大阪市の空き家売却

大阪市の空き家を売却するには

大阪市の空き家は約28 万戸、空家率は17.2%と全国平均13.5%と比べてかなり高くなっています。

 

空き家率が高い地区は、西成区(23.8%)、東住吉区(23.8%)、生野区(22.4%)、旭区(21.4%)となっていて老朽化した木造住宅の多いことがその要因と考えられます。

 

そんな大阪市の空き家を売却する方法を紹介します。

 

大阪市の空き家を売却するには、まず複数の不動産会社に査定を依頼することです。

 

一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。

 

 

実際に不動産業者の言うがままに売却してしまい、後になってから「もっと高く売れたのに…」と後悔してしまう人が少なからず存在しています。

 

空き家に限らず不動産の売買は、業者に任せっぱなしではいけません。
少しの損が数百万円も影響してくるのですから。

 

空き家を売却する際には必ず複数の不動産会社に査定を依頼して、相場を把握することが大事です。

 

その相場から適正な売買額を決めて売却すれば損をすることはありません。
そのためにも大阪市の空き家売却は複数の不動産会社から査定を取り寄せるようにしましょう。

 

 

複数の査定を取り寄せなければならない理由

 

もし、1社だけの査定としたら、その査定額が市場価格より高いのか低いのか分かりません。
空き家の売却は市場価格より高くても低くてもどちらでもいけないのです。

 

 

高くては売却の機会を逃すことになりますし、低くては損をしてしまうことになります。
適正な価格だからこそ、損することなく素早い売却が可能となるのです。

 

 

ですので、空き家を売却する際には、必ず2〜3社以上から査定を取り寄せてください。
2〜3社以上から取り寄せた査定額の中間をとって相場と見て取ることができます。

 

 

複数査定の注意点

 

ただし、最も高い査定値と最低の査定値の開きが大き過ぎる場合には注意が必要です。
その場合、最も高い査定値はウソである可能性があります。

 

実際に売却を任せて貰いたいがために、わざと高い査定値を出している可能性があるということです。

 

ですから、1社だけ突出して高い査定値を出してきた業者には疑ってかかったほうがいいです。

 

その際、高い査定値の根拠を聞いてみましょう。

 

もし、曖昧な返事でしたら間違いなくウソの査定値です。
他の業者から選別したほうがいいですね。

 

 

大阪市の空き家を売るには一括査定を利用しよう

 

複数の業者から査定を取り寄せるワケは上記でも述べたとおりです。

 

しかし、複数の不動産会社に訪問して査定を頼むという行為は現実には不可能なことですよね。
時間や手間も相当なものになります。

 

それに不動産屋というのは、ちょっと入りづらいイメージもありますよね。

 

 

でもご安心ください。
今は便利な時代になりました。

 

それは一括査定の利用です。

 

 

一括査定とは

 

一括査定とは、ネット上で複数の不動産会社に同時に査定を依頼できる査定方法のことです。
その手間は一度だけ。

 

 

一度だけ物件情報を入力すれば複数の不動産会社に瞬時に送信してくれる便利な方法です。
1分程度で済んでしまいます。

 

 

あとは、複数の不動産会社から査定結果が届くのを待つだけ。
メールや電話、書面で結果が届けられます。(メールでの返答が多いようです)

 

 

簡易査定になりますが、大体の相場を知るにはこれで十分。
詳細な査定が欲しければ、その中から1〜2社を選んで現地査定を依頼しましょう。

 

 

以上のように大阪市の空き家を売却するには一括査定を利用しましょう。
一括査定を利用することが、最も簡単で高く空き家を売却するコツになります。

 

 

大阪の空き家売却/おススメの一括査定

 

スーモ(suumo)の一括査定

不動産ポータルサイト最大手のスーモ(suumo)の一括査定サイトです。

 

不動産会社一覧から、対象エリアの販売実績数や購入希望者数などの秘匿情報がつかめるので、効率よく査定を依頼したい会社を探せます。

 

まずは最低3社を選び、査定依頼または相談を申し込みましょう。

費用 査定数 評価
無料 最低3社 空き家,売却,大阪市

 

>スーモ(suumo)の一括査定はこちら!

 

 

マイスミEXの一括査定

マイスミEXは東証マザーズに上場の鰍カげんが運営する不動産一括査定サイト。
入力された個人情報や物件情報はプライバシーマークで完璧に保護されます。

 

売却エリアに詳しい業者から最大で6社まとめて査定を受けられます。
地方に物件を所有する方、近くに不動産業者がいない方にもお勧めできる査定サイトです。

費用 査定数 評価
無料 最大6社 空き家,売却,大阪市

 

>マイスミEXの一括査定はこちら!

