネットが発達していなかった頃は、不動産の売却で大きな損失を被ってしまった人も多かったことでしょう。
業者の言うがままに安く売却してしまったり、反対に「囲い込み」でいつまでも放ったらかしにされてしまったりと。

 

実際に売りのチャンスを逃してしまい、投げ売りで処分しなければならなかった事例もたくさんあるのです。

 

そもそも物件の相場さえも知らされていなかったことでしょう。

 

 

いい加減な業者は早く売ろうとする

 

不動産業者の中には、早く売りたいために安めの相場を提示してくる場合があります。

 

 

相場よりも安ければ、そのぶんは早く売れるからです。
早く売れれば、早く手数料が入りますからね。

 

 

そうでなくても横浜市は業者にとって競争の激しい地域です。
激しい競争を勝ち抜くためには、手段を選ばない業者は少なからず存在しています。

 

こういう業者に当たってしまったら売手さんは大損をしてしまいます。

 

 

もちろん、全ての業者が悪いわけではありません。
売手さんの希望に沿って、できるだけ高く売ろうとする良心的な業者も多くいます。

 

 

しかし、売手からすると、その査定額が高いのか低いのか確認しようがありません。
相場より低くても、それが正しい売値と信じ込む以外にないのが実情です。

 

そういったことを防ぐことができるのが一括査定の利用です。

 

 

一括査定を利用すると損失は防げる

 

一括査定を使えば数社から評価額を知ることができます。
数社からの評価額を知ることができれば、物件の相場観をつかむことができます。

 

相場観が掴めれば、その価格を参考にして売値を決めることになり大きな損失は防げるというわけです。

 

 

以上が一括査定を利用したほうが良いという根拠です。

 

 

売却した後で後悔しても後戻りはできません。
そういう意味でも売却する前には必ず一括査定を利用してください。

 

もちろん、査定の段階は全てが無料で受けられます。

 

一括査定を使わない理由はどこにもないということがお分かりと思います。

 

 

>横浜市でお勧めの一括査定サイトはこちら

 

 

 

空き家の売却は地元の業者?それとも大手?判断に迷ったら!

 

空き家を売却するには、地元の不動産会社に頼むといいのか、それとも大手の不動産会社に頼むべきなのか迷うことと思います。

 

不動産の売買に関してはどちらが優位で、どちらが不利ということはありません。
それぞれの特徴がありますので、その点を理解した上でどちらかを決めればいいでしょう。

 

 

地元の不動産屋の特性

 

地元の不動産屋の良い面としては、地域に密着していて地元の信頼度が厚いということです。
その地域の隅々まで把握していて、相場観もその推移も熟知しています。

 

 

業者間の結び付きも強固で、お互いに情報を共有しながら営業しています。
規模が小さいからといって一概に営業が弱いとは言えない存在になっています。

 

また、自社で顧客をたくさん抱えていて、手堅い売買が出来るのも地元の不動産会社の特徴になります。

 

良い意味で頑固な経営をしていて、お客さんのためなら元肌脱いでも頑張るという損得なしの経営をしているのも地元の業者の特徴です。

 

大会社みたいに無理なノルマもないので、地に足を付けた営業活動ができるのです。

 

ですので、きめ細かな人情溢れるサービスを求めるのでしたら、地元の不動産会社のほうがいいかもしれませんね。

 

 

ただし、大手みたいに潤沢な資金があるわけではないので、広告活動や営業マンの数などは制限されてしまいます。

 

また、年配の社長などはインターネットが苦手で、昔ながらの立看板やチラシ配布くらいの営業活動しかできないなどの欠点もあります。

 

今の時代、インターネットも使えないとなると、どうしても営業活動が制限されてしまいます。

 

 

大手の不動産会社の特徴

 

大手の不動産会社の良い面は大規模なネットワークと豊富な資金力です。
あらゆる媒体で買い手を探せるなんて、地元の不動産会社には真似ができないことです。

 

