東京都の空き家売却

東京都の空き家を売却するには

 

東京都には現在、82万戸の空き家があり、11.1%という高い空き家率を有しています。

 

空き家数 空き家率
82万戸 11.1%

 

このうちの2割はすでに腐朽していて破損箇所も著しく危険極まりない状態になっています。
残り8割の空き家も年を追うごとに老朽化していき、危険な空き家はどんどん増えていくことでしょう。

 

利用価値のない空き家は誰からも見向きもされなくなり、売るに売れない状況になることは目に見えています。
ですので、利用価値のあるうちに売却した方が得策であることは間違いありません。

 

このカテゴリーでは、そんな東京都にある空き家を売却する方法を紹介していきます。

 

東京都の空き家を売却する方法記事一覧

足立区では、現在35,000戸の空き家があり、9.7%という高い空き家率を有しています。空き家数では、区市町村別で大田区、世田谷区、江戸川区、練馬区に続いて5番目に高くなっています。(*平成25年住宅土地統計調査 総務省)また、足立区は2010〜2025年までの人口減少率が全国でワースト5に入るなど将来的にもますます空き家が増えていくことが予想されます。そんな足立区の空き家を売却するには、複数の不...

八王子市は現在28,980戸の空き家があり、その割合は10.3%にも上っています。八王子市は「空き家利活用促進整備補助金」の助成など積極的に空き家対策を推進していますが、10%越えの高い空き家率は変わらずに推移している状況です。そんな八王子市の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に...

東村山市は現在700件の空き家があり、そのうちの91戸が周辺地域に悪影響を及ぼしかねない問題のある空き家と判定されました。空き家率も9.9%と10%の大台に届きそうな状況で今後の取り組みに期待されるところです。そんな東村山市の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業者の言うが...

町田市は現在17,000戸もの空き家があり、その率は7.7%と市区町村で最も低い数値になっています。今後の空き家対策も期待していきたいものです。そんな町田市の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業者の言うがままに売却してしまい、後になってから「もっと高く売れたのに…」と後悔...

豊島区は現在3万戸の空き家があり、その率は15.8%と都内ではトップの数値を示しています。都内23区で唯一、消滅可能都市として不名誉な指摘をされたのもこの豊島区です。早急な人口増加対策や地域活性化対策が望まれるところです。そんな豊島区の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業...

千代田区は現在4,000戸の空き家があり、その率は13.3%にも上っています。空き家数は少ないものの率では東京都平均の11.1%を上回っています。そんな千代田区の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業者の言うがままに売却してしまい、後になってから「もっと高く売れたのに…」と...

中央区は現在1万戸の空き家があり、その率は10.6%という値になっています。東京都の空き家率の11.1%をかろうじて下回っている状況です。そんな中央区の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業者の言うがままに売却してしまい、後になってから「もっと高く売れたのに…」と後悔してし...

目黒区は現在15,000戸の空き家があり、割合では9.8%という10%の大台に後一歩という状況にあります。そんな目黒区の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業者の言うがままに売却してしまい、後になってから「もっと高く売れたのに…」と後悔してしまう人が少なからず存在しています...

台東区は現在11,000戸の空き家があり、その割合は9.7%にも及んでいます。そんな台東区ですが「空き家活用モデル事業」を実施するなど積極的に空き家対策を行っています。台東区の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業者の言うがままに売却してしまい、後になってから「もっと高く売...

福生市には現在4,000戸の空き家があり、その割合は12.7%にも上っています。空き家数では比較的少ないほうですが、空き家率では12.7%と区市町村では多い方に分類されます。そんな福生市の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業者の言うがままに売却してしまい、後になってから「...

杉並区の空き家数は36,000戸と練馬区と並んで4番めに高くなっています。空き家率も10.5%と高い数値を示しているので今後の対策を待ちたいところです。そんな杉並区の空き家を売却する方法を紹介します。杉並区の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業者の言うがままに売却してしま...

江戸川区の空き家は現在38,000戸で大田区、世田谷区に続いて3番目に高くなっています。空き家率も10.9%と10%越えの高い数値を示しています。今後の空き家対策に期待したいところです。そんな江戸川区の空き家を売却する方法を紹介します。江戸川区の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際...

大田区の空き家数は62,000戸と区市町村でトップの数値を有しています。また空き家率も14.8%と豊島区に続いて2番目になっており、ダブルワースト1をかろうじて免れているという状況です。今後の対策を大いに期待したいところです。そんな大田区の空き家を売却する方法を紹介します。大田区の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えている...