 

 

マンションナビの一括査定

「マンションナビ」はマンション専門の売却査定サービス。
年間利用者360万人、月間査定依頼数1500件超という巨大査定サイトです。

 

売却はもちろん、買取や賃貸の査定も同時に可能となっています。
売却と買取は最大6社、賃貸は最大3社から選べるのが特徴です。

費用 査定数 評価
無料 売買6社、賃貸3社 空き家,売却,大阪市

 

>マンションナビの一括査定はこちら!

 

 

 

大阪市での賢い一括査定サイト使い方

 

大阪市での一括査定サイトの賢い使い方を紹介します。

 

1.査定依頼可能数を最大限使うこと

 

査定サイトで依頼できる数は異なってきますが、どこのサイトを使っても依頼可能数は目一杯使うことです。
最大で6社位のサイトが多いのですが、そういう場合は6社全部から査定を取り寄せましょう。

 

査定数が多いほど正確な査定額がつかめます。

 

反対に査定数が少ないと正確性に欠けます。
その結果、相場よりも安く売られてしまう恐れも十分考えられるのです。

 

売却した後に、相場よりも低かったと気づいても遅いですからね。

 

ですので、一括査定を使うときは可能な限り多くの会社から査定をしてもらいましょう。
正しい相場を把握することは高く売ることにも繋がります。

*地域によっては査定する会社が少ない場合があります。そういう場合は地元の業者にも並行して査定を依頼してみましょう。。

 

 

2.査定を出してきた業者から1〜2社を選んで現地査定を依頼すること

 

例えば、5社から査定結果が届いたとしましょう。
その中から1社か2社を選んで現地査定を頼んでください。

 

 

選ぶ基準は、査定価格と結果説明内容、担当の信頼度など。

 

ネット査定の場合は、メールや電話での返答が多いのですが、余りにも簡単で内容が薄い返答でしたら信頼度は薄らぎますよね。

 

一方で、査定結果を詳しく説明してくれれば、信頼度は高いと判断してよろしいでしょう。

 

また、査定価格の大小も1〜2社に絞る基準になります。
極端に高い査定額は問題ですが、低くすぎてもダメなわけです。

 

あくまで相場を基準にしつつ、その中で高く売却する方法を選ばなければいけません。

 

実際に業者の能力しだいで売値の高い低いはありますからね。

 

このようにネット査定を出してきた業者の中から、査定額と信頼度を基準にして1〜2社に絞って現地査定を依頼しましょう。

 

これが効率よく高値で空き家を売る方法になります。

 

 

3.地元の業者が出してきた査定額の正誤が分かる

 

空き家を売却するに地元の業者に依頼する人も多いことでしょう。
以前からの知り合いだったり、紹介だったりする場合は地元の業者に依頼することも多々ありますからね。

 

 

そういう場合に、その業者が出してきた査定額が正しいのか、間違っているのか、一括査定が参考になるわけです。

 

 

もし、相場よりも低かったら、もう一度査定をやり直してもらうことです。
相場より低い売値だったら、早くは売れますが売り損をしてしまいます。

 

 

反対に相場よりも高かったら永久に売れない可能性があります。

 

空き家に限らず不動産は相場でしか売れません。
相場よりも遥かに高い売値では、ずっと売れないままで終わってしまいます。

 

あくまで相場を基準値として、その中で高く売る売り方をしなければならないのです。

 

 

相場の中でも高く売るには

 

相場は今までの売買事例から導きだされます。

 

例えば、過去に2500〜3000万円の間で売れている地区の事例が数件あるとします。
この場合の相場は2500万円以上3000万円以内ということになります。

 

実力のある業者なら上限の3000万円か3000万円+αで売ってくれます。

 

反対に実力のない業者やいい加減な業者なら下限の2500万円ギリギリか2500万円よりも低く売られてしまうかもしれません。

 

実は、いい加減な業者ほど早く売ろうとします。
しかし売り急ぐほど売値は低くなっていくのです。

 

いい加減な業者や悪徳業者は資金の回転を早くするため、相場を無視して早めに売却しようと企んでいるものです。

 

もし、売却を依頼しようとする地元の業者がこういう業者だったら最悪な結果を招きません。
売手は大きな損失を被ってしまいます。

 

 

いずれにしても一括査定は必要

 

以上のようなことから、知り合いの業者や地元の業者に売却を任せる場合でも一括査定を利用したほうがいいのです。

 