自社用のホームページはもちろん、住宅情報誌やスーモなどの不動産ポータルサイトにも積極的に物件情報を展開していけます。

 

つまり広告費をふんだんに使っての売却活動ができるので、売却のスピードも優れていることになります。

 

 

また、顧客にいろんな情報を提供して、お客さんを育てるというコンサルタント的な役割を担うことによって集客をしています。
まさに大手ながらの営業手法ですね。

 

ただ、営業マンについては厳しいノルマが設定されていて、それが強引な営業活動にも繋がることもあります。
地元の不動産会社みたいにマイペースで活動することは許されていないのです。

 

成約までのスピードを重視しているので、売り手にとっては納得のいかない結果になることもあるでしょう。

 

 

担当者レベルで決めると良い

 

以上のようにそれぞれの特徴があるので、どちらが良くてどちらが悪いということはありませんが、売り手にとってはハッキリとした判断基準が欲しいところですよね。

 

そこで会社の規模に関わらず、担当者レベルで決めればよろしいでしょう。

 

担当者がどれほど親身になって相談に乗ってくれたか、どれほど好感を持てたかで決めるようにしましょう。

 

 

家の売却は、売り手と担当者との二人三脚で行われるものです。
互いに協力しながら売却を成し遂げていくものです。

 

このように家の売却は不動産会社の大小ではなくて、担当者レベルで決めるようにすれば選別の迷いも少なくなります。
少なくても数ヶ月のお付き合いにはなるので、担当者との相性が悪ければやっていけるものではありません。

 

ですので大手か地元かで迷ったら一旦は両方に相談してみて、担当者の様子で決めるようにしましょう。


 

それでも迷うようでしたら、両方いっぺんに頼んでしまうことです。
「一般媒介契約」だったら数社に併行して売却依頼をすることができます。

 

これは不動産会社を競わせることにも繋がるので、大手か地元かで迷ったら両方いっぺんに売却を依頼してしまいましょう。

 

 

営業担当者は宅建の資格保持者か?

 

営業担当者が宅建の資格を持っているかどうかも担当者選びには重要な要素です。

 

 

宅建とは「宅地建物取引士」の略称で、不動産取引にはなくてはならない国家資格です。

 

不動産取引に係る「重要事項説明と説明書の記名押印、売買契約書の記名押印」は宅建の資格がなければ行なうことはできません。

 

 

また宅建業者(不動産業者)は、従業者5人に1人の割合で宅建資格者を置かなければなりません。
これを怠ると業務停止などの厳しい監督処分を受けることになります。

 

 

宅建資格者は、不動産取引に関する知識や法規を熟知しているので、その点でも売主さんにとっては安心できます。
故意、過失を問わず不正を働くと資格剥奪の処分を受けてしまいますからね。

 

 

じつは、不動産営業は宅建の資格がなくても誰でもができる職業です。
昨日今日入った新人でも不動産の知識が全くない転職者でもすぐに営業に回れます。

 

これがトラブルに繋がってしまうことが結構あるのです。

 

 

ですので、営業マンを選ぶ際には必ず宅建資格のあるなしを確認してください。
宅建資格は名刺に書いてあるので簡単に分かります。

 

 

もし、無資格者でしたらフォローできる資格所持の上司がいつでも駆けつけることが出来るか確かめておきましょう。

 

 

長年、不動産業界で働いている営業マンは、宅建を持っているのは当たり前のことです。
スムースな取引を行なうためにも「宅建士資格」の有無は必ず確認してくださいね。

 

 

一括査定を利用した際のお断りの仕方!

