小平市の空き家売却

小平市の空き家を売却する一番確かな方法

小平市は東京都の多摩地域北部にある、人口191,000人あまり、約9万の世帯数がある市です。

 

隣接する自治体には、西東京市、東久留米市、東村山市、東大和市立川市、国分寺市、小金井市があります。

 

 

小平市は現在、11,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.6%と東京都の平均(11.1%)を若干上回っている状況です
(『平成25年住宅・土地調査 特別集計』総務省統計局より)

 

そんな小平市の空き家を売却する方法を紹介しています。

 

 

小平市の空き家を売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼することです。

 

一社だけの査定では、その査定額が正しいのか間違えているのか、判断のしようがありません。

 

実際に不動産業者の言うがままに売却してしまい、後になってから「もっと高く売れたのに…」と後悔してしまう人が少なからず存在しています。

 

 

空き家に限らず不動産の売却は、業者に任せっぱなしではいけません。
少しの損が数百万円も影響してくるのですからね。

 

 

空き家を売却する際には、複数の不動産会社に査定を依頼して、相場を把握することが大事です。
その相場から適正な売出価格を決めて売却すれば、まず損をすることはありません。

 

そのためにも小平市の空き家売却は、必ず複数の不動産会社から査定を取り寄せるようにしましょう。

 

 

複数の査定を取り寄せなければならない具体的な理由

 

もし、1社だけの査定としたら、その査定額が市場価格より高いのか低いのか分かりません。
空き家の売却は市場価格より高くても低くてもどちらでもいけないのです。

 

 

高くては売却の機会を逃すことになりますし、低くては損をしてしまうことになります。
適正な価格だからこそ、損することなく素早い売却が可能となるのです。

 

 

ですので、小平市の空き家を売却する際には、必ず2〜3社以上から査定を取り寄せてください。
2〜3社以上から取り寄せた査定額の中間をとって大体の相場と見て取ることができます。

 

 

複数査定の注意点

 

ただし、最も高い査定額と最低の査定額の開きが大き過ぎる場合には注意が必要です。

 

その場合、最も高い査定額はウソである可能性があります。
実際に売却を任せて貰いたいために、わざと高い査定額を出している可能性があるということです。

 

ですから、1社だけ突出して高い査定額を出してきた業者には「なぜ、他社よりも突出して高いのか?」その根拠を聞いてみましょう。

 

もし、曖昧な返事でしたら間違いなくウソの査定額です。
他の誠実そうな業者から選ぶようにしましょう。

 

 

小平市の空き家を売るには一括査定を利用しよう

 

複数の業者から査定を取り寄せなければならない理由は上記のとおりですが、実際に何件もの不動産会社を訪問して査定を依頼するという行為は現実的には不可能なことですよね。

 

その時間や手間も相当なものになりますし、それに不動産屋というのは、ちょっと入りづらいイメージもあります。

 

 

でもご安心ください。
今は便利な時代になりました。

 

それは一括査定の利用です。

 

 

一括査定とは

 

一括査定とは、ネット上で複数の不動産会社に同時に査定を依頼できる方法のことです。
その手間は一度だけ。

 

 

一度だけ物件情報を入力すれば、複数の不動産会社に瞬時に送信してくれる便利な方法です。
1分程度の手間で済んでしまいます。

 

 

あとは、不動産会社から査定結果が届くのを待つだけ。
メールや電話、書面で結果が届けられます。(メールでの返答が多いようです)

 

 

簡易査定になりますが、大体の相場を知るにはこれで十分。
詳細な査定が欲しければ、その中から1〜2社を選んで現地査定を依頼しましょう。

 

 

以上のように小平市の空き家を売却するには一括査定を利用することです。
一括査定を利用することが、最も簡単で高く売却するコツになります。

 

 

小平市の空き家売却/おススメの一括査定

 

スーモ(suumo)の一括査定

不動産ポータルサイト最大手(スーモ)の売却一括査定です。
売却事例一覧や購入希望者一覧など、不動産会社を選ぶための重要となる秘匿情報が満載。
詳細ページからは、スタッフの紹介や店舗の特徴、Q&A回答など初めての人でも安心して相談できる一括査定サイトです!
大手ポータルサイトならではの豊富な情報で、きっと満足のいく査定結果が通知されることでしょう!