一括査定を利用することのデメリットは売手にとっては何もありません。
それどころか損失を防いでくれる有難いシステムと思っていいです。

 

 

一括査定を利用しない安易な売却だけはしないでください。

 

空き家といえども不動産の売買は高額です。
食品や電化製品を売り買いするのとは次元が違います。

 

ちょっとの損失が数十万から数百万円まで違ってくるのです。
くれぐれも空き家の売却は慎重には慎重を期すようにしましょう。

 

 

>大阪市でお勧めの一括査定サイトはこちら

 

 

一括査定は利用しなければ損

 

今や戸建やマンションを売却するに一括査定を使うのは当たり前の時代になりました。

 

一括査定で一番高値を提示した会社や信頼できそうな業者に売却を任せれば、失敗の可能性はかなり防げます。

 

一昔前にはこんな便利な方法はありませんでした。
インターネットの普及が不動産の売買を健全なものにしたのです。

 

今ほどインターネットが発達していなかった頃は不動産の売却で大きな損失を被ってしまった人も多かったことでしょう。

 

業者の言うがままに安く売却してしまったり、反対にいつまでも放ったらかしにされてしまったりと。
実際に売りのチャンスを逃してしまい、投げ売りで処分しなければならなかった事例もたくさんあるのです。

 

そもそも物件の相場さえも知らされていなかったことでしょう。

 

 

いい加減な業者は早く売ろうとする

 

実は、不動産業者の中には早く売りたいがために安めの相場を提示してくる場合があります。

 

 

相場よりも安ければ、そのぶんは早く売れるからです。
早く売れれば、早く手数料が入りますからね。

 

 

そうでなくても大阪市は業者にとって競争の激しい地域です。
激しい競争を勝ち抜くためには手段を選ばない業者は少なからず存在していますからね。

 

 

こういう業者に当たってしまったら売手さんは大損をしてしまいますよね。
不動産のちょっとの差は、数百万円の開きが出てしまうことも多々ありますからね。

 

 

もちろん、全ての業者が悪いわけではありません。
売手さんの希望に沿って、できるだけ高く売ろうとする良心的な業者も多くいます。

 

 

しかし、売手から見ると、その査定額が高いのか低いのか確認しようがありません。
相場より低くても、それが正しい売値と信じ込む以外にないのが実情です。

 

そういったことを防ぐことができるのが一括査定です。

 

 

一括査定を利用すると損失は防げる

 

一括査定を使えば数社から評価額を知ることができます。
数社からの評価額を知ることができれば、物件の相場観をつかむことができます。

 

相場観が掴めれば、その価格を参考にして売値を決めることになり大きな損失は防げるというわけです。

 

 

以上が一括査定を利用したほうが良いという根拠です。

 

 

売却した後で後悔しても後戻りはできません。
そういう意味でも売却する前には必ず一括査定を利用してください。

 

もちろん、査定の段階は全てが無料で受けられます。

 

一括査定を使わない理由はどこにもないということがお分かりと思います。

 

 

>大阪市でお勧めの一括査定サイトはこちら

 

 

 

空き家の売却は地元の業者?それとも大手?判断に迷ったら!

 

空き家を売却するには地元の不動産会社に頼べばいいのか、それとも大手の不動産会社に頼むべきなのか迷うことと思います。

 

不動産の売買に関してはどちらが優位で、どちらが不利ということはありません。
それぞれの特徴がありますので、その点を理解した上でどちらか決めればいいでしょう。

 

 

地元の不動産屋の特性

 

地元の不動産屋の良い面としては、地域に密着していて地元の信頼度が厚いということです。
その地域の隅々まで把握していて、相場感もその推移も熟知しています。

 

 

業者間の結び付きも強固で、お互いに情報を共有しながら営業しています。
規模が小さいからといって一概に営業が弱いといは言えない存在になっています。

 

また、自社で顧客をたくさん抱えていて、手堅い売買が出来るのも地元の不動産会社の特徴になります。

 

良い意味で頑固な経営をしていて、お客さんのためなら元肌脱いでも頑張るという損得なしの経営ができるのも地元の業者の特徴です。

 

大会社みたいに無理なノルマもないので、地に足を付けた営業活動ができるのです。

 

ですので、きめ細かな人情溢れるサービスを求めるのでしたら地元の不動産会社のほうがいいかもしれませんね。

 

 

ただし、大手みたいに潤沢な資金があるわけではないので広告活動や営業マンの数などは制限されてしまいます。

 

また、年配の社長などはインターネットが苦手で、昔ながらの立看板やチラシ配布くらいの営業活動しかできないなどの欠点もあります。

 