 

一括査定を利用すると数社から査定結果が届きます。
その中から1〜2社に絞って仲介を任せるわけですが、他の業者にはお断りの返事をしなくてはなりません。

 

或いは、全部の査定結果に満足できない場合は、全ての業者にお断りの返事をする必要があります。

 

ここでは、その断りの仕方をお教えします。
ハッキリと断りの返事をしておかないと、今後もちょくちょく連絡が来たり訪問をされたりしますからね。

 

 

一括査定を利用した際の断り方

 

「一社に絞ったからそこに売却を任せます」と正直に伝える

 

一括査定から一社に絞り、売却を任せることを決めたなら正直にその旨を伝えることです。
これを曖昧な返事をしていると、その後も営業が続いてしまいます。

 

不動産の営業マンは、たくさんの案件を抱えていることが優秀な営業と評価されます。
1件より5件、5件より10件と多くの案件(見込み客)を抱えているほど売上に直結するからです。

 

 

営業マンとしては、少しでも多くの案件を確保しようとして見込み客に営業をかけていきます。

 

この時に曖昧な返事をしていると、担当営業としては「もう一押し」みたいな感覚になって更に営業をし続けていくのです。

 

ですが、「他の会社に決めたので結構です。」とハッキリと断られれば諦めがつきます。
見込みにならない人に時間をかけるより、新規開拓に時間をかけた方が効率が良いですからね。

 

 

こういうことから、一括査定を利用した際にお断りを入れる業者にはその旨をハッキリとお伝えください。

 

営業マンに気を使うことはありません。
その営業マンのためにも、ハッキリとお断りを入れることが大切です。

 

 

「知り合いの業者に頼むことにした」という断り方

 

中にはハッキリと断りづらいという人もいることでしょう。
特に熱心に接してきた営業マンほど断りづらくなるものです。

 

 

ですが、不動産の売買では人情に流されてはいけません。
人情に流されるほど取引価格が低くはありませんからね。

 

そういう場合に無難な断り方があります。

 

それは「知り合いの業者に頼む」や「親戚が不動産屋なのでそこに頼む」という第三者を引き合いに断る方法です。

 

この断り方なら、変に角が立つこともなく無難にお断りができます。
営業マンとしても「知り合いなら仕方がないか」と納得がいくことになります。

 

この場合、ハッキリと返事をすることが必要です。

 

落ち着きなさそうに答えたり、目を合わせないで答えたりすると嘘がバレます。
堂々と答えることが肝心です。

 

昔から「嘘も方便」と言うではないですか。
これなら営業マンも自分も傷つくことなくお断りができるということです。

 

 

いっさい無視をする

 

それでもお断りするのは気が引けるという人は、無視をする以外にありません。
メールが届いても電話が来ても訪問されても一切無視をすることです。

 

「断ることができない」という人は一定数いますからね。

 

訪問販売が来ると何でも買ってしまうという人などが相当します。
こういう人は一切の無視を決め込むこと。

 

一切の無視をされれば、どんな鈍感な営業マンでも「その気がないのだな」と勘づきます。

 

どうしても断ることができない人は、無視をすることによって対応しましょう。
2〜3回無視を決めこめば、大体の営業マンは諦めるものです。

 

 

一括査定を利用した際の断り方まとめ

 

以上、一括査定を受けた際のお断りの仕方でした。

 

もちろん、交渉を続けていたいと思ったなら、メールでも電話でも前向きに対応してください。

 

そして、訪問による現地査定を受けることです。
現地査定を受ければ売り物件の詳細な相場が分かります。

 

近隣相場だけでは分からない物件固有の特徴などを含めて、実際に売出し可能な市場価格をつかめることになります。

 

たとえば、角地の家なら一面の家よりも高く売れるのは当然です。
前面道路が南なら北よりも高く売れます。
接道面は狭いよりも広いほうが高く評価されます。

 

このように、物件固有の価値を知らずに売りに出してしまうと損をしてしまう可能性が大ですので、
そのためにも現地査定は重要になってくるのです。

 

 

この現地査定は1〜2社、多くても3社までに留めましょう。
これが現実的な現地査定の数字になります。

 

 

>横浜市でお勧めの一括査定サイトはこちら

 

 

 

空き家は売るのが遅くなるほど損をします

 

 

