空き家の対策

空き家対策は待ったなしの状態

空き家の対策は既に待ったなしの状態になっています。
売却するにしろ保持するにしろ、適切な対応がすぐにでも求められているのです。

 

 

ですが「どう対応したらいいのか分からない」という人も多いのではないでしょうか。
持ち家がこんなにも「お荷物」になるなんて昔なら思いもよらなかったですね。

 

 

そんな空き家をこれからどうしたらいいのかなど適切な対応策を紹介しています。
抜き差しならないうちに必要な措置を講じておきましょう。

 

空き家対策は待ったなしの状態記事一覧

空き家になってから1年くらいなら丁度いい売り時です。それほど建物は傷んでいないでしょうし、近隣にも迷惑はかけてはいない状態でしょう。空き家のデメリットを二つに絞ると、無人の建物は痛みが早い建物の荒廃によって近隣に迷惑を及ぼすこの二つが最も大きな空き家のデメリットとなります。当然ですが建物が痛むと価値が減少します。価値が減少すれば、いざ売却となると売値が下がってしまいます。それだけではありません。住...

全国的に空き家が大きな社会問題になっていますが、都内にある空き家は平成10年からほぼ横ばいで個人所有の長期不在、取り壊し予定の空き家は平成20年よりも減少しています。意外と思われるでしょうが、世間で騒がれているほど個人の空き家は増えていないのですね。需要がある地域なので、早めに売却なり賃貸にするなりの手段を講じてきた結果なのかもしれません。現在、都内にある空き家の数は82万戸。(平成25年時点)全...

田舎にあるぼろほろの空き家でも売る事が出来るのか?相続で引き継いだ家など田舎に物件を所有している人は少なからずいることでしょうね。自分では住むことのない家は早々に売却した方が金銭的にも精神的にも良いことは当然です。問題は売れる物件なのかどうかです。市街化調整区域に建っている物件だったら売ることは難しいです。不可能ではないけれど難しいのが現実です。ご存知のように日本の国土は市街化区域と市街化調整区域...

空き家を持っているが住む予定がないのでどう処分すればいいのか?賃貸に出して有効活用をしたいがどのような手続きがあるのか?売却したいが何から手をつければいいのか?相続人の間で処分方法で揉めているがどうすればいいのか?最近では空き家の問題が色々とクローズアップされてきて気が気でない人もいることでしょうね。税金が上がるだの行政代執行をされるなど、空き家を所有する人にとっては益々厳しい世の中になってしまい...

マンションの売却を検討しているが空き家にすべきか、それとも居住していても大丈夫か?どちらがより高く売れるのだろうか?それは売主さんの都合で決めていいです。売却のためだけに引っ越す必要はありませんし、次の住居が決まっていれば計画とおりに引越ししましょう。なぜなら、無理に空き家にしたからといって高く売れるものではないし、居住中だからといって売却が不利になるということもないからです。ここでいうマンション...

「空き家の固定資産税が6倍になると聞きましたがいつからですか?」こう思っている人も多いことでしょうね。いま、空き家がものすごい勢いで増えていて、社会問題になっています。2013年時点で全国の空き家は820万戸。空き家率で13.5%と過去最高を記録しました。(総務省「住宅・土地統計調査」による)7〜8件に1件の割合で空き家があることになります。更には、2018年には1080万戸、2023年には140...

空き家の売却はどこに頼むとより高く売れるのか?空き家を売却するには不動産会社に販売を委ねます。不動産会社は、依頼された物件を自社の買手に紹介したり、同業者に販売の協力を仰ぐわけです。「売却をどこに頼むか」という問題は、「どこの不動産会社に頼むか」と言い換えることができるのです。ではどのような不動産会社に空き家の売却を頼むといいのか?それは販売力のある会社に依頼することです。不動産会社といっても全国...

空き家を査定するには一括査定がすごく便利です。一括査定とは、字のごとく複数の業者に一括で査定に出して、その中から売却を依頼する業者を選ぶ方法です。わずが10年ちょっと前までは、複数の業者から査定を貰うには不動産会社を1件1件訪ねていかなければなりませんでした。その時間も手間も相当なものだったでしょうね。現実的には、そこまでする人はいなくて、最初に訪問した業者にそのまま査定も売却も依頼したものです。...

空き家を解体するなら補助金を利用しましょう。相談窓口は空き家が所在する自治体になります。空き家についての補助金は、国交省が定めた「空き家再生等推進事業」に基づいて各自治体が助成を行うものです。助成内容や助成額、条件などについては自治体によって異なりますので、空き家が存在している自治体にお問い合わせください。例えば、東京都荒川区では次のような助成事業を行っています。名称老朽空家住宅除去助成事業内容安...

2015年5月に空き家対策特別措置法が施行され、管理が適切でない所有者(特定空き家)には、固定資産税が6分の1になる「住宅用地の特例」が受けられなくなりました。これにより、税金が大幅に上がってしまうことになります。ただ、定期的に必要な管理を行っていて、近隣に人的、物的な被害を与えることがなければ、特定空き家にはならず税金も上がることはありません。全部の空き家が税金が上がるわけではないので心配には及...

実家が空き家になってしまい売りに出したが売れない、こんな悩みを抱えている人も多いことでしょう。そんな場合の対策法を紹介しておきます。実家の空き家が売れない主な原因人口の減少地域にある老朽化して人が住める状態ではない生活面で不便を感じさせる地域にある売出し価格が高すぎる不動産業者の営業力が弱いそれぞれに説明します。

国の空き家は現在8,195,600戸あり、住宅総数に占める割合は13.5%となっています。(平成25年土地建物統計調査より-国交省)国は空き家再生等推進事業に取り組み、居住環境を阻害し地域活性化を阻害している区域の不良住宅、空き家住宅の除却及び空き家の有効活用を行い居住環境の整備改善及び地域の活性化に資することにしました。このままでは、15年先には10軒に3軒が空き家になるという深刻な状況に対処す...

九州は日本列島で最も南西に位置する島であり周囲には幾つもの離島が存在する自然豊かな地域です。そんな九州ですが空き家問題は深刻で、各自治体で空き家情報を積極的に提供し移住者を募っているところです。そんな九州の空き家を売却する方法を紹介します。九州の空き家を売却するには、まず複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。...