市況を見てベストタイミングで空き家を売る

市況をみてベストなタイミングで空き家を売りたい

空き家を売るなら市況をみてベストなタイミングで売りたいと思っている人もいることでしょう。

 

確かに不動産価値が上昇し、天井を打ちそうな時を身図って売れば最も高く売れることになります。

 

 

しかし、そういう地域は3大都市圏でもない限りまずあり得ません。
多くの地域は下降しているか、良くって横ばいの状態です。

 

 

ただ、下落幅は縮小傾向にあることは確かです。

 

 

今年(平成28年度)の都道府県基準地価調査によりますと、地価動向の全国平均は0.6ポイントの下落に留まりました。

平成27年が0.9ポイント、平成26年が1.2ポイント、平成25年は1.9ポイントの下落からして年を追うごとに下落の幅が小さくなっています。

 

これは住宅地の下落幅が縮小して商業地が下落から横ばいに転じたことで全体の下落幅が少なくなっていることが要因となっています。

 

 

ちなみに住宅地の地価は以下の通りです。

平成24年度 マイナス2.5ポイント
平成25年度 マイナス1.8ポイント
平成26年度 マイナス1.2ポイント
平成27年度 マイナス1.0ポイント
平成28年度 マイナス0.8ポイント

 

見て分かる通り、マイナス幅が次第に少なくなっていますね。

 

 

このまま行くと東京オリンピック、パラリンピックの年にはプラスに転じるのではないかというような勢いで改善されていますが、大方の見方としてプラスに転じる地域が出てくる一方、大部分の地域は相変わらず下落するだけという二極化が進むという予想がほとんどです。

 

 

以上のような地価傾向と予測からして空き家を所有する人は、市況をしっかりと把握することが必要になります。

 

3大都市圏に空き家を所有する人はもちろん、その近隣の人もしばらくの間は様子を見ておくことも1つの方法ですね。

 

 

地方圏に所有している場合でも地域によっては下落幅が縮小傾向にあります。
地方四市に至っては完全にプラスに転じています。その近隣の地域なら下落に歯止めがかかるかもしれません。

 

もし、空き家を保持する余力があれば、しばらくの間は市場動向を見ておくことも手です。

 

 

市況を見てベストなタイミングで空き家を売りたいと思っているなら、地価動向を良く調べておくことが大事です。

 

 

地価動向を調べる方法は、今回の都道府県地価調査の他に国税庁が公表している路線価や国土交通省が公示している公示地価があります。

 

>国土交通省地価公示

 

 

路線価については固定資産税の評価額や相続税の算定基準にされるもので公示地価や基準地価の8割程度が目安となっています。

 

>路線価

 

 

所有する家の前面道路に路線価が表示されていればより正確に地価を把握できます。

 

 

なお、家の評価については築25年以上経っていれば無価値に等しいです。
解体しなければならないような家ならばその費用分も価値の減少とみておきましょう。


空き家の売却!まずは物件査定を依頼しよう

tohi


空き家を売却するには、まずは不動産業者に査定を依頼しましょう。
次は査定情報に基づいて売却を依頼する業者を選定することです。
できれば複数の業者に査定を出すことで正しい売り値をつけることができます。

ここでは管理人が選定した優良査定サイトを紹介しています。
査定サイトを上手に利用して一円でも高く空き家を売却してください。

> 厳選!おススメの査定サイトベスト3はこちら!


関連ページ

買主から値下げ交渉が入ったなら
物件によっては買主候補から値下げ交渉が入ることがあります。もし売りづらい物件を所有しているなら値下げ交渉には応じておきしょう。
空き家の7割がそのまま放置
国土交通省の調査によりますと全国で空き家の7割がそのまま放置されているとのこと。
権利証をなくしたが空き家は売れますか?
権利証を紛失したとしても所定の手続きを踏むことによって問題なく申請はできます。
相続物件の場合は相続登記を済ませておこう
売却する空き家が相続物件である場合には予め相続登記を済ませておくことが必要となります。
空き家は時が経つほど売れにくくなる
空き家は時が経つほど売れにくくなっています。
空き家を売却したいと思ったらまずするべきこと
空き家を売却したいと思ったら以下のようなことを実行してください。
空き家の解体して売り出す場合の注意点
空き家を解体して更地にすれば売れやすくなります。
空き家に火災保険は必要か?
空き家には火災保険をかけておいた方がいいのか?もし、放火でもされたら大変な損害を被ってしまいますからね。
市街化調整区域にある空き家を売却する際の注意点
所有する空き家が市街化調整区域に建っている場合は売却が難しくなります。
空き家を個人間で売ることは可能?
空き家に限らず不動産の売買は個人間でも可能です。 不動産業者を通さずに個人間で売り買いする最大のメリットは仲介手数料が節約できることではないでしょうか。ですが、不動産の知識が全くない一般の人では個人間の不動産売買はまず不可能です。