今時分にインターネットも使えないとなると、どうしても営業活動が制限されてしまいます。

 

 

大手の不動産会社の特徴

 

大手の不動産会社の良い面は大規模なネットワークと豊富な資金力ですね。

 

あらゆる媒体で買い手を探せるなんて地元の不動産会社には真似ができないことです。
物件広告も大々的に打ち出すことができます。

 

自社用のホームページはもちろん、住宅情報誌や、不動産ポータルサイトにも積極的に物件情報を展開していけます。

 

つまり広告費をふんだんに使っての売却活動ができるので、売却のスピードも優れていることになります。

 

 

また、顧客にいろんな情報を提供して、お客さんを育てるというコンサルタント的な役割を担うことによって集客ができます。

 

まさに大手ながらの経営手法ですね。

 

ただ、営業マンについては厳しいノルマが設定されていて、それが強引な営業活動にも繋がることも多々あります。

 

地元の不動産会社みたいにマイペースで活動することは許されていないのです。

 

成約までのスピードを重視しているので、売り手にとっては納得のいかない結果になることもあることでしょう。

 

 

担当者レベルで決めると良い

 

以上のようにそれぞれの特徴があるので、どちらが良くてどちらが悪いということはありませんが、売り手にとってはハッキリとした判断基準が欲しいことでしょう。

 

そこで会社の規模に関わらず、担当者レベルで見て決めればよろしいでしょう。

 

担当者が如何に親身になって相談に乗ってくれたか、どれほど好感を持てたかで決めるようにしましょう。

 

家の売却は売り手と仲介会社との二人三脚で行われるものです。
互いに協力しながら満足の行く売買ができるかです

 

このように家の売却は不動産会社の大小ではなくて、担当者レベルで決めるようにすれば選別の迷いも少なくなるのではないでしょうか。

 

家の売却は少なくても数ヶ月のお付き合いにはなるので、担当者との相性が悪ければやっていけるものではありません。

 

ですので大手か地元かで迷ったら一旦は両方に相談してみて、担当者の様子で決めるようにしましょう。

 

それでも迷うようでしたら、両方いっぺんに頼んでしまうことです。
一般媒介契約だったら数社に並行して頼むことができます。

 

これは不動産会社を競わせるという方法にも繋がるので、もし大手か地元かで迷ったら両方いっぺんに売却を依頼してしまいましょう。

 

 

>大阪市でお勧めの一括査定サイトはこちら

 

 

一括査定を利用した際のお断りの仕方!

 

一括査定を利用すると数社から査定結果が届きます。
その中から1〜2社に絞って仲介を任せるわけですが、他の業者にはお断りの返事をしなくてはなりません。

 

或いは、全部の査定結果に満足できない場合は全ての業者にお断りの返事をする必要があります。

 

ここでは、その断りの返事の仕方をお教えします。
ハッキリと断りの返事をしておかないと、今後ちょくちょく連絡が来たり訪問をされたりしますからね。

 

 

一括査定を利用した際の断り方

 

「一社に絞ったからそこに売却を任せます」と正直に伝える

 

一括査定から一社に絞り、売却を任せることを決めたなら正直にその旨を伝えることです。
これを曖昧な返事をしていると、その後も営業が続いてきたり、訪問を受ける恐れがあります。

 

不動産の営業マンは、たくさんの案件を抱えていることが優秀な営業と評価されます。
1件より5件、5件より10件と多くの案件(見込み客)を抱えているほど売上に直結するからです。

 

 

ですから、営業マンとしては少しでも多くの案件を確保しようとして見込み客に営業をかけていくわけです。

 

この時に曖昧な返事をしていると、担当営業としては「もう一押し」みたいな感覚になって更に営業をし続けていくのです。

 

ですが、「他の会社に決めたので結構です。」とハッキリと断られれば諦めがつきます。
見込みにならない人に時間をかけるより、新規開拓に時間をかけた方が効率が良いですからね。

 

 

こういうことから、一括査定を利用した際にお断りを入れる業者にはハッキリとお断りください。

 

曖昧な返事をすると熱心な営業マンほど何度も連絡を入れてきます。

 

営業マンに気を使うことはありません。
その営業マンのためにも、ハッキリとお断りを入れることが大事なことになります。

 

 

「知り合いの業者に頼むことにした」という断り方

 

中にはハッキリと断りづらいという人もいることでしょう。
特に熱心に接してきた営業ほど断りづらくなるものです。

 

