空き家の売却まずすること

空き家を売却したいと思ったらするべきこと

空き家を売却したいと思ったら以下のようなことを実行してください。

 

1.その空き家は売ることが可能なのか?

 

2.売る以外に活用方法はないか?

 

3.不動産屋さんに相談する

 

4.売るか活用するか判断する

 

売ることが可能かどうかを把握することが最初にやるべきことになります。

 

売りたいと思っていても需要がなければ売りようがありません。
不動産の売買は需要があって初めて成り立つものです。

 

果たして売れる物件なのかどうかは最初に知るべきものとなります。

 

 

売る以外に活用方法はないか模索してみることは大事です。

 

家の状態が悪くなければ賃貸に出すことも可能になります。
住めないような古家だったら解体して駐車場や貸地としても活用ができます。

 

もし、長期間の賃貸ができれば売るよりかは断然収益が上がります。

 

その地域の特性なども踏まえて、賃貸で活用できるようでしたら前向きに検討してみましょう。

 

 

不動産屋さんに相談して今後の方向性を決める

 

不動産屋に相談して今後の方向性を決めるのも大事なことです。
売るにしろ貸すにしろ、その判断基準は不動産屋さんから聞くしかありません。

 

 

もちろん、ご自身でも調べることはできますが、情報の入手に制約があります。
その地域で売買された物件があるのかないのか、あるとしたら幾らで売買されたのかなどは不動産業者しか分かりませんかね。

 

 

こういう理由で不動産屋を利用することはとても大事なことです。
言い方を変えれば上手に利用することです。

 

別に相談したからといって、その業者に仲介を頼まなければならないということはありませんからね。

 

 

売るのか貸すのかどちらかの判断をする

 

上記1〜3を踏まえて最終的には所有者が売るか貸すのかの判断をしなければなりません。
不動産屋は売りを勧めてきますが、賃貸も可能な物件ならば貸し出すことも考えてみましょう。

 

補修費や解体費など費用はかかりますが、長く賃貸ができれば軽く回収することができます。

 

 

最近、サラリーマンやOLの間で不動産投資が流行っていますが、空き家を所有している人は既に資本は所持していることになります。
周りの人に比べて断然に有利な立ち位置にいるのです。

 

 

先の見えない時代で不動産による継続収入があることは大変有り難いことですよね。
貴方の所持する空き家が有効活用できるようでしたら将来的にみて賃貸で活用するほうがいいかもしれません。


空き家の売却!まずは物件査定を依頼しよう

tohi


空き家を売却するには、まずは不動産業者に査定を依頼しましょう。
次は査定情報に基づいて売却を依頼する業者を選定することです。
できれば複数の業者に査定を出すことで正しい売り値をつけることができます。

ここでは管理人が選定した優良査定サイトを紹介しています。
査定サイトを上手に利用して一円でも高く空き家を売却してください。

> 厳選!おススメの査定サイトベスト3はこちら!


関連ページ

買主から値下げ交渉が入ったなら
物件によっては買主候補から値下げ交渉が入ることがあります。もし売りづらい物件を所有しているなら値下げ交渉には応じておきしょう。
空き家の7割がそのまま放置
国土交通省の調査によりますと全国で空き家の7割がそのまま放置されているとのこと。
権利証をなくしたが空き家は売れますか?
権利証を紛失したとしても所定の手続きを踏むことによって問題なく申請はできます。
相続物件の場合は相続登記を済ませておこう
売却する空き家が相続物件である場合には予め相続登記を済ませておくことが必要となります。
市況をみてベストなタイミングで空き家を売りたい
空き家を売るなら市況をみてベストなタイミングで売りたいと思っている人もいることでしょう。
空き家は時が経つほど売れにくくなる
空き家は時が経つほど売れにくくなっています。
空き家の解体して売り出す場合の注意点
空き家を解体して更地にすれば売れやすくなります。
空き家に火災保険は必要か?
空き家には火災保険をかけておいた方がいいのか?もし、放火でもされたら大変な損害を被ってしまいますからね。
市街化調整区域にある空き家を売却する際の注意点
所有する空き家が市街化調整区域に建っている場合は売却が難しくなります。
空き家を個人間で売ることは可能?
空き家に限らず不動産の売買は個人間でも可能です。 不動産業者を通さずに個人間で売り買いする最大のメリットは仲介手数料が節約できることではないでしょうか。ですが、不動産の知識が全くない一般の人では個人間の不動産売買はまず不可能です。