杉並区にある高円寺は現在30戸の空き家があり、そのほとんどが一戸建てになっています。また空き家率では0.5%と低い数値を示しているので、これ以上の悪化は是非とも防ぎたいところです。そんな高円寺の空き家を売却する方法を紹介します。高円寺の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業...

墨田区では現在、16,000戸の空き家があり、率では11.6%と10%越えの高い数値を示しています。今後の対策を期待したいと思います。そんな墨田区の空き家を売却する方法を紹介します。墨田区の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業者の言うがままに売却してしまい、後になってから...

世田谷区の空き家数は53,000戸と大田区に続いて2番目に高くなっています。空き家率も10.4%と10%の大台を突破しているので今後の対策に期待したいところです。そんな世田谷区の空き家を売却する方法を紹介します。世田谷区の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業者の言うがまま...

武蔵野市の空き家数は12,000戸と豊島区、大田区に続いて3番目と高くなっています。空き家率も14.1%とかなり高い数値なので今後の対策に期待したいところです。そんな武蔵野市の空き家を売却する方法を紹介します。武蔵野市の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業者の言うがままに...

奥多摩町は現在1,500戸あまりの空き家があり、その率は15%を超えている状況です。早急な空き家対策が望まれるところです。そんな奥多摩の空き家を売却する方法を紹介します。奥多摩町の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業者の言うがままに売却してしまい、後になってから「もっと高...

特別区の空き家は現在60万戸弱、住宅総数に占める割合では11.3%という数字になっています。その7割が賃貸物件であり空き家数の増加を押し上げる要因となっている状況です。そんな特別区の空き家を売却する方法を紹介します。特別区の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業者の言うがま...

新宿区には現在29,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は12.6%と都内平均の11.1%を1ポイント以上上回っている状態です。(平成25年土地建物統計調査/総務省)より都心5区では、千代田区の25.8%、中央区の25.4%、渋谷区の13.7%に続いて4番目に位置しており、決して低い数値ではないと言えます。区の調査によりますと、このうち老朽化や損傷が著しい「特定空き家」予備軍とも言われる建...

品川区には現在26,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.4%と都内平均の11.1%を若干上回っている状態です。(*平成25年土地建物統計調査/総務省)より城南地区内(世田谷区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区)では、世田谷区に続いての低い数値ですが、特別区平均よりも少し高くなっています。品川区では、平成28年7月より、空き家に関する専用相談窓口である「空き家ホットライン」を開設して...

港区には現在17000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は12.9%と都内平均の11.1%を1.8ポイントも上回っている状態です。(平成25年土地建物統計調査/総務省)より港区は、賃貸物件以外の空き家率が高くなっているのが一つの特徴です。(23区の空き家は賃貸物件が全体の52%)都心3区では、千代田区、中央区、港区の順に賃貸物件以外の空き家率が高くなっています。これは、大小問わず至る場所で都市...

現在、文京区には13,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は10.0%と都内平均の11.1%を1ポイントあまり下回っている状態です。(平成25年土地建物統計調査/総務省)より文京区は東京23区の中心部にあり、東京ドームや東京大学などが立地した都心の一等地です。しかし、古くからの街並みも数多く残り、現行法下では新たに建物が建てられないなどの弊害も生じています。そのため区では、空き家等対策事業...

現在、江東区には20,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は7.8%と都内では町田市に続いて2番目に低い数値になっています。(平成25年土地建物統計調査/総務省)より割合が低いといっても空き家数自体は決して少なくない数なので、今後の取り組みに期待をしたいところです。そんな江東区の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違え...

渋谷区には現在17000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は12.1%と都内平均の11.1%を1ポイントほど上回っている状態です。(平成25年土地建物統計調査/総務省)より渋谷区の住宅戸数は平成15年以降は増加を続け、それに伴い空き家率も平成15年には11.2%、平成25年には12.1%と増加の傾向を示しています。渋谷区は「安全・安心でやさしいまちづくり条例」を制定して、青少年から高齢者、障害...

中野区には現在29,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は13.7%と23区では3番目に高い数値を示しています。(平成25年土地建物統計調査/総務省より)これは賃貸住宅が空き家の82%を占めていて、全体の空き家数を大きく押し上げている要因となっています。都市防災や住環境面からみて、有効な空き家対策が求められているところです。そんな中野区の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼す...

北区には現在20,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は10.5%と都内平均の11.1%を若干下回っている状態です。(平成25年土地建物統計調査/総務省)より北区は「空家等対策の推進に関する特別措置法」に基づき、空家対策を総合的かつ円滑な運用をはかるため、平成29年度に北区空家等対策計画を作成しました。また、「空家等対策の推進に関する特別措置法」の適正かつ円滑な運用を図るために「東京都北区...