ですが、不動産の売却では人情に流されてはいけません。
人情に流されるほど価格が安くはありませんからね。

 

そういう場合に無難な断り方があります。

 

それは「知り合いの業者に頼む」や「親戚が不動産屋なのでそこに頼む」という第三者を引き合いに断る方法です。

 

この断り方なら、変に角が立つこともなく無難にお断りができます。
営業マンとしても「知り合いなら仕方がないか」と納得がいくことになります。

 

この場合にもハッキリと返事をすることが大事です。

 

落ち着きなさそうに答えたり、目を合わせないで答えたりすると嘘がバレます。

 

堂々と答えることが肝心です。
昔から「嘘も方便」と言うではないですか。

 

これなら営業マンも自分も傷つくことなくお断りができる方法になります。

 

 

いっさい無視をする

 

それでもお断りするのは気が引けるという人は、無視をする以外にありません。
メールが届いても電話が来ても訪問されても一切無視をすることです。

 

「断ることができない」という人は一定数いますからね。

 

訪問販売が来ると何でも買ってしまうという人などが相当します。
こういう人は一切の無視を決め込むこと。

 

一切の無視をされれば、どんな鈍感な営業マンでも「その気がないのだな」と勘づきます。

 

どうしても断ることができない人は無視をすることによって対応しましょう。
2〜3回無視を決めこめば、大体の営業マンは諦めるものです。

 

 

まとめ

 

以上、一括査定を受けた際のお断りの仕方でした。

 

もちろん、交渉を続けていたいと思ったならメールでも電話でも前向きに対応してください。

 

そして、訪問による現地査定を受けることです。
現地査定を受ければ売り物件の詳細な相場が分かります。

 

近隣相場だけでは分からない物件固有の特徴などを含めて、実際に売出し可能な市場価格をつかめることになります。

 

空き家にしても居住中にしても、物件固有の価値を知らずに売出すと損をしてしまう可能性が大です。

 

この現地査定は1〜2社、多くても3社までに留めましょう。
これが現実的な現地査定の数字になります。

 

 

>大阪市でお勧めの一括査定サイトはこちら

 

 

大阪について

大阪府は、近畿地方に属する日本の都道府県の一つであり、府庁所在地は大阪市。
西日本の行政・経済・文化・交通の中心であり、東京都、神奈川県に次いで
日本で第3位の人口規模があり、県内総生産は、東京都に次いで全国第2位。

 

気候は年間を通して温暖であり、雨の日は少なめで、都心部ではヒートアイランドにより夜間の気温が下がりにくい。

 

隣接市町村は、兵庫県の尼崎市、伊丹市、川西市、川辺郡猪名川町、篠山市。
京都府の南丹市、亀岡市、京都市西京区、長岡京市、乙訓郡大山崎町、八幡市、京田辺市。
奈良県の生駒市、生駒郡平群町、生駒郡三郷町、北葛城郡王寺町、香芝市、葛城市、御所市、五條市。
和歌山県の橋本市、伊都郡かつらぎ町、紀の川市、岩出市、和歌山市。

 

人口は2015年時点で、8,839,469人。
人口増加率上位は、1位大阪市中央区、2位大阪市浪速区、3位大阪市北区、4位大阪市西区、5位大阪市天王寺区、6位大阪市福島区。
減少率上位は1位能勢町、2位千早赤阪村、3位豊能町、4位岬町、5位大阪市西成区、6位大阪市大正区の順。

 

平成27年度、府内総生産は名目で38兆4812億円、実質で39兆4376億円。
経済成長率は、名目で1.4%増、実質で0.1%減で、ともに2年連続のプラス。

 

友好都市は、中華人民共和国の旗中華人民共和国上海市、インドネシアのインドネシア東ジャワ州、フランスのフランスヴァル=ドワーズ県、オーストラリアのオーストラリアクイーンズランド州、ロシアのロシア沿海地方、アメリカ合衆国のアメリカ合衆国カリフォルニア州、イタリアのイタリアロンバルディア州、アラブ首長国連邦のアラブ首長国連邦ドバイ、ベトナムのベトナムホーチミン市がある。

 

伝統工芸では、大阪欄間(木工品)、大阪唐木指物(木工品)、大阪泉州桐箪笥(木工品)、大阪金剛簾(竹工品)、堺打刃物(金工品)、大阪浪華錫器(金工品)、大阪仏壇(仏壇仏具)などがある。

 

