空き家と火災保険

空き家でも火災保険は必要です

空き家には火災保険をかけておいた方がいいのか?
もし、放火でもされたら大変な損害を被ってしまいますからね。

 

結論から言えば、掛けていた方がいいに決まってます。
殆どの住宅にはもしもの時に備えて火災保険は入っていますからね。

 

 

ですが、家の状態によっては保険会社の方で引き受けを拒否される可能性があります。
廃屋みたいな放ったらかしの家はまず無理でしょう。

 

 

今は空き家でも今後住む予定があるとか中古住宅として売却する予定があるなら引き受けてくれるかもしれません。
その際、いつでも住める状態になっていることが必要となります。

 

家屋だけでなく庭もしっかりと手入れがされていて、人が住居できる体をなしていれば住宅用物件として認定されることになります。

 

 

ただ、その判断は保険会社によって異なるようです。

 

空き家は原則的に対象にならないとする会社もありますし、引き受けてくれるとしても保険料がかなり高かったりします。

 

定期的に適切な管理がされているか、それとも1年に一度位しか訪問できないのかなども審査の対象になることでしょう。
家財道具や生活用品が備わっているかどうかなども審査されるでしょうね。

 

 

まあ、いずれにしても空き家は適切に管理をしなければいけないということです。

 

放ったらかしにすると家はどんどん傷んでしまいます。
人が常時住んでいない家はネズミや白蟻被害にもあってしまいます。

 

 

早晩、廃屋にまで朽ちていくことでしょう。
火災保険のためだけでなく、大事な資産を守るためや近隣に損害を与えないためにも日頃から適切な管理はしておきたいですね。


空き家の売却!まずは物件査定を依頼しよう

tohi


空き家を売却するには、まずは不動産業者に査定を依頼しましょう。
次は査定情報に基づいて売却を依頼する業者を選定することです。
できれば複数の業者に査定を出すことで正しい売り値をつけることができます。

ここでは管理人が選定した優良査定サイトを紹介しています。
査定サイトを上手に利用して一円でも高く空き家を売却してください。

> 厳選!おススメの査定サイトベスト3はこちら!


関連ページ

買主から値下げ交渉が入ったなら
物件によっては買主候補から値下げ交渉が入ることがあります。もし売りづらい物件を所有しているなら値下げ交渉には応じておきしょう。
空き家の7割がそのまま放置
国土交通省の調査によりますと全国で空き家の7割がそのまま放置されているとのこと。
権利証をなくしたが空き家は売れますか?
権利証を紛失したとしても所定の手続きを踏むことによって問題なく申請はできます。
相続物件の場合は相続登記を済ませておこう
売却する空き家が相続物件である場合には予め相続登記を済ませておくことが必要となります。
市況をみてベストなタイミングで空き家を売りたい
空き家を売るなら市況をみてベストなタイミングで売りたいと思っている人もいることでしょう。
空き家は時が経つほど売れにくくなる
空き家は時が経つほど売れにくくなっています。
空き家を売却したいと思ったらまずするべきこと
空き家を売却したいと思ったら以下のようなことを実行してください。
空き家の解体して売り出す場合の注意点
空き家を解体して更地にすれば売れやすくなります。
市街化調整区域にある空き家を売却する際の注意点
所有する空き家が市街化調整区域に建っている場合は売却が難しくなります。
空き家を個人間で売ることは可能?
空き家に限らず不動産の売買は個人間でも可能です。 不動産業者を通さずに個人間で売り買いする最大のメリットは仲介手数料が節約できることではないでしょうか。ですが、不動産の知識が全くない一般の人では個人間の不動産売買はまず不可能です。