荒川区には現在11,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は10%と都内平均の11.1%を1ポイントほど下回っています。(平成25年土地建物統計調査/総務省)より荒川区の現地調査によると、空き家比率が高い地域は町屋、南千住、荒川、東日暮里の順となっています。種別としては、集合住宅を除いた一戸建てが空き家のほとんどを占めているのが特徴です。そんな荒川区の空き家を売却するには、複数の不動産会社に...

板橋区には現在35,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.4%と都内平均とほぼ同率になったいます。(平成25年土地建物統計調査/総務省)より板橋区は、平成25〜26年に行った老朽建築物判定により相当数の老朽家屋を発見したことによって、適切な情報提供や啓発を行ない区内の安全で快適な生活を目指す取り組みを始めました。詳しくは本庁の「都市整備部建築指導課監察グループ」にお問合せください。そ...

練馬区には現在36,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は9.5%と都内平均の11.1%を1ポイント以上下回っています。(平成25年土地建物統計調査/総務省より )練馬区では、空家等の問題を解決し、区民の良好な生活環境を確保することを目指した「練馬区空き家等対策計画」を平成29年2月に策定しました。本計画では、区内の空家の所有者への意識啓発や助言、不適切な管理の空家の未然防止、空き家の有効...

葛飾区には現在25,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.1%と都内平均と同率になっています。葛飾区は平成28年3月3日に「空家対策特別措置法」に基づき、全国初となる行政代執行による放置空き家の除却作業を実施しました。この様子は、テレビ放映や全国紙に大々的に掲載されて大きな話題になりました。このことは空き家を保有している多くの所有者に衝撃を与えたことでしょう。空き家を放置していると、...

青梅市の空き家は現在8,000戸、住宅総数に占める割合は12.2%と前回調査よりも(空き家6,160戸、空き家率10.5%)増加しているのが現状です。(平成25年土地住宅統計調査/総務省より)青梅市は、空き家の有効活用と地域の活性化のため、市内民間事業者団体の協力のもと「青梅市空家バンク」制度を始めました。空き家の売却や賃貸を希望する所有者の方は、お気軽に市住宅課までお問い合わせください。そんな青...

昭島市は東京都の多摩地区にある市で、立川市や福生市、八王子市に隣接する人口11万人あまりの地域です。都市再生機構の昭島つつじヶ丘団地や都営の昭和郷団地、拝島団地などの大型団地が存在しています。そんな昭島市ですが、現在6,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.7%と東京都の平均より若干上回っている状況です。(平成25年土地家屋統計調査/総務省)そんな昭島市の空き家を売却する方法を紹介し...

小平市は東京都の多摩地域北部にある、人口191,000人あまり、約9万の世帯数がある市です。隣接する自治体には、西東京市、東久留米市、東村山市、東大和市立川市、国分寺市、小金井市があります。小平市は現在、11,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.6%と東京都の平均(11.1%)を若干上回っている状況です(『平成25年住宅・土地調査 特別集計』総務省統計局より)そんな小平市の空き家を...

国立市は総面積8.15?のコンパクトな地形に対し、人口74,000人と全国の市では18番目に高い人口密度があります。住民の市への帰属意識も高く、80%を超える市民が今後も住み続けていきたいと答えています。その理由の一つに「街並み、景観が美しいから」「自然環境に恵まれているから」が多くあります。確かに国立市は、緑や公園が多く、落ち着いた住宅地が広がり、文化的な香りがする地域でもあります。不動産住宅ポ...

狛江市は現在5,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.5%と東京都平均を若干上まわっている状況です。狛江市は、空き家等に関する施策を推進し、望ましい住環境づくりを推進するため、「狛江市空家等対策推進協議会準備会」を設置、空家対策計画の策定、適正な管理に関する条例策定、その他空家対策の施策に関することの協議を進めています。空き家についての相談は、「市役所 都市建設部 まちつくり推進課」...

清瀬市は、東京都の多摩地域北東部にあり、面積は10.23平方キロメートル、総人口は75,000人あまりの市です。隣接自治体は、東村山市、東久留米市、埼玉県の新座市、所沢市があります。現在4千戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は9.9%と都内平均は若干下回っている状態です。(平成25年土地住宅総合調査/総務省による)そんな清瀬市の空き家を売却する方法を紹介しています。清瀬市の空き家を売却するには...