民謡は、河内音頭、天満の子守唄、竹田の子守唄。
ご当地ソングでは、浪花小唄、浪花いろは節、浪花恋しぐれ、浪花しぐれ桂春団治、浪花そだち、浪花夜景、NANIWA、夫婦みち、Hey Hey おおきに毎度あり、俺は浪花の漫才師、浪花酔虎伝、ええじゃないか、浪速一等賞、粉モン、ズンドコパラダイス、絶唱!なにわで生まれた少女たち、なにわのはにわ、大阪うまいもんの歌、大阪ええとこ、大阪音頭、大阪女のブルース、大阪かっぽれ、大阪化粧、大阪 恋の歌、大阪恋みれん、大阪ビギン、大阪ビッグリバーブルース、大阪恋物語、大阪行進曲、大阪すずめ、大阪ストラット、大阪で生まれた男、大阪で生まれた女、大阪テ・キエロ〜あなたゆえに〜、大阪ナイト、大阪ナイト・クラブ、大阪のおんな、大阪の街、大阪の夜、大阪ブルース、大阪ヘヴィーレイン、大阪無情、大阪ものがたり、大阪野郎、大阪レイニーブルース、大阪ロマネスク、「大阪BROKEN HEART」円広志大阪LOVER、OSAKA LADY BLUE大阪レディ・ブルース、OSAKA、おやすみ大阪、さっさか大阪、スウィート・ホーム大阪、好きやねん、大阪。、大大阪祭、ボクたち大阪の子どもやでェ!、マイ大阪、DISCOニューオオサカ、ホテルOSAKA、あんた、いじめやんといて、韻波句徒(インパクト)、お好み焼ファンキーソウル、おつかれさん、お前が好きやねん、面影の都、買物ブギ、悲しい色やね、こいさんのラブ・コール、小鳥が来る街、好っきやねん、絶好調!!、せんせ ほんまにほんま、その時の空、SO.YA.NA、泣いて盛り場大阪編、踏みだおれ、澪つくし、やっぱ好きやねん、大阪UP、TAKOYAKI in my heart、パズル、おーさか☆愛・EYE・哀、大阪でもまれた男、大阪ブギウギ、大阪ものがたり、大阪ラプソディー、大阪ロマネスク、大阪エレジー、大阪ごころ、御堂筋PLANET、放されて、好きやねん、ちょっと待って大阪、大阪暮色、大阪しぐれ、ふたりの大阪、大阪おばけ、しあわせ大阪、大阪つばめ、買い物にでも行きまへんか、大阪ぐらし、大阪ろまん、ラブイン大阪、大阪の女、大阪LOVER、心斎橋、心斎橋に星が降る、心ブラお嬢さん、心ブラブラリはエゝヤナイカ、若い二人の心斎橋、倖せくれる町、宗右衛門町、宗右衛門町ブルース、雨の道頓堀、道頓堀行進曲、道頓堀左岸、道頓堀情話、道頓堀人情、道頓堀の柱時計、道頓堀の花売娘、道頓堀の夜、なつかしの道頓堀、くいだおれの唄、かに道楽の歌、お百度こいさん、女の法善寺、月の法善寺横丁、千日前行進曲、千日前行進曲、千日前ラプソディー、戎ばし、戎橋ブルース、
あゝ大阪城、船場ごころ、丼池人生、王将、通天閣の子守唄、通天閣の灯、大阪にどつかれて、NMB48、なんでやねんアイドル、釜ヶ崎人情、梅田ブルース、大阪ジュエル、梅新ブルース、あこがれの北新地、演歌みたいに捨てられて、大阪の女、新地ワルツ、新地ブルース、新地の雨、川の流れる街で、愛の阪急三番街、堂島、恋の曽根崎、曽根崎しぐれ、曽根崎心中、曽根崎そだち、曽根崎ブルース、天満橋から、恋してOSAKA、天神祭どんどこの唄、天神祭りばやし、みおつくしの鐘、中津川、十三の夜、三国駅、新大阪、朝靄の京橋で乗り換え、京橋ワンシーン、グランシャトーの歌、天王寺エレジー、天王寺想い出通り、上六ブルース、千林商店街の歌、涙の天保山、トラブル・シューター、雨の御堂筋、ありがとう御堂筋、イエスタデイ御堂筋、梅田からナンバまで、恋する御堂筋、さそわれて大阪、たそがれの御堂筋、タンゴ御堂筋、二人の御堂筋、御堂筋BLUE、御堂筋PLANET、河内おとこ節、河内カルメン、河内酒、河内のオッサンの唄、河内の次郎長、河内遊侠伝、夏の日の中、野崎小唄、ラブイン、萱島、タウンくるの歌、Who says ええとこ!?、まちやねん、など多数ある。