横浜市の空き家は、売るのが遅くなるほど損をしてしまいます。
家族の誰かが住む予定だったり、賃貸に出すなどの予定がなければ早く売りに出すことです。

 

現在、全国の空き家数は820万戸、空き家比率は13.5%と9件に1件が空き家状態になっています。

 

この数値はますます増えていき、2035年には空き家数は1,000万戸、比率では32%と3軒に1軒が空き家になると予想されています。

 

これは横浜市でも例外ではありません。
片方のお隣が空き家になってしまうという恐ろしい状況が待っているのです。

 

 

ちなみに、 新築後何年使用されたかを表す「滅失住宅の築後年数」は日本の27年に対し、米国66年、英国は80年となっています。

 

格段の違いですよね。

 

建築工法の違いもありますが、日本では一般的な木造住宅で20〜25年で価値がゼロになるというのは皆んなが認識しています。

 

20〜25年を過ぎた住宅は、売買しても土地の価格しか評価されず、家の解体費用分もマイナス勘定になってしまうという驚くほどの価値のなさが露呈されています。

 

 

それに輪をかけるわけではないですが、バブル期以降は地価も下がり続けていて、もはや何千万円も支払って新築を購入する意味がなくなってきています。
(横浜市の一部の恵まれた地区は除きます)

 

 

昔はマイホームの購入は資産構築になりましたが、現在のマイホーム購入は唯の消費材購入です。
こういう住宅の「築後年数」の短さも空き家が増える原因にもなっているのです。

 

 

そうでなくても今の日本は人口減少、世帯数減少の高齢化社会に突入しています。
ますます横浜市の住宅ニーズが減っていくのです。

 

こんな状況では、横浜市の空き家の売却は、後になればなるほど売りづらくなること必至です。

 

 

これが空き家は売るのが遅くなるほど損をしてしまうという理由です。

 

 

空き家でも所有している限りは、固定資産税をはじめ、それにまつわる費用はかかるもの。
ただの金食い虫になる恐れが十分にあるということです。

 

 

横浜市の空き家は?/どうせ処分するなら今すぐに売りに出すこと

 

住みもしないし、貸すこともしない空き家は所有していても何の得もありません。
ごく一部の人気のあるエリア以外では、地価の上昇など全く期待できません。

 

バブル期のような地価の上昇が期待できるのは、都市圏のほんの一部の地区だけです。
日本でも数えるほど少ないことでしょう。

 

 

そういうわけで、空き家の売却はズルズルと先延ばししないで、「今が売り時」と心得ましょう。

 

横浜市の空き家は、今が一番高く売れる時期と思っていいです。

 

まずは、どの位の価値が見込めるのか、物件査定に出すことをオススメします。

 

 

>横浜市でお勧めの一括査定サイトはこちら

 

 

横浜市の住宅事情

横浜市の住宅着工戸数は、平成元年に54,830戸でしたが、その後は減少傾向にあり平成28年は29,636戸となっています。
分譲住宅については増減を繰り返してきていて、平成28年は13,089戸と増加し、民間賃貸住宅も平成28年は11,232戸と増加しました。
建築着工住宅の平均床面積は、近年では減少傾向にあり、平成10年には130.7m2ありましたがましたが、近年は120m2前後で横ばいとなっています。

 

借家については、平成8年には62.0m2まで増加しましたが、その後は減少し平成28年では37.9m2となっています。
このことから持家と借家の面積格差は依然として大きく、借家の居住水準の向上が望まれまるところです。

 

区別では、青葉区で91.2m2と広く、南区では53.1m2と狭くなっています。
借家は床面積30m2未満の区から50m2を超える区まであり、地域で規模需要が異なることが分かります。

 

分譲マンションについては、平成5年から急増し平成10年に一旦落ち込んだものの平成12年には14,275戸の販売戸数になりました。
その後は減少傾向で平成21年には2,829戸まで減少しましたが、平成22年以降はやや増加傾向となり、
平成26年から再び減少傾向となり平成27年には3,692戸、平成28年には3,920戸と前年より増加しました。