費用 査定数 評価
無料 最低3社 小平市,空き家,売却

 

>スーモ(suumo)の一括査定はこちら!

 

 

マイスミEXの一括査定

マイスミEXは東証マザーズに上場の鰍カげんが運営する不動産一括査定サイト。
入力された個人情報や物件情報はプライバシーマークで完璧に保護されます。

 

売却エリアに詳しい業者から最大で6社まとめて査定を受けられます。
地方に物件を所有する方、近くに不動産業者がいない方にもお勧めできる査定サイトです。

費用 査定数 評価
無料 最大6社 小平市,空き家,売却

 

>マイスミEXの一括査定はこちら!

 

 

マンションナビの一括査定

「マンションナビ」はマンション専門の売却査定サービス。
年間利用者360万人、月間査定依頼数1500件超という巨大査定サイトです。

 

売却はもちろん、買取や賃貸の査定も同時に可能となっています。
売却と買取は最大6社、賃貸は最大3社から選べるのが特徴です。

費用 査定数 評価
無料 売買6社、賃貸3社 小平市,空き家,売却

 

>マンションナビの一括査定はこちら!

 

 

 

小平市での賢い一括査定サイト使い方

 

小平市での一括査定サイトの賢い使い方を紹介します。

 

1.可能な査定数を最大限使うこと

 

査定サイトにより依頼できる査定数は異なってきますが、どこのサイトを使っても依頼可能数は目一杯使うことです。
最大で6社くらいのサイトが多いのですが、そういう場合は6社全部から査定を取り寄せましょう。

 

査定数が多いほど正確な査定額がつかめます。

 

反対に査定数が少ないと正確性に欠けます。
その結果、相場よりも安く売られてしまう恐れも十分考えらます。

 

後から「相場よりも低かった」と気づいても遅いですからね。

 

ですので、一括査定を使うときは、可能な限り多くの会社から査定をしてもらいましょう。

*地域によっては査定する会社が少ない場合があります。そういう場合は地元の業者にも併行して査定を依頼してみましょう。

 

 

2.査定を出してきた業者から1〜2社を選んで「現地査定」を依頼すること

 

複数の業者から査定が届いたなら、次はその中から1〜2社に絞り込んで「現地査定」を依頼することになります。

 

その1〜2社に選ぶ基準ですが、次のようなことに注意を払って選んでください。

  • 査定額
  • その査定額を出した理由
  • 文面の内容や丁寧さ

 

査定額については高いに越したことはありませんが、異常に高い査定額には注意をしてください。
業者の中には(釣り餌として、ワザと高い査定額)を出してくる業者がいます。

 

 

なぜ、ワザと高い査定額を出してくるのか?

 

それは売却を任せてもらいたいためです。(=専任媒介契約を結ぶため)

 

たとえば5社から査定が届いたとして、4社の査定額が3,000万円前後であるのにもかかわらず、1社だけが4,000万円だったら明らかにおかしいですよね。

 

こういう場合は、ワザと高い査定を出してきたと見て間違いありません。
ワザと高い査定額を出してきて媒介契約を結び、後になって現実的な価格で売り出そうとするのです。

 

 

ですので、突出して高い査定をしてきた業者は避けたほうが無難です。
他の信用のおけそうな業者から選ぶようにしましょう。

 

 

また査定の理由を明確にしている業者を選ぶことも大事な基準となります。

 

なぜ、その査定額なのか?
近隣での売買事例があるのか、相場なのか、買入れ予定の顧客を持っているのかなど根拠を明確に示してくる業者が信用おけます。

 

 

もちろん、文面の内容や丁寧さも大事な基準となります。

 

挨拶文はしっかりと書かれているか、担当者の名前は明示されているか、すぐにでも連絡がつく連絡先は書かれているか、など。

 

