空き家売却の相談

空き家売却の相談は何処へ?

2015年5月に空き家対策特別措置法が施行され、管理が適切でない所有者(特定空き家)には固定資産税が6分の1になる「住宅用地の特例」が受けられなくなりました。

 

 

税金が大幅に上がってしまうことになります。

 

 

ただ、定期的に必要な管理を行っていて近隣に人的、物的な被害を与えることがなければ特定空き家にはならず税金も上がることはありません。

 

 

全部の空き家が税金が上がるわけではないので心配には及びません。

 

 

ですが、定期的な管理といっても中々難しいこともあるでしょうね。
今後もその空き家に住む予定がなければ売却してしまうのが一番よい方法でしょう。

 

では、空き家を売却するときには何処に相談したらいいのか?

 


空き家売却の相談先と注意点

それは不動産会社に相談を持ちかけてください。
相談を持ちかけられた不動産会社は、まずはその空き家の売れる可能性を探ります。

 

 

売れると判断したなら次は物件査定をして市場での価値を求めます。
いくら位なら売却出来るのかなど詳しく見出すのです。

 

その査定額を基にして売手と相談しながら実際の売出し価格を決めるという流れになります。

 

 

では実際に何処の不動産会社に相談を持ちかけたらいいのか?
どのような感じの不動産会社なら信用が於けるのなどを説明します。

 

 

まず相談を持ちかける不動産会社は一社だけではいけません。

 

2〜3社は相談を持ちかけることです。
なぜ1社ではダメなのか?なぜ2〜3社でなければならないのか?

 

 

それは次ような理由からです。

 

  1. 信頼のおけそうな業者または担当者を選ぶため
  2. 査定が正しいか判断するため

 

信頼のおけそうな業者または担当者を選ぶため

 

昔から不動産業者は千三つ屋と呼ばれて、胡散くさい業種の代表格と言われていました。

 

バブル期には箸にも棒にもかからない僻地の土地を売りまくり、莫大な利益を上げていた会社もありました。

 

買い占めた土地を業者間で次々と転売して、意図的に土地の価格を釣り上げたりもしてきました。

 

売買契約書を何回か書くだけで膨大な利益を得てきた「土地転がし」をしてきたのも不動産業者です。

 

 

一般的なサラリーマンが真面目にあくせく働いている中、地上げや物上げで高額な歩合を簡単に貰ってきた不動産営業マンも沢山いました。

 

 

もちろん、上記のようなことはバブル期だけの話しですが、不動産業者にまつわる悪い噂は相変わらずに今に至るまで尾を引いているのです。

 

 

では現在ではどうなのか?相変わらず悪どいことで利益を上げているのか?

 

 

いえいえ、不動産の価値が低迷してからは上記のような業者や営業マンはほとんどが消え去っています。
今では真面目に仕事をしている人や会社が大部分です。

 

がしかし、ほんの一部の業者はお客さんよりも自社の利益を優先させて、法律を犯してでも営業している会社もあります。

 

 

つい最近でも大手の不動産会社が、宅建士の資格のないものに重要事項説明をさせていたという例がありました。
しかも2〜3年間も続けていたというのだから呆れるばかりです。

 

 

重要事項説明は必ず宅建士が行わなければならないと宅建業法で決められているのです。
バレなければ法を犯しても構わないという業界の甘えの構図が表れているのではないでしょうか。

 

そういうこともあり、不動産業界はまだまだ遅れていると言えますね。

 

 

以上のような理由から空き家の売却相談は一社だけではいけないということです。
複数の業者に相談をしてみて、その中から信用のおける業者を探してみてください。

 

 

査定が正しいか判断するため

 

査定が正しいかどうか判断するためにも複数の業者に相談することです。

 

 

例えば、一社のみに査定をお願いしたとします。
これだけですと、その査定が本当なのか間違っているのか判断出来ませんよね。

 

相場よりも低く売られてしまったら売主としては大損をしてしまいます。

 

 

通常、物件の売出し価格は査定額を参考にして決められます。
査定額そのままを売出し価格に設定することも普通にあることです。

 

売出し価格が相場よりも低ければ、早くは売れるでしょうが売主にとっては損をする取引になります。

 

 

なぜ、業者は相場よりも低く売ってしまうのか?
高く売れば仲介手数料もそれに連れて高くなるのに何故わざわざ安く売ろうとするのか?

 

 

それは早く利益を確保したいためです。

 

例えば、1年後の30万円よりも1ヶ月後の10万円の方が価値があると判断しているのです。
そして資金の回転を早くして運転資金として経営を維持しているのです。

 

 

不動産業者の収入は仲介した案件が契約に至って初めて貰えるものです。
どんなに頑張っても契約に至らなければ1円のお金にもなりません。

 

フルコミッションの営業マンと同じ立場にいるわけです。

 

 

定期的な管理料が入ってくる賃貸専門の不動産会社もありますが、世の大部分の不動産会社は売買仲介の専門です。

 

当然ですが、不動産売買なんてそう頻繁にあるものではありません。

 

 

最近では新規の不動産屋もどんどん出店しているので業者間の競争も激しくなってきています。

 

そんな状況の中では、ひと月に何十件もの仕事が入り込むということは滅多にありません。
(もちろん大手の会社はそれなりの仲介数をこなしていますし、実力のある業者にはどんどん仕事が舞い込んでいます。)