 

1戸当たりの平均面積は、それまで増加傾向にあったが、平成15年以降はは減少傾向にあり、平成28年は70.7uまで減少しました。

 

分譲価格の平均は、平成2年の6,793万円をピークに低下を続け、平成16年にはピーク時の半分
くらいまでまで低下しましたが、その後は上昇気味となり平成28年は5,125万円となりました。

 

中古住宅の販売戸数は、平成4年以降7,000〜9,000戸の間で推移していましたが、平成25年は7,080戸となり前年よりわずかに増加しています。
中古住宅のうち、共同住宅の占める割合は7割前後で推移し、平成25年に72.7%と微増しました。
中古住宅販売戸数が、持家ストック全体の割合の推移をみると、平成21年以降では一戸建・長屋建は0.4%前後、共同住宅・その他は1.3%前後と僅かながら増加していることが分かります。

 

しかしまだまだ新築志向が強い日本においては、中古住宅流通の活性化は程遠いように思えます。
空き家売却等空き家対策についても中古住宅の流通活性化がまず求めれるものでしょう。

 

 

横浜について

 

横浜市は、神奈川県の東部に位置する都市で同県の県庁所在地であり政令指定都市。
18区の行政区を持ち、総人口は日本の市町村では最も多く、おおよそ373万人いる。

 

経済活動の中心地は横浜駅周辺地域で、横浜みなとみらい21地区の開発を進めて、横浜都心としての一体的発展を進めている。

 

また、臨海部に位置する東神奈川臨海部周辺、横浜駅周辺地区、みなとみらい地区、関内・関外地区、山下ふ頭周辺地区では長期的な都市再生計画が進行中で、これらの五地区を結ぶ次世代型路面電車システムで案も検討されている。
隣接自治体では川崎市、藤沢市、大和市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、東京都町田市がある。

 

域内総生産は12兆9,048億円でOECD諸国と比較すると26位のハンガリーと27位のニュージーランドの間に位置し(2006年)、政令指定都市との比較では、大阪市の約6割の規模で名古屋市とほぼ同じ。
概ね第三次産業が 82.3%と最も高くなっており、第一次産業、第二次産業の割合が低い。
横浜市の観光入込客数は2008年で約4,253万人あるが日帰り客が87.9%を占めている。

 

東京川崎から続く市域の沿岸部には、京浜工業地帯が広がり、埋立地を中心とした地域には、鉄鋼業や化学工業などの大規模工場や、火力発電所が多く、内陸部には部品や食品などの中小規模事業所が多い。
商業の中心地は関内地区から横浜駅周辺へと移っており、伊勢佐木町や関内の相対地位が低下し、その中間に位置する「みなとみらい21」を整備することで都心の一体化を目指している。
また新横浜を始め、上大岡、戸塚、二俣川・鶴ヶ峰、鶴見、港北ニュータウンなど、副都心としての機能を持つ街の整備を図り、都市機能の集積や地域経済強化に注力している。

 

主な観光施設としては、金沢文庫、三溪園、山下公園、横浜中華街、横浜外国人墓地、横浜みなとみらい21、三井アウトレットパーク、横浜ベイサイド、横浜ワールドポーターズ 、横浜赤レンガ倉庫、横浜マリンタワー、大さん橋、伊勢山皇大神宮、横浜・八景島シーパラダイスなどがある。
有名な娯楽施設では横浜アリーナ、ウォーターアリーナ、横浜スタジアム、横浜・八景島シーパラダイス、よこはま動物園ズーラシア、横浜みなとみらいスポーツパーク、よこはまコスモワールドなどがある。

 

