空き家を個人に売る

空き家を個人間で売ることは可能か?

空き家に限らず不動産の売買は個人間でも可能です。
不動産業者を通さずに個人間で売り買いする最大のメリットは仲介手数料が
節約できることではないでしょうか。

 

 

確かに仲介手数料は不動産の売買に於いては最も高い費用負担となります。
たとえば、3000万円の家屋敷を売れば、(3000万円×3%+6万円)で96万円もかかることになります。

 

 

この手数料を浮かすために不動産業者を通さない売買を行おうとする人がいるかもしれません。
ですが、不動産の知識が全くない一般の人では個人間の不動産売買はまず不可能です。

 

一番のデメリットは売買後のトラブルです。
売買した後に家や土地に欠陥が見つかったら、売主はどう保証するかですね。

 

 

瑕疵担保責任は一切負わないという約束もできますが、買主がそれで納得してくれるかどうかです。
その場では納得していても、現実的に欠陥が見つかれば苦情を言ってくるのは目に見えています。

 

「欠陥を知っていたのではないか、隠していたのではないか」などを疑ってくるでしょう。
ですが、不動産会社が仲介に入れば売買契約書で明確な取り決めが行われるようになっています。

 

 

たとえば、中古住宅の売買は現況有姿での引き渡しが基本になっています。

 

瑕疵担保責任を付けたとしても2〜3ヶ月の短かな期間だけです。
それを契約書に明記して買手からも同意をもらうことになります。

 

 

買手にしても不動産会社が間に入っていれば無闇やたらに責任追求はできませんからね。
公に通じる契約書でしっかりと取り決めをしていれば法的にも堂々と自己が守られることになるのです。

 

もちろん、個人間でも契約書を作成すればそれは有効になります。

 

でも、どちらかの要求が強すぎると偏った契約内容にならざるを得ません。
どちらかが不利になってしまうことになるのです。

 

やはり、双方が合意できる契約内容は第三者が入ることで可能となります。
不動産売買の第三者となり得るのは不動産会社しかありません。

 

 

不動産業者の役割は契約書を交わすだけでない

 

また、不動産業者が間に入ればライフラインや法令上の制限などをしっかりと調査をして貰えます。
これらの調査は買い手の保護はもちろん、結局は売手に取っても不利益にならないような事項になり得るのです。

 

 

不動産の売買にはいろんな制限がかけられていて、簡単に売り買いできるものではありませんからね。
売ったのはいいけれど、建て直しが出来なかったり境界が曖昧だったりすれば、後々に問題が出てくることは眼に見えています。

 

 

以上のように空き家の個人間の売買は、売手にも買手にも双方のためにならないものです。
仲介手数料の金額など遥かに超えるほどの不利益を被ってしまう可能性が大です。

 

 

しかし不動産業者が入っていれば買手とのトラブルが起きても業者に責任を転嫁することも可能です。
しっかりと調査しなかった業者に責任があるからです。

 

 

実際に多くのトラブルにおいて不動産業者が責任を取らせられる裁判の判例も出ています。
不動産業者が仲介に入っていれば、あらゆるリスクを回避することができるのです。

 

くれぐれも個人間だけで売買することのないようにしてくださいね。

空き家の売却!まずは物件査定を依頼しよう

tohi


空き家を売却するには、まずは不動産業者に査定を依頼しましょう。
次は査定情報に基づいて売却を依頼する業者を選定することです。
できれば複数の業者に査定を出すことで正しい売り値をつけることができます。

ここでは管理人が選定した優良査定サイトを紹介しています。
査定サイトを上手に利用して一円でも高く空き家を売却してください。

> 厳選!おススメの査定サイトベスト3はこちら!


関連ページ

買主から値下げ交渉が入ったなら
物件によっては買主候補から値下げ交渉が入ることがあります。もし売りづらい物件を所有しているなら値下げ交渉には応じておきしょう。
空き家の7割がそのまま放置
国土交通省の調査によりますと全国で空き家の7割がそのまま放置されているとのこと。
権利証をなくしたが空き家は売れますか?
権利証を紛失したとしても所定の手続きを踏むことによって問題なく申請はできます。
相続物件の場合は相続登記を済ませておこう
売却する空き家が相続物件である場合には予め相続登記を済ませておくことが必要となります。
市況をみてベストなタイミングで空き家を売りたい
空き家を売るなら市況をみてベストなタイミングで売りたいと思っている人もいることでしょう。
空き家は時が経つほど売れにくくなる
空き家は時が経つほど売れにくくなっています。
空き家を売却したいと思ったらまずするべきこと
空き家を売却したいと思ったら以下のようなことを実行してください。
空き家の解体して売り出す場合の注意点
空き家を解体して更地にすれば売れやすくなります。
空き家に火災保険は必要か?
空き家には火災保険をかけておいた方がいいのか?もし、放火でもされたら大変な損害を被ってしまいますからね。
市街化調整区域にある空き家を売却する際の注意点
所有する空き家が市街化調整区域に建っている場合は売却が難しくなります。