武蔵村山市は、東京都の多摩地域北部で武蔵野台地の西に位置し、狭山丘陵を挟んで埼玉県と接している市。隣接する自治体は、東に東大和市、北に埼玉県所沢市、西に西多摩郡瑞穂町、福生市があり、現在、居住者人口は66,368人、31,000の世帯があります。そんな武蔵村山市ですが、現在3,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.5%、空き家率は東京都平均の11.1%を若干上まわっている状態です。(...

稲城市の空き家は現在3,000戸、住宅総数に占める割合は8.5%と東京都の平均(11.1%)を大きく下回っています。空き家率は市町域では町田市、瑞穂町に次いで3番目に低い率となっています。(平成25年住宅土地統計調査/総務省)より今後の施策にも期待したいと思います。稲城市の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判...

あきる野市の空き家は現在4,000戸、住宅総数に占める割合は10.5%と都内平均を下回り、概ね良好といえる状況を維持しています。あきる野市では「定住促進と空き家対策」の取り組みの一環として、市内全域の戸建て住宅を中心とした空き家調査を実施、所有者等の意向把握など空き家対策を検討し空き家を発生させない方策の検証を実施しています。そんなあきる野市の空き家を売却する方法を紹介します。あきる野市の空き家を...

立川市は現在9,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は10.8%と東京都の平均(11.1%)を若干下回っている状況です。(平成25年土地建物統計調査/総務省)立川市は「立川市特定空き家等の適正管理に関する条例」を制定し、市域に所在する空き家、及び特定空き家の適正な管理に関し必要な事項を定めました。これにより犯罪や火災、事件事故等の発生を防止するとともに良好な生活環境の確保を図り、市民が安心...

三鷹市は空き家に関する取り組みの一環として、所在不明の空き家状況や所有者情報を調査したのち、所有者に家屋・敷地の適正な管理をお願いしています。その結果6割以上の空き家で、所有者による樹木の刈り込みや雑草の処理、家屋の修繕などがなされ状況が改善されました。そんな三鷹市ですが、現在11,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.1%と東京都の平均と同率になっています。今後の対策にますます期待...

府中市の空き家は現在15,000戸、住宅総数に占める割合は12%と都の平均を若干上回っている状況です。(平成25年住宅土地統計調査/総務省)より府中市では空き家のことで困っている人に向けて相談窓口を開設しています。府中市で空き家を所有している方、または近隣の空き家で困っている方は、市役所の「生活環境部 環境政策課 管理係」へ相談ください。以下では府中市の空き家を売却するいちばん確かな方法を紹介しま...

調布市は現在15,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.9%と都平均を少し上回っている状況です。そんな調布市の空き家を少しでも高値で売却する方法を紹介します。調布市の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業者の言うがままに売却してしまい、後になってから「もっと高...

解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」小金井市は現在8,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.8%と都の平均を若干上回っている状況です。(平成25年土地建物統計調査/総務省)小金井市は、空き家問題を地域の力による解決を目指し、不動産、建築、法律等の専門家団体等との連携により、空き家を所有される方に向けた相談対応等を行っています。詳しくは市の「まちづくり推進課住宅係」へ...

日野市では現在12,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は12.8%と都の平均を1ポイントほど上まわっている状況です。(平成25年土地建物統計調査/総務省)日野市では、平成27年5月に「空家対策特別措置法」が全面施行されたのに伴い、空き家相談に関する窓口を設置、情報の一元管理、情報共有を可能としました。現在、空家の取り扱いで悩んでいる方、または近隣の空家で迷惑を被っている方は市役所内まちづ...

国分寺市の空き家は現在8,000戸、住宅総数に占める割合は12.1%と都の平均(11.1%)よりも1ポイントほど高くなっています。(平成25年住宅土地統計調査/総務省より)国分寺市では平成29年4月より、一戸建ての空き家を地域の資源として有効に活用し、地域活性化を図ることを目的に「国分寺市空き家バンク」を始めました。(国分寺市公式HPより)空き家の所有で悩んでいる人や空き家を利用したいと考えている...

現在、東大和市の空き家は5,000戸、住宅総数に占める割合は11.9%と都平均よりも若干高くなっています。(平成25年:住宅土地取引統計調査より/総務省)そんな東大和市の空き家を出来るだけ高く売却する方法を紹介します。東大和市の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。実際に不動産業者の言う...

東久留米市では「空き家・空き地」を地域の資源として捉え、地域の活性化・コミュニティを生み出すことで「空き家・空き地」問題の解消に取り組んでいます。先進的な取り組み事例として大きな反響を呼び、全国の自治体や自治会が視察に訪れています。今後のますますの取り組みに期待したいところです。そんな東久留米市ですが、現在5,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は9.2%と都内平均の11.5%を下回ってい...