あまりにもペラペラの内容の薄い文面ならば、仕事も内容も薄いと予想されます。
しっかりと仕事をしてくれるとは思えないのです。

 

 

ですので、査定結果の文面の内容もよ〜くチェックをしましょう。
文面には人柄が表れるものですからね。

 

 

以上、現地査定を依頼する業者の選び方でした。

 

 

3.地元の業者が出してきた査定額の正誤が分かる

 

空き家を売却するときに地元の業者に依頼する人も多いことでしょう。
以前からの知り合いだったり、紹介だったりする場合は地元の業者に依頼することも結構あります。

 

 

そういう場合に、その業者が出してきた査定額が正しいのか、間違っているのか、一括査定が参考になるわけです。

 

 

もし、相場よりも低かったら、もう一度査定をやり直してもらうことです。
相場より低い売値なら、早くは売れますが売り損をしてしまいます。

 

反対に相場よりも高かったら永久に売れない可能性があります。

 

 

空き家に限らず不動産は相場でしか売れません。
相場よりも遥かに高い売値では、ずっと売れないままで終わってしまいます。

 

あくまで相場を基準値として、その中で高く売る売り方をしなければならないのです。

 

 

相場の中でも高く売るには

 

相場は今までの売買事例から導きだされます。

 

例えば、過去に2,500〜3,000万円の間で売れている地区の事例が数件あるとします。
この場合の相場は、2,500万円以上3,000万円以内ということになります。

 

実力のある業者なら上限の3,000万円か3,000万円+αで売ってくれます。

 

反対に実力のない業者やいい加減な業者では、下限の2,500万円ギリギリか2,500万円よりも低く売られてしまうかもしれません。

 

実は、いい加減な業者ほど早く売ろうとします。
いい加減な業者や悪徳業者は、資金の回転を早くするため、相場を無視して早めに売却しようと企んでいるものです。

 

もし、売却を依頼しようとする業者がこういう業者だったら最悪な結果を招きかねません。
売手は大きな損失を被ってしまいます。

 

そういうリスクを回避するためにも正しい相場観をつかむ必要があるということです。

 

 

いずれにしても一括査定は必要

 

以上のようなことから、知り合いの業者や地元の業者に売却を任せる場合でも一括査定を利用したほうがいいです。

 

一括査定を利用することのデメリットは売手にとっては何もありません。
それどころか損失を防いでくれる有難いシステムと思ってください。

 

 

くれぐれも一括査定を利用しない安易な売却だけはしないように。

 

空き家といえども不動産の売買は高額です。
食料品や電化製品を売り買いするのとは次元が違います。

 

ちょっとの損失が数百万円単位まで違ってくるのです。
空き家の売却は慎重には慎重を期すように事にあたりましょう。

 

 

一括査定を利用するのは当たり前の時代

 

今や戸建やマンションを売却するに一括査定を使うのは当たり前の時代になりました。

 

一括査定で一番高値を提示した会社や信頼できそうな業者に売却を任せれば、失敗の可能性はかなり防げます。

 

一昔前にはこんな便利な方法はありませんでした。

 

インターネットの普及が不動産の売買を健全なものにしたのです。

 

今ほどインターネットが発達していなかった頃は、不動産の売却で大きな損失を被ってしまった人も多かったことでしょう。
業者の言うがままに安く売却してしまったり、反対に「囲い込み」でいつまでも放ったらかしにされてしまったりと。

 

実際に売りのチャンスを逃してしまい、投げ売りで処分しなければならなかった事例もたくさんあるのです。

 

そもそも物件の相場さえも知らされていなかったことでしょう。

 

 

いい加減な業者は早く売ろうとする

 

不動産業者の中には、早く売りたいために安めの相場を提示してくる場合があります。

 

 

相場よりも安ければ、そのぶんは早く売れるからです。
早く売れれば、早く手数料が入りますからね。

 

 

そうでなくても小平市は業者にとって競争の激しい地域です。
激しい競争を勝ち抜くためには、手段を選ばない業者は少なからず存在しています。

 