 

 

つまり、不動産業者にも格差があって、やっと経営をしているような業者は一刻でも早く手数料が欲しいという状態です。

 

これが不動産業者が相場よりも低く査定を見積って早く売却しようとする理由です。

 

 

ですので、空き家の売却で不動産業者に相談する時には複数の会社に相談をして複数の査定を取り寄せてみてください。
そうすれば、本当の正確な相場を知ることができて、損をする売却も回避することができます。

 

空き家の売却相談|まとめ

以上のようなことから、空き家を売却する際には必ず複数の不動産業者に相談を持ちかけてください。

 

そして全部の業者から見積り(査定)を取ることです。

 

 

これさえ、実行すれば
1.信頼のおけそうな業者を選択できる
2.正しい査定額が把握できる

 

その結果高値で納得のいく売却できるということです。

 

 

ぜひ、面倒がらずに複数の不動産業者に相談を持ちかけて、しっかりとした信用のおける業者を選んでください。

 

もし、複数の不動産会社を訪ねるのが難しければ、一括査定サイトを利用してみるのもいいでしょう。
一括査定サイトは複数の不動産会社から一括して査定を取り寄せることができるたいへん便利なサイトです。

 

 

家から一歩も出ずに利用できるので、 忙しいサラリーマンの人や主婦の人でも気軽に利用することができます。
その際に担当者の選定もしましょう。

 

 

現地査定に訪れた時や査定書の説明を受けている時などを見計らって、担当する営業マンの態度や話し方、
信用度や好感度などをしっかりと観察することです。

 

 

面白いことに担当者のレベルが随分と違うことが見て取れます。

 

経験や知識も十分にあって、頼もしく見える営業マンもいれば、何を聞いてもまともな返事さえ返ってこない頼りない営業マンもいることでしょう。

 

 

宅建士や建築士、ファイナンシャルプランナーなどの資格を所持している営業マンと何の資格もないない営業マンも訪れることでしょう。

 

 

資格があるから信用できるという訳ではありませんが、資格を所持している人は少なくてもプロとして真剣に業務に就いていると評価はできます。

 

それに資格を所持している人が不正を働くと資格を剥奪されてしまうので、敢えて自ら不正を働こうとはしないものです。

 

そういう視点からも資格を持っている営業マンは持っていない営業マンよりも信用度は高いと判断されることでしょう。

 

 

もちろん、どこの業者に頼むか、どの営業マンに頼むかは売手さんが判断することです。
単に好感が持てたので依頼するという理由でもいいでしょう。

 

好感が持てたということは相性が良いということです。

 

 

空き家の売却は時として長期戦になることも予想されます。
そんな状況では担当の営業との相性は良いほうが当たり前ですからね。

 

 

いずれにしても不動産業者選びと担当者選びは空き家の売却の第一歩です。
ぜひとも手を抜くことなく慎重に事に当たりましょう。

 

空き家の売却!まずは物件査定を依頼しよう

tohi


空き家を売却するには、まずは不動産業者に査定を依頼しましょう。
次は査定情報に基づいて売却を依頼する業者を選定することです。
できれば複数の業者に査定を出すことで正しい売り値をつけることができます。

ここでは管理人が選定した優良査定サイトを紹介しています。
査定サイトを上手に利用して一円でも高く空き家を売却してください。

> 厳選!おススメの査定サイトベスト3はこちら!


関連ページ

空き家になってから1年位なら丁度いい売り時
空き家になってから1年くらいなら丁度いい売り時です。
東京都の空き家が大変なことになっている?
都内にある空き家は平成10年からほぼ横ばいで個人所有の空き家は意外にも平成20年よりも減少しています。
田舎のボロボロの空き家でも売れますか?
田舎にあるぼろほろの空き家でも売る事が出来るのか?
空き家のお悩みは相談窓口へ
最近では空き家の問題が色々とクローズアップされてきて気が気でない人もいることでしょうね。税金が上がるだの行政代執行をされるなど、空き家を所有する人にとっては益々厳しい世の中になってしまいました。では、そのような空き家の悩みはどこに相談したらいいのか?
マンションを売却するなら空き家にすべき?
マンションの売却を検討しているが空き家にすべきか、それとも居住していても大丈夫か?
空き家の固定資産税が6倍に!いつから?
「空き家の固定資産税が6倍になると聞きましたがいつからですか?」その実情はこうです。
空き家の売却はどこに頼むと高く売れるか?
「売却をどこに頼むか」という問題は、「どこの不動産会社に頼むか」と言い換えることができます。
空き家の査定は一括がすごい便利
空き家を査定するには一括査定がすごく便利です。
空き家の解体は補助金を利用しよう
空き家を解体するなら補助金を利用しましょう。相談窓口は空き家が所在する自治体になります。
実家が空き家に!売れない時の対策法
実家が空き家になってしまい売りに出したが売れない、そんな場合の対策法を紹介しておきます。
国の空き家を売却する方法
国の空き家は現在8,195,600戸あり、住宅総数に占める割合は13.5%となっています。そんな国にある空き家を売却する方法を紹介します。
九州の空き家を売却する方法
九州は日本列島で最も南西に位置する島であり周囲には幾つもの離島が存在する自然豊かな地域です。