相続物件は移転登記が必要

空き家が相続物件の場合は相続登記を済ませておこう

売却する空き家が相続物件である場合には、予め相続登記を済ませておくことが必要となります。

 

 

この相続登記はいついつまでに済ませなければならないという決まりはありません。
被相続人のまま放ったらかしにしても一向に構わないわけです。

 

 

ですが、いざ売却となるとさすが放ったらかしのままではいけません。
早急に登記を済ませておきましょう。

 

 

相続登記には、主に法定相続分による相続と遺産分割協議による相続、そして遺言書による相続があります。
不動産の場合には、共有名義による相続が一般的ですね。

 

長男が3分の一、長女が3分の一、次男が3分の一など。または、土地と家屋を分けるなど。
登記費用も相続人で出し合えば少額で済むので、なるべく早めに済ませておきましょう。

 

 

相続物件は相続人全員の同意が必要

 

次に必要なことは売却の際には全員の承諾が必要ということです。
誰か一人でも反対していると売却はできません。

 

 

これは共有名義人が多いほど厄介な問題になりがちです。

 

普段、仲良しの兄弟でも相続が絡むと途端に険悪な間柄になることは多々あります。
売却金をどういう分配にするかで揉めに揉めることも結構ありますからね。

 

 

こういうすんなり売却にならない場合には第三者に間に入ってもらうことです。

 

 

不動産業者を上手に利用すること

 

不動産業者に間に入ってもらうことも1つの手です。
相続絡みの物件には良くある事なので、頼べば普通に引き受けてくれますよ。

 

権利者ひとりひとりに会って、全員が納得できる案をまとめてくれるでしょう。

 

 

不動産業者は、こういう揉め事がある物件を売買する時には便利な存在となります。

 

どんなにこき使っても仲介手数料は変わらないので、どんどん利用するべきです。

 

 

殆どの業者は一生懸命せっせと動いてくれますよ。
もし、面倒くさがったりなかなか着手してくれなかったら、そく業者替えをしていいです。

 

不動産売買に関わる全ての仕事は不動産業者の役割ですから相続揉めの物件も遠慮なく動いてもらいましょう。


空き家の売却!まずは物件査定を依頼しよう

tohi


空き家を売却するには、まずは不動産業者に査定を依頼しましょう。
次は査定情報に基づいて売却を依頼する業者を選定することです。
できれば複数の業者に査定を出すことで正しい売り値をつけることができます。

ここでは管理人が選定した優良査定サイトを紹介しています。
査定サイトを上手に利用して一円でも高く空き家を売却してください。

> 厳選!おススメの査定サイトベスト3はこちら!


関連ページ

買主から値下げ交渉が入ったなら
物件によっては買主候補から値下げ交渉が入ることがあります。もし売りづらい物件を所有しているなら値下げ交渉には応じておきしょう。
空き家の7割がそのまま放置
国土交通省の調査によりますと全国で空き家の7割がそのまま放置されているとのこと。
権利証をなくしたが空き家は売れますか?
権利証を紛失したとしても所定の手続きを踏むことによって問題なく申請はできます。
市況をみてベストなタイミングで空き家を売りたい
空き家を売るなら市況をみてベストなタイミングで売りたいと思っている人もいることでしょう。
空き家は時が経つほど売れにくくなる
空き家は時が経つほど売れにくくなっています。
空き家を売却したいと思ったらまずするべきこと
空き家を売却したいと思ったら以下のようなことを実行してください。
空き家の解体して売り出す場合の注意点
空き家を解体して更地にすれば売れやすくなります。
空き家に火災保険は必要か?
空き家には火災保険をかけておいた方がいいのか?もし、放火でもされたら大変な損害を被ってしまいますからね。
市街化調整区域にある空き家を売却する際の注意点
所有する空き家が市街化調整区域に建っている場合は売却が難しくなります。
空き家を個人間で売ることは可能?
空き家に限らず不動産の売買は個人間でも可能です。 不動産業者を通さずに個人間で売り買いする最大のメリットは仲介手数料が節約できることではないでしょうか。ですが、不動産の知識が全くない一般の人では個人間の不動産売買はまず不可能です。