横浜を舞台とした作品では、港の日本娘(1933年)、悲しき口笛(1949年)、霧笛(1952年)、俺は待ってるぜ(1957年)、霧笛が俺を呼んでいる(1960年)、涙を獅子のたて髪に(1962年)、天国と地獄(1963年)、三大怪獣 地球最大の決戦(1964年)、夜霧のブルース(1963年)、月曜日のユカ(1964年)、赤いハンカチ(1964年)、カミカゼ野郎 真昼の決斗(1966年)、帰らざる波止場(1966年)、夜霧よ今夜も有り難う(1967年)、やくざ刑事(1970年)、狼やくざ 殺しは俺がやる(1971年)、麻薬売春Gメン(1972年)、虹をわたって(1972年)、正義だ!味方だ!全員集合!!(1975年)、冬の華(1978年)、ヨコハマBJブルース(1981年)、喜劇家族同盟(1983年)、キャバレー(1986年)、あぶない刑事(1987年)、またまたあぶない刑事(1988年)、もっともあぶない刑事(1989年)、ゴジラvsモスラ(1992年)、我が人生最悪の時(1993年)、遥かな時代の階段を(1994年)、居酒屋ゆうれい(1994年)、横浜ばっくれ隊 夏の湘南純愛篇(1994年)、あぶない刑事リターンズ(1996年)、罠(1996年)、あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE(1998年)、ジャンクフード(1998年)、ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001年)、ゴジラ×メカゴジラ(2002年)、まだまだあぶない刑事(2005年)、ヨコハマメリー(2005年)、名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(2006年)、犯人に告ぐ(2007年)、大決戦!超ウルトラ8兄弟(2008年)、映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ奇跡の全員大集合!(2009年)、ねこタクシー(2010年)、コクリコ坂から(2011年)、夜明けの街で(2011年)、映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち(2012年)、ドラマ ウルトラマン(1966年)、キイハンター(1968 - 1973年)、俺たちの勲章(1975年)、大追跡(1978年)、探偵物語 複数話(1979 - 1980年)、プロハンター(1981年)、早春スケッチブック(1983年)、牟田刑事官事件ファイル(1983年 -)、あぶない刑事(1986年 - 1987年)、ベイシティ刑事(1987 - 1988年)、もっとあぶない刑事(1988 - 1989年)、法医学教室の事件ファイル(1992年 -)、しあわせの決断 (1992年)、あぶない刑事フォーエヴァー TVスペシャル98(1998年)、おばはん刑事!流石姫子(1998 - 2003, 2006年)、SweetSeason(1998年)、あきまへんで!(1998年)、ストロベリー・オンザ・ショートケーキ(2001年)、救急救命士・牧田さおり(2002年 - 2015年)、私立探偵 濱マイク(2002年)、ホットマン(2003年 - 2004年)、喰いタン(2006 - 2007年)、海猿(2005年)、14才の母(2006年)、たったひとつの恋(2006年)、どんど晴れ(2007年)、正義の味方(2008年)、打撃天使ルリ(2008年)、シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜(2008年)、イノセント・ラヴ (2008年)、相棒Season 7 第10話 ノアの方舟?聖夜の大停電は殺人招待状!(2009年1月1日)、RESCUE〜特別高度救助隊(2009年)、時々迷々(2009年 )、ねこタクシー(2010年)、Piece(2012年)、ダブルフェイス (2012年)、まれ(2015年)、逃げるは恥だが役に立つ(2016年)、など多数ある。

 

