空き家売却どこに頼む

空き家の売却はどこに頼む?

空き家の売却はどこに頼むとより高く売れるのか?

 

空き家を売却するには不動産会社に販売を委ねます。

 

不動産会社は、依頼された物件を自社の買手に紹介したり、同業者に販売の協力を仰ぐわけです。

 

「売却をどこに頼むか」という問題は、「どこの不動産会社に頼むか」と言い換えることができるのです。

 

 

ではどのような不動産会社に空き家の売却を頼むといいのか?

 

 

それは販売力のある会社に依頼することです。

 

 

不動産会社といっても全国展開している大会社から個人で経営している自営業者までピンからキリまであります。

 

ここではっきりと言えることは、大会社だからといって販売力があり、零細会社だからといって販売力がないということではありません。

 

零細会社でも地元に密着していて、顧客満足度の高い営業をしている業者はたくさんあります。

 

不動産という特性上、その地域に詳しい業者のほうが顧客のためには有利になることは結構あるのです。

 

また長年、地元で営業していれば顧客も多く抱えていることもあるし、その地元での業者間ネットワークも強固なものを持っているものです。

 

特に地方に空き家がある場合には、地元の業者のほうが有利に売却してくれることでしょう。

 

 

もちろん、大手会社が良くないというわけではなく、地方で営業している業者は地域需要を熟知しているので、どちらかと言うと大手より有利な立場で売却してくれるということです。

 

 

あなたの所有または管理している空き家が地方や僻地にあるなら、その地元の不動産会社に頼むようにしましょう。

 

 

その不動産会社が良心的な業者なら正直に売れるか売れないかを教えてくれます。

 

売れる物件だったらいくら位なら買手が現れるのかも答えてくれることでしょう。
需要の程度を正確に把握しているからこその返答ですね。

 

 

では、大手の業者には頼まないほうがいいのか?
売り手のなかには、大手信仰というか大手会社しか信用していないという御仁もいますからね。

 

 

どうしても大手に頼みたいという売手は、担当者視点で選ぶといいです。

 

大手でも担当者によっては、その地域に詳しい営業マンがいます。
その地域出身だったり、現に住んでいたりする人もいますからね。

 

 

その営業マンが経験豊富な人だったら、需要を正確に見る目もあるでしょうし、買手候補となる顧客を数人抱えているかもしれません。

 

 

不動産に限らず、優秀な営業マンというのは沢山の見込み客を持っているものです。
見込み客が10人もいれば、その中から空き家を買う人が現れる確立も高くなるというわけです。

 

 

ですので、大手の会社に空き家の売却を依頼するには、担当となる営業マンの実力のほどを見極めるようにしましょう。

 

 

地元に根付いた零細業者は代表者自らが営業を担当しているので、会社の実力は営業マンの実力として判断できますが、大手会社では担当者レベルでの判断が特に重要となってきます。

 

 

一方で、首都圏や地方都市に空き家がある場合には大手の業者のほうが有利に売却してくれることでしょう。

 

大手の業者には零細にない宣伝力があります。

 

 

もともと需要がある首都圏の物件ならば、多くの買手候補の目にふれたほうが需要者競争が働いて売値がつり上がっていきます。

 

多くの買手候補に物件を周知させるには、あらゆる手段の広告を打たねばなりません。
自社HPはもちろん、不動産情報ポータルサイト、物件情報誌など。

 

 

このような媒体に物件広告を載せるには多くの広告費が必要となります。
多額の広告費を計上できるのは大手会社ならではのことですからね。

 

 

以上のように空き家の売却で、どこに頼もうかと悩んだなら、地方では地元の業者、都市部ならば大手の業者というように使い分ければいいでしょう。

 

その際には担当する営業マンの素質も見分けるようにすればより高く売れる可能性があります。

 


不動産業者の専門分野にも気をつけよう

空き家の売却の際には不動産業者の専門分野も見分けることが必要です。

 

一概に不動産業者といっても、それぞれに専門分野があるものです。

 

 

たとえば、大きく分けて次のような分野があります。

開発分譲業者

自社で土地の開発から建物の建設、販売までを一貫して行っている業者。
資金力と技術力のある大手の建設会社、不動産会社が取り扱っています。

 

(実際には設計、施工、販売で会社が異なっていることが多いですが、ほとんどのケースで資本の繋がりがあります)

媒介業者

仲介業務を専門に行っている業者。
中には分譲住宅を扱っている業者もいますが業務の主力は仲介業務です。

 

仲介でも賃貸物件中心の業者と売買中心の業者がいます。
両方とも扱っている業者もいますが、どちらか一方が主力になっている業者がほとんどです。
大手から中小まで幅広い会社が多いのが特徴です。

再販業者

市場に出回っている中古物件を仕入れたり、競売物件を落札して再販売する業者です。
ある程度の資金力のある中規模の業者が多いのも特徴です。

 

空き家を売却するのに対象となる業者は媒介業者になりますが、大規模な分譲住宅やマンションなどは販売元である開発分譲業者に依頼しても大丈夫です。

 

販売主ならではの情報網もあるでしょうし、ブランド力を維持するために高く売ってくれる可能性もあります。

 

その他の普通の物件ならば、媒介業者に任せるようにしましょう。

 

もちろん、媒介業者は売買専門にしている業者に任せるようにしましょう。

 

 

 

では、どうやって媒介業者を探せばいいのだろうか?

