空き家の売却注意点

空き家を売却するときの注意点

空き家を売却するときに必要な注意点をあげています。
空き家だからといっても中古住宅の売却には変わりがありません。

 

中古住宅には新築みたいに定価がないので、ちょっとのことで売値が違ってきます。

 

注意するべき点をしなかったばかりに損をする売り方をしてしまったり、
逆に慎重に行動したおかげで思っていたより高く売れたりもします。

 

 

ですので空き家を売るときには注意するべき点を知っておき、それに素直に従うことです。
そうすれば、きっと満足する売却をできることでしょう。

空き家を売却するときの注意点記事一覧

物件によっては買主候補から値下げ交渉が入ることがあります。もちろん、一切の値下げには応じないこともできますが、地方の物件だったり首都圏でも人気のないエリアの物件ではそう簡単に買付けは入ることはありません。ですので、売りづらい物件を所有しているなら、値下げ交渉には応じた方がいいでしょう。それを断ったら次はいつ希望者が表れるか分かりませんからね。値下げ交渉での注意点は次のようなものです。根拠のない値下...

国土交通省の調査によりますと全国で空き家の7割がそのまま放置されているとのこと。これには売ることも貸すこともできない使い道がない空き家も含まれていますが、放置空き家は近い将来、必ず特定空き家に指定されて厳しい対応を迫られることでしょう。特定空き家に指定されると行政からの圧力はますます強くなって、所有者の経済的負担は増すばかりになります。いや、それ以前に近隣に損害を与えることにでもなれば賠償金を請求...

権利証は不動産の売買に伴う所有権移転登記申請に必要となるものです。でも、権利証を紛失したとしても所定の手続きを踏むことによって問題なく申請はできます。従来の方法では、登記したことがある2名以上の保証人を立てて保証書を作成しなければなりませんでしたが、現在では廃止されて次のような3つの方法に変わりました。1.登記所による事前通知制度2.登記官による本人確認3.公証人による認証この中でも(登記官による...

売却する空き家が相続物件である場合には、予め相続登記を済ませておくことが必要となります。この相続登記はいついつまでに済ませなければならないという決まりはありません。被相続人のまま放ったらかしにしても一向に構わないわけです。ですが、いざ売却となるとさすが放ったらかしのままではいけません。早急に登記を済ませておきましょう。相続登記には、主に法定相続分による相続と遺産分割協議による相続、そして遺言書によ...

空き家を売るなら市況をみてベストなタイミングで売りたいと思っている人もいることでしょう。確かに不動産価値が上昇し、天井を打ちそうな時を身図って売れば最も高く売れることになります。しかし、そういう地域は3大都市圏でもない限りまずあり得ません。多くの地域は下降しているか、良くって横ばいの状態です。ただ、下落幅は縮小傾向にあることは確かです。今年(平成28年度)の都道府県基準地価調査によりますと、地価動...

「家や土地の不動産を持っていれば、いざという時には売却して現金に換えることができる価値のある資産」と信じられてきました。しかし、そんな夢物語はとうに過ぎ去ってしまったのです。今や820万戸の空き家が全国で溢れていれ、中には処分に困り、負の資産として仕方がなく所有しているという家主も増えてきています。さらに、人口減少社会の到来によって空き家は将来的にも益々増えていくことでしょう。そうでなくても今の時...

空き家を売却したいと思ったら以下のようなことを実行してください。1.その空き家は売ることが可能なのか?2.売る以外に活用方法はないか?3.不動産屋さんに相談する4.売るか活用するか判断する売ることが可能かどうかを把握することが最初にやるべきことになります。売りたいと思っていても需要がなければ売りようがありません。不動産の売買は需要があって初めて成り立つものです。果たして売れる物件なのかどうかは最初...

空き家を解体して更地にすれば売れやすくなります。買い手としては、業者の手配や手続きなど余計な手間や時間を取られることなく、家を建てるだけで済むからです。しかし、売り手からするとある程度の出費は必要ですし、なにより売れなかったことを考えると心配になってしまいます。更地にして売り出す場合の注意点更地にして売り出す場合の利点は売りやすいということです。しかし高く売れるわけではないと思っていたほうがいいで...

空き家には火災保険をかけておいた方がいいのか?もし、放火でもされたら大変な損害を被ってしまいますからね。結論から言えば、掛けていた方がいいに決まってます。殆どの住宅にはもしもの時に備えて火災保険は入っていますからね。ですが、家の状態によっては保険会社の方で引き受けを拒否される可能性があります。廃屋みたいな放ったらかしの家はまず無理でしょう。今は空き家でも今後住む予定があるとか中古住宅として売却する...

所有する空き家が市街化調整区域に建っている場合は売却が難しくなります。売却ができないということではなく、買い希望者がなかなか見つからないということです。市街化調整区域は、もともと市街化を抑制しようとする地域です。家がどんどん建ってきたら農業に従事する人に影響が出てしまいますからね。そのために一般の人の開発許可や建築確認を認めないなどの方策をとってきました。市街化調整区域に建っている家は、ほとんどが...

空き家に限らず不動産の売買は個人間でも可能です。不動産業者を通さずに個人間で売り買いする最大のメリットは仲介手数料が節約できることではないでしょうか。確かに仲介手数料は不動産の売買に於いては最も高い費用負担となります。たとえば、3000万円の家屋敷を売れば、(3000万円×3%+6万円)で96万円もかかることになります。この手数料を浮かすために不動産業者を通さない売買を行おうとする人がいるかもしれ...