横浜が舞台の歌謡曲では、
「横浜いれぶん」木之内みどり、「横浜暮色」石川さゆり、「横浜恋あかり」北島三郎、「横浜小唄」淡谷のり子、「横浜しのび雨」日野美歌、「横浜蜃気楼」後藤真希、「横浜スタジアム」イルカ、「横浜チャイニーズ・ドール」ジュディ・オング、「横浜 DAYBREAK」柴田恭兵、「横浜泣いてブルース」八代亜紀、「横浜ナイト・クラブ」沢たまき、「横浜に鐘が鳴る」ビリー・バンバン、「横浜のためいき」大月みやこ、「横浜のマリー」五木ひろし、「横浜の女」北島三郎、「横浜野毛小路」川中美幸、「横浜ブギウギ娘」中原理恵、「横浜ベイ」RCサクセション、「横浜 MY SOUL TOWN」宇崎竜童、「横浜マドロスストーリー」小林旭、「横浜みれん坂」青江三奈、「伊勢佐木町ブルース」青江三奈、「横浜嬢(よこはまモガ)」岩崎宏美、「横浜ものがたり」敏いとうとハッピー&ブルー with マミー、「横浜ものがたり」吉幾三、「横浜物語」冠二郎、「横浜・ララバイ」五木ひろし、「横浜リリー」ポルノグラフィティ、「横浜レイニーブルー」HOUND DOG、「横浜 Lady Blues」桃井かおり、「横浜ロンリーナイト」桂銀淑、「ヨコハマ愛哀デイト」可愛かずみ、「ヨコハマA・KU・MA」中森明菜、「よこはま朝から今日も雨」青江三奈、「チャイナタウン」矢沢永吉、「ヨコハマ・アンバランス」山崎ハコ、「ヨコハマ海岸物語」寺内タケシ、「よこはま詩集」ダ・カーポ、「ヨコハマ・シルエット」長山洋子、「ヨコハマ・スイート・レイン」小泉今日子、「よこはま・たそがれ」五木ひろし、「ヨコハマ・チーク」近藤真彦、「よこはま流れ者」内藤やす子、「ヨコハマ・フラリ」天馬ルミ子、「ヨコハマ・ブルース」都はるみ、「ヨコハマ慕情」麻丘めぐみ、「ヨコハマ港物語」角川博、「よこはまメランコリー」夏樹陽子、「ヨコハマ・メルヘン」角川博、「よこはま物語」石原裕次郎、「ヨコハマ物語」美空ひばり、「ヨコハマ・レイニー・ブルー」ペドロ&カプリシャス、「ヨコハマ・ロンサム・ボート」麻丘めぐみ、「ヨコハマ・ワルツ」スターにしきの、「よこはま25時」中条きよし、「ヨコハマHead Light」岩崎良美、「ヨコハマLONELY CAT」伊藤かずえ、「YOKOHAMAシャレード」水谷豊、「YOKOHAMA二十才(ハタチ)まえ」矢沢永吉、「YOKOHAMAベイブルース」瀬川瑛子、「YOKOHAMA BAY BLUES」沢田研二、「Yokohama Bay Blues」南佳孝、「Yokohama Bay Blues」山崎ハコ、「Yokohama City of Lights」菊池桃子、「YOKOHAMA FOGGY NIGHT」矢沢永吉、「YOKOHAMA ONE NIGHT」森高千里、「YOKOHAMA RED SHOES」鈴木聖美、「YOKOHAMA SING A SONG」松浦亜弥、「YOKOHAMA SUNDOWN」杉山清貴、「YOKOHAMA Twilight Time」角松敏生、「Yokohama, love sick」柳葉敏郎、「あゝなんでこんなに横浜が好きなの」ダ・カーポ、
