空き家を査定しよう

空き家の査定価格を知るには!

akiya

 

不動産会社に依頼すれば直ぐに査定してくれますがその仕組みを理解しておきましょう。

 

不動産の査定方法は一般的に3つの方法がありますが、
ここでは最も基本的で広く使われている取引事例比較法について説明します。


 

取引事例比較法は、実際に取引された条件が似通った取引例を参考にして決めるものです。
その計算式はこうです。

 

取引価格×事情補正×時点修正×標準化補正×地域要因比較×個別的要因比較 =比準価格

 

 

・取引価格は、同地域または類似している地域で実際に取引された価格のことです。

 

・事情補正とは、何か特別な事情によって通常での売買が行われない場合をいいます。
売り急ぎ買い急ぎ、競売での売買など。
例えば相続対策で売り急いだ場合はその分マイナス補正します。

 

 

・時点補正とは、時間の経過によって価値の増減を加味したものです。
例えば公示地価が去年より5%下落したなら5%のマイナス補正が必要です。

 

 

・標準化補正は事例の要件を標準的な要件に置き換える補正です。
例えば地形が細長く不整形であるなら標準的な要件なら
どの位の価値になるのかの判定をすることです。

 

 

・地域要因とは、地域によっての格差のこと。
つまり立地要因ですね。
当然ですが立地が良ければ要因はプラスになります。

 

 

・個別的要因は、対象物件個別の要因を加味したもの。
例えば土地や建物の広さ、日当たり、接道状況、地盤の強さなど。

 

過去の取引事例より優れている点はプラス補正、劣っている点はマイナス補正になります。

 

 

・比準価格は評価された価格のこと。

 

 

以上のような要因を補正、比較しながら比准価格を算出することになります。

 

 

過去の取引事例は国交省の土地総合情報システムで見られます。

 

>>土地総合情報システム

 

 

 

不動産の売買は過去の取引事例に倣うことがふつうです。

 

特別安く買おうと思っても無理なことですし、
特別高く売ろうと思っても買い付けはきません。
(売り急ぎや買い急ぎは除きます)

 

 

相場での売買でないとずっと空き家のままです。
まずは所有する空き家の相場を把握して適切な値付けを心がけましょう。


空き家 空地活用ならプラン一括依頼を!

 

空き家、空き地の有効活用を検討しているなら土地活用一括比較が便利。

 

なかでも「タウンライフ土地活用」は、複数のディベロッパーから3つの「土地活用計画書」が無料で届きます。

 

依頼方法はかんたん!

  • ステップ1で都道府県選択。
  • ステップ2で市町村選択。
  • ステップ3で希望活用法を選択します。

わずか3分の簡単入力。

 

先祖や親が残してくれた空き家、空き地を手放すのは忍びないという方に特におススメです。

 

 

>空き家 空地活用一括依頼はこちら!

 

 

空き家の売却!まずは物件査定を依頼しよう

tohi


空き家を売却するには、まずは不動産業者に査定を依頼しましょう。
次は査定情報に基づいて売却を依頼する業者を選定することです。
できれば複数の業者に査定を出すことで正しい売り値をつけることができます。

ここでは管理人が選定した優良査定サイトを紹介しています。
査定サイトを上手に利用して一円でも高く空き家を売却してください。

> 厳選!おススメの査定サイトベスト3はこちら!


関連ページ

空き家は有効活用するのが一番の対策
空き家を保有しているなら有効活用を検討してみましょう。
首都圏の空き家はシェアハウスへ
東京都や埼玉県、神奈川県など首都圏に空き家があるのならシェアハウスとして活用しましょう。
空き家を取り壊して駐車場にすることも一つの選択
空き家を取り壊して駐車場にすることも一つの選択です。