空き家は時の経過ごとに売れなくなる

時が経つほど空き家は売れない

「家や土地の不動産を持っていれば、いざという時には売却して現金に換えることができる価値のある資産」と信じられてきました。

 

しかし、そんな夢物語はとうに過ぎ去ってしまったのです。

 

 

今や820万戸の空き家が全国で溢れていれ、中には処分に困り、負の資産として仕方がなく所有しているという家主も増えてきています。

 

さらに、人口減少社会の到来によって空き家は将来的にも益々増えていくことでしょう。

 

 

そうでなくても今の時点で住宅は供給過剰状態です。

 

かつて新興住宅地と呼ばれていた地域の住宅街も歯が欠けたように空き家が目立ってきました。
住宅街も全体的に老朽化してきたということですかね。

 

 

空き家の売却は前途多難

 

こんな時代に空き家を売るといってもかなりの困難が待ち受けていると思います。
将来的に見てもますます難しくなっていくことでしょう。

 

 

それだけではありません。
住まない家でも固定費はかかるものです。

 

固定資産税や火災保険、自治会費。
掃除や見回りを委託するならそれらの費用など。
草木の除去だけでも2〜3万円は普通にかかりますからね。

 

 

こんな負の資産ならぬ負動産を抱えている人はなるべく早めに売ってしまったほうが絶対にお得です。

 

売るのが遅れるほど売れる可能性は低くなるし、売れたとしても安く買い叩かれるのは目に見えています。

 

不動産市場は完全に買い手市場になっていますからね。
(首都圏の一部のエリアを除きます)

 

このような一刻でも早く処分したい空き家は、売買実績の豊富な信用のおける不動産業者に仲介を依頼しましょう。

 

 

地元会社は地元に強いという特性があります

 

大手会社、地元会社は問いません。
地元の駅前の不動産屋でも販売力がある会社はあります。

 

それに地元の会社は地域の市場性を熟知しています。
長年の営業でたくさんの顧客を持っている場合もあります。

 

不動産屋どうしのつながりも強く、大手に負けないネットワークも持っています。
売りづらい物件だったら、地元の会社のほうが有利に動いてくれるかもしれません。

 

ですので、仲介を頼む不動産業者は大手会社だけでなく地元の会社も視野に入れて決めるようにしましょう。

 

まあ、良い会社かどうかは実際に委託してみないと分かりませんが、もし「この会社ダメだな」と思っても変えることはできるので、まずは一つの会社を選んで仲介を依頼することです。


空き家の売却!まずは物件査定を依頼しよう

tohi


空き家を売却するには、まずは不動産業者に査定を依頼しましょう。
次は査定情報に基づいて売却を依頼する業者を選定することです。
できれば複数の業者に査定を出すことで正しい売り値をつけることができます。

ここでは管理人が選定した優良査定サイトを紹介しています。
査定サイトを上手に利用して一円でも高く空き家を売却してください。

> 厳選!おススメの査定サイトベスト3はこちら!


関連ページ

買主から値下げ交渉が入ったなら
物件によっては買主候補から値下げ交渉が入ることがあります。もし売りづらい物件を所有しているなら値下げ交渉には応じておきしょう。
空き家の7割がそのまま放置
国土交通省の調査によりますと全国で空き家の7割がそのまま放置されているとのこと。
権利証をなくしたが空き家は売れますか?
権利証を紛失したとしても所定の手続きを踏むことによって問題なく申請はできます。
相続物件の場合は相続登記を済ませておこう
売却する空き家が相続物件である場合には予め相続登記を済ませておくことが必要となります。
市況をみてベストなタイミングで空き家を売りたい
空き家を売るなら市況をみてベストなタイミングで売りたいと思っている人もいることでしょう。
空き家を売却したいと思ったらまずするべきこと
空き家を売却したいと思ったら以下のようなことを実行してください。
空き家の解体して売り出す場合の注意点
空き家を解体して更地にすれば売れやすくなります。
空き家に火災保険は必要か?
空き家には火災保険をかけておいた方がいいのか?もし、放火でもされたら大変な損害を被ってしまいますからね。
市街化調整区域にある空き家を売却する際の注意点
所有する空き家が市街化調整区域に建っている場合は売却が難しくなります。
空き家を個人間で売ることは可能?
空き家に限らず不動産の売買は個人間でも可能です。 不動産業者を通さずに個人間で売り買いする最大のメリットは仲介手数料が節約できることではないでしょうか。ですが、不動産の知識が全くない一般の人では個人間の不動産売買はまず不可能です。