 

大阪府を舞台とした作品、映画では、愛と死を見つめて、秋深き、あしたはきっと…、犬シリーズ、宇宙怪獣ガメラ、NMB48げいにん!THE MOVIEお笑い青春ガールズ!、黄金を抱いて翔べ、王将、大阪の宿、大阪ハムレット、大阪物語、大阪物語、男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎、女の勲章、顔、ガキ帝国風、スローダウン、かぞくのひけつ、ガメラ対大魔獣ジャイガー、河内カルメン、GANTZ:O、極道の妻たち、ゴジラvsビオランテ、ゴジラ×メガギラス G消滅作戦、ゴジラvsメカゴジラ、ゴジラの逆襲ごめん、さらば愛しの大統領、自虐の詩、社長シリーズ、じゃりン子チエ、少林寺拳法、白い巨塔、新・仁義なき戦い、青春のお通り、千利休 本寛坊遺文、ソウル・フラワー・トレイン、大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン、、超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち、どついたるねん、浪花の恋の物語、難波金融伝・ミナミの帝王シリーズ、日本侠客伝 浪花篇、日本沈没、女系家族、暖簾、博奕打ち、花暖簾、ビートキッズ、HIRAKATA、吹けば飛ぶよな男だが、不毛地帯、FLY!平凡なキセキ、ブラック・レイン、プリンセス・トヨトミ、細雪、ホームレス中学生、ぼんち、夫婦善哉、名探偵コナン 世紀末の魔術師、夜叉、野獣刑事、ラブファイト、利休、利休にたずねよ、などがある。

 

テレビドラマでは、あかんたれ、あきまへんで、東野圭吾ミステリー「悪意」、あさが来た、鮎のうた、ありがとう、オカン、芋たこなんきん、大阪社会部ひまダネ記者、お父さんは高校生、おはようさん、おんな太閤記、おんなは度胸、風のハルカ、カーネーション、神様の女房、銀二貫、月光仮面、江〜姫たちの戦国、極楽夫婦、心はいつもラムネ色、ごちそうさん、事件ですよ!、純と愛、白い巨塔、千利休〜春を待つ雪間草のごとく〜、船場、太閤記、太平記、誰も知らないJ学園、だんらん、近松青春日記、ちりとてちん、てっぱん、てるてる家族、天使の羽根、堂島、道頓堀、どてらい男、泣いたらアカンで通天閣、ナニワ金融道、なにわの源蔵事件帳、浪花の華〜緒方洪庵事件帳〜、
浪速少年探偵団、ぬかるみの女、幕末青春グラフティ 福沢諭吉、走らんか、はっさい先生、半沢直樹、番頭はんと丁稚どん、ぴあの、秀吉、ふたりっ子、部長刑事、ボーダーライン、ホームレス中学生、ほがらか法善寺、ぼてじゃこ物語、ほんまもん、マッサン、まんてん、ミナミの帝王、夫婦善哉、夫婦漫才、よーいドン、やりくりアパート、やんちゃくれ、横堀川、横山やすしフルスロットル、世の中さかさま、和っこの金メダル、和田アキ子物語、など多数ある。

 

 

住宅・土地統計調査について

 

住宅・土地統計調査は、住宅及び土地の保有状況や住宅等に居住している世帯に関する実態を調査し、その現状と推移を全明らかにすることにより、住生活施策の基礎資料を得ることを目的としている。
昭和23年以来5年ごとに実施し、平成25年住宅・土地統計調査は14回目にあたる。
次回は平成30年。

  1. 平成25年住宅・土地統計調査では、次に掲げる事項を調査した。
  2. 住宅等に関する事項
  3. 住宅に関する事項
  4. 世帯に関する事項
  5. 家計を主に支える世帯員又は世帯主に関する事項
  6. 住環境に関する事項
  7. 現住居以外の住宅及び土地に関する事項

結果の公表、集計は、独立行政法人統計センターにおいて行い、都道府県、市町村等の地域別にも集計され、調査結果は報告書の刊行、インターネットにより、集計後速やかに公表されている。
平成25年10月1日現在における大阪府の総住宅数は458万6000戸、総世帯数は390万5500世帯、1世帯当たりの住宅数は1.17戸。
 平成20年からの増減数をみると、総住宅数については24万戸増加の5.5%増、総世帯数については19万4600世帯増加の5.2%増となっている。

 

「居住世帯のある住宅」は388万2400戸で総住宅数の84.7%、「居住世帯のない住宅」は70万3600万戸で15.3%となっている。
居住世帯のない空き家数は67万8800戸で、空き家率は14.8%、空き家数、空き家率ともに過去最高となっている。