 

一つの方法として、不動産の売却一括査定サイトを利用することです。

 

 

インターネットでウェブサイトをご覧になる人は一度は目にしたことがあるでしょう。

 

 

不動産一括サイトは、ウェブ上で複数の不動産業者に査定を出して、その中から媒介を依頼する業者を選び出すことができる大変便利なサイトです。

 

ご自分で複数の不動産会社を回るなんて大変なことですし、電話での問い合わせも何だか気が引けますからね。

 

 

そうでなくても不動産屋は海千山千の得体の知れない職種です。
そのイメージは昔ほどではないにしろ、まだまだ胡散臭い業界という思いを多くの人が持っていることでしょう。

 

 

そこで便利に活用できるのが不動産売却一括査定サイト。

 

売却一括査定サイトは、運営媒体が予め業者を選別していて評判の悪い業者は排除してあります。

 

つまり優良不動産業者のみが一括サイトに登録されているのです。

 

 

これで悪徳業者に出会わなくても済むので安心できるのではないでしょうか。

 

都市圏、地方部に関わらず優良業者のみが登録されているので、効率よく媒介業者を探せることになるのです。

 

不動産売却一括査定サイトの利点は、査定額を知ることのみならず、予め業者を選別しているということですね。

 

 

一括査定サイトを利用することで、媒介業者を探す手間が省けますし、その後の売却も安心して任せられることになります。

 

 

10数年前でしたら、売主自らの足で媒介業者を探さねばならなかったので、その手間は大変だったことでしょう。

 

更にいうと、やっと探し出せた業者が悪徳業者だったとしたら悲惨な目にあってしまいますよね。

 

もっと高く売れるはずの物件を安く売られてしまったり、両手取引を企てられて長期間待たされたりする危険性もあります。

 

そういう危険性も一括査定サイトならかなりの確立で回避できることでしょう。

 

 

以上のように、媒介業者を探すには、一括査定サイトを積極的に利用しましょう。
きっと満足のいく空き家の売却を成約できることでしょう。

 


空き家の売却!まずは物件査定を依頼しよう

tohi


空き家を売却するには、まずは不動産業者に査定を依頼しましょう。
次は査定情報に基づいて売却を依頼する業者を選定することです。
できれば複数の業者に査定を出すことで正しい売り値をつけることができます。

ここでは管理人が選定した優良査定サイトを紹介しています。
査定サイトを上手に利用して一円でも高く空き家を売却してください。

> 厳選!おススメの査定サイトベスト3はこちら!


関連ページ

空き家になってから1年位なら丁度いい売り時
空き家になってから1年くらいなら丁度いい売り時です。
東京都の空き家が大変なことになっている?
都内にある空き家は平成10年からほぼ横ばいで個人所有の空き家は意外にも平成20年よりも減少しています。
田舎のボロボロの空き家でも売れますか?
田舎にあるぼろほろの空き家でも売る事が出来るのか?
空き家のお悩みは相談窓口へ
最近では空き家の問題が色々とクローズアップされてきて気が気でない人もいることでしょうね。税金が上がるだの行政代執行をされるなど、空き家を所有する人にとっては益々厳しい世の中になってしまいました。では、そのような空き家の悩みはどこに相談したらいいのか?
マンションを売却するなら空き家にすべき?
マンションの売却を検討しているが空き家にすべきか、それとも居住していても大丈夫か?
空き家の固定資産税が6倍に!いつから?
「空き家の固定資産税が6倍になると聞きましたがいつからですか?」その実情はこうです。
空き家の査定は一括がすごい便利
空き家を査定するには一括査定がすごく便利です。
空き家の解体は補助金を利用しよう
空き家を解体するなら補助金を利用しましょう。相談窓口は空き家が所在する自治体になります。
空き家売却の相談は何処にすればいい?
空き家を売却するときには何処に相談したらいいのか?
実家が空き家に!売れない時の対策法
実家が空き家になってしまい売りに出したが売れない、そんな場合の対策法を紹介しておきます。
国の空き家を売却する方法
国の空き家は現在8,195,600戸あり、住宅総数に占める割合は13.5%となっています。そんな国にある空き家を売却する方法を紹介します。
九州の空き家を売却する方法
九州は日本列島で最も南西に位置する島であり周囲には幾つもの離島が存在する自然豊かな地域です。