「愛して横浜」カルーセル麻紀、「逢えて…横浜」五木ひろし、「雨のヨコハマ」欧陽菲菲、「雨のヨコハマ」五木ひろし、「今も横浜で」吉幾三、「追いかけてヨコハマ」桜田淳子、「神戸・横浜」中条きよし、「小雨のヨコハマ」バーブ佐竹、「サヨナラ横浜」石原裕次郎、「シーサイド横浜」勝新太郎、「大横浜音頭」都はるみ、「たとえば横浜」石原裕次郎、「ぬれて横浜」黒沢明とロス・プリモス、「ハッピー・ヨコハマ」ザ・ピーナッツ、「ハッピーヨコハマ」アン・ルイス、「ふりむけばヨコハマ」マルシア、「ブルー・ナイト・イン横浜」田辺靖雄、「ブルー・ライト・ヨコハマ」、「ブルーライト・ヨコハマ」いしだあゆみ、「待ちくたびれてヨコハマ」柏原芳恵、「港ヨコハマ花売娘」春日八郎、「酔いつぶれて横浜」細川たかし、「夜の横浜泣いてる私」黒沢明とロス・プリモス、「ロマネスク・ヨコハマ」石野陽子、「別離のヨコハマ」欧陽菲菲、「ワンチャンスよこはま」黒沢明とロス・プリモス、「Kiss Me よこはま」日野美歌、「Once Upon A Time InYOKOHAMA」ダウンタウン・ブギウギ・バンド、「かえしてYOKOHAMA」ミッツ・マングローブ、「女の港」大月みやこ、「愛してます」河合奈保子、「秋の気配」オフコース、「あなたに逢いたい」奥村チヨ、「あの人の…」美空ひばり、
「雨の港町」八代亜紀、「十六酔いフラッパー」ちあきなおみ、「思い出のスター・ダスト」サザンオールスターズ、「カーニバル・ラブ」ペドロ&カプリシャス、「外人墓地」橋幸夫「悲しき口笛」美空ひばり、「恋人も濡れる街角」中村雅俊、
「この街の風に吹かれて」ダ・カーポ、「昨夜の男」淡谷のり子、「しのび逢い」尾崎紀世彦、「シャ・ラ・ラ」サザンオールスターズ、「上海帰りのリル」津村謙、「出航SASURAI」寺尾聰、「ジュン」高橋真梨子、「シルキー・シルバー・レイン」ペドロ&カプリシャス、「新・野毛山模様」原由子、「ダーリン」桑田佳祐、「小さなお店を持ちました」黒沢明とロス・プリモス、「ドール」太田裕美、「時には一人で」いしだあゆみ、「泣いてみりゃいいじゃん」近藤真彦、「夏服 最後の日」杉山清貴、「涙のアベニュー」サザンオールスターズ、「ニューグランドホテル」矢沢永吉、「港灯(ハーバーライト)」八代亜紀、「初恋浜っ子娘」島倉千代子、「浜っ子」美空ひばり、「浜っ子マドロス」美空ひばり、「ひばりの子守唄」美空ひばり、「ひばり仁義」美空ひばり「みなと踊り」美空ひばり、「ベイ・ブリッジ・セレナーデ」浜田省吾、「ベイブリッジ・ブルース」青江三奈、「港OUT」山崎ハコ、「みなと踊り」美空ひばり、「港が見える丘」平野愛子、「港スコープ」渡辺真知子、「港の見える丘」プリンセス・プリンセス、「港町十三番地」美空ひばり、「昔の名前で出ています」小林旭、「メリケン情緒は涙のカラー」サザンオールスターズ、「夜霧の第二国道」フランク永井、「よくある話 ?喪服の女編?」柴咲コウ、「いま目覚めた子供のように」山口百恵、「リメンバー・ターン」麻倉未稀、「わが心のベイ・シティ」鹿賀丈史、「別れの伝言」石原裕次郎、「別れのブルース」淡谷のり子、「Bay City Blues」松田優作、「BLUE BAY STORY」中森明菜、「Crazy Rendezvous」Bz、「Hello」チェッカーズ、「LOVE AFFAIR〜秘密のデート」サザンオールスターズ、「Mist Away」辛島美登里、「MY HOME TOWN」小田和正、「TIME」Bz、「いま目覚めた子供のように」山口百恵、「Shall We Dance?」PUFFY、「保土ヶ谷バイパス」ゆず、「崎陽軒 シウマイ弁当の歌」嘉門達夫、「よこはま横恋慕」はやぶさ、など多数ある。

 

 

(参照:横浜市公式HP、Wikipedia、土地建物統計調査)

 

 

関連ページ

横須賀の空き家を売却する方法
横須賀の空き家を売却する方法を紹介します。
逗子の空き家を売却する方法
逗子の空き家率は現在22.9%で神奈川県では湯河原町に続いて第2位の位置にあります。