 

空き家の種類別では、「賃貸用の住宅」は41万8700戸で空き家全体の61.7%、「売却用の住宅」は3万1900戸で4.7%となっており、利用可能な住宅が6割以上を占めている。
一戸建が14万4600戸、長屋建が6万8800戸、共同住宅が46万4200戸、その他が1300戸。

 

5年前と比較して、一戸建は2万8500戸、長屋建は1800戸、共同住宅は2万3900戸の増加、その他は500戸の減少となっている。
増加率がもっとも高いのは一戸建で、24.5%となっている。

 

「居住世帯のある住宅」では、、一戸建が158万1600戸で住宅全体の40.7%、長屋建が15万1000戸で3.9%、共同住宅が214万4000戸で55.2%、その他が5900戸で0.2%となっており、共同住宅が半数以上を占める。

 

平成20年と比較して、一戸建及び共同住宅は一貫して増加を続けているのに対し、長屋建は3万9300戸、その他は1000戸の減少となっており、長屋建については減少を続けている。
共同住宅の階数別割合について、1階から7階建までは減少傾向で、8階建て以上は増加傾向にあり、共同住宅の高層化の進行がみてとれる。

 

建築時期別では、、昭和55年までに建築された住宅は109万8200戸、昭和56年以降に建築された住宅は240万2700戸で、新耐震基準が施行された昭和56年以降に建築された住宅が住宅全体の6割を占めている。
建て方別にみると、一戸建は平成13年から22年が最も多く31万6400戸で、共同住宅も同じように47万7100戸と増加している。
所有関係別にみると、持ち家が210万4300戸で住宅全体に占める割合は54.2%、借家は165万4700戸で42.6%となり、持ち家が半数以上を占める。

 

借家の内訳をみると、最も割合が高いのは民営借家(123万5500戸)で31.8%、次に公営の借家(23万7100戸)で6.1%、以下都市再生機構・公社の借家と続く。
前回調査に比べ、持ち家、民営借家共に増加となっているが、持ち家については一貫して増加を続けている。
公営の借家及び都市再生機構・公社の借家については、ほぼ横ばい。

 

高齢者等のための設備がある住宅は、195万5700戸、住宅全体の50.4%で前回調査に比べて10.7ポイント上昇した。
最も多いのが「手すりがある」で、154万4700戸で39.8%、次いで「段差のない屋内」が79万1400戸で20.4%と増加している。

 

省エネルギー設備のある住宅については、「太陽熱を利用した温水機器等」は5万7200戸で住宅全体の1.5%、「太陽光を利用した発電機器」は6万4100戸で住宅全体の1.7%、二重サッシ又は複層ガラスの窓あり」は51万6200戸で13.3%となっている。
前回調査と比べると太陽熱を利用した温水機器等住宅は2万4800戸減少し、太陽光を利用した発電機器の住宅は5万700戸増加し4.8倍に。

 

また二重サッシ又は複層ガラスの窓ありは、16万1300戸増加で1.5倍になっている。
居住用住宅の規模では、1住宅当たり居住室数は4.03室、1住宅当たり居住室の畳数は27.63畳、1住宅当たり延べ面積は75.01平方メートルとなっている。

 

持ち家では、1住宅当たり居住室数は5.12室、1住宅当たり居住室の畳数は35.99畳、1住宅当たり延べ面積は100.27平方メートルとなっている。
これに対して借家では、それぞれ2.67室、17.24畳、43.62平方メートルとなっており、1住宅当たり居住室の畳数及び1住宅当たり延べ面積については、持ち家の2分の1以下となっている。 

 

大阪府では、災害時に重要な機能を果たす庁舎や府が所有する建物の耐震改修や建替え等に取り組んでいる。
進捗状況については、毎年度末に集計し、次年度当初に公表、施設毎に耐震性能や対応時期等について検索できる。

 

大阪府では、建築物の耐震改修の促進に関する法律に基づき、「大阪府住宅・建築物耐震10ヵ年戦略プラン」を平成18年12月に策定し、耐震化への取組みの基本的な考えを示した。
これを踏まえ、平成19年3月に、より具体的な「府有建築物耐震化実施方針」を定め、耐震化を進めた。
平成28年1月に策定した「住宅建築物耐震10ヵ年戦略・大阪」に基づき、「新・府有建築物耐震化実施方針」を策定した。

 

(参照元;Wikipedia、大阪府公式HP、平成25年土地建物統計調査)