こういう業者に当たってしまったら売手さんは大損をしてしまいます。

 

 

もちろん、全ての業者が悪いわけではありません。
売手さんの希望に沿って、できるだけ高く売ろうとする良心的な業者も多くいます。

 

 

しかし、売手からすると、その査定額が高いのか低いのか確認しようがありません。
相場より低くても、それが正しい売値と信じ込む以外にないのが実情です。

 

そういったことを防ぐことができるのが一括査定の利用です。

 

 

一括査定を利用すると損失は防げる

 

一括査定を使えば数社から評価額を知ることができます。
数社からの評価額を知ることができれば、物件の相場観をつかむことができます。

 

相場観が掴めれば、その価格を参考にして売値を決めることになり大きな損失は防げるというわけです。

 

 

以上が一括査定を利用したほうが良いという根拠です。

 

 

売却した後で後悔しても後戻りはできません。
そういう意味でも売却する前には必ず一括査定を利用してください。

 

もちろん、査定の段階は全てが無料で受けられます。

 

一括査定を使わない理由はどこにもないということがお分かりと思います。

 

 

>小平市でお勧めの一括査定サイトはこちら

 

 

 

空き家の売却は地元の業者?それとも大手?判断に迷ったら!

 

空き家を売却するには、地元の不動産会社に頼むといいのか、それとも大手の不動産会社に頼むべきなのか迷うことと思います。

 

不動産の売買に関してはどちらが優位で、どちらが不利ということはありません。

 

それぞれの特徴がありますので、その点を理解した上でどちらかを決めればいいでしょう。

 

 

地元の不動産屋の特性

 

地元の不動産屋の良い面としては、地域に密着していて地元の信頼度が厚いということです。
その地域の隅々まで把握していて、相場観もその推移も熟知しています。

 

 

業者間の結び付きも強固で、お互いに情報を共有しながら営業しています。
規模が小さいからといって一概に営業が弱いとは言えない存在になっています。

 

また、自社で顧客をたくさん抱えていて、手堅い売買が出来るのも地元の不動産会社の特徴になります。

 

良い意味で頑固な経営をしていて、お客さんのためなら元肌脱いでも頑張るという損得なしの経営をしているのも地元の業者の特徴です。

 

大会社みたいに無理なノルマもないので、地に足を付けた営業活動ができるのです。

 

ですので、きめ細かな人情溢れるサービスを求めるのでしたら、地元の不動産会社のほうがいいかもしれませんね。

 

 

ただし、大手みたいに潤沢な資金があるわけではないので、広告活動や営業マンの数などは制限されてしまいます。

 

また、年配の社長などはインターネットが苦手で、昔ながらの立看板やチラシ配布くらいの営業活動しかできないなどの欠点もあります。

 

今の時代、インターネットも使えないとなると、どうしても営業活動が制限されてしまいます。

 

 

大手の不動産会社の特徴

 

大手の不動産会社の良い面は大規模なネットワークと豊富な資金力です。
あらゆる媒体で買い手を探せるなんて、地元の不動産会社には真似ができないことです。

 

自社用のホームページはもちろん、住宅情報誌やスーモなどの不動産ポータルサイトにも積極的に物件情報を展開していけます。

 

つまり広告費をふんだんに使っての売却活動ができるので、売却のスピードも優れていることになります。

 

 

また、顧客にいろんな情報を提供して、お客さんを育てるというコンサルタント的な役割を担うことによって集客をしています。
まさに大手ながらの営業手法ですね。

 

ただ、営業マンについては厳しいノルマが設定されていて、それが強引な営業活動にも繋がることもあります。
地元の不動産会社みたいにマイペースで活動することは許されていないのです。

 

成約までのスピードを重視しているので、売り手にとっては納得のいかない結果になることもあるでしょう。

 

 

担当者レベルで決めると良い

 

以上のようにそれぞれの特徴があるので、どちらが良くてどちらが悪いということはありませんが、売り手にとってはハッキリとした判断基準が欲しいところですよね。

 

そこで会社の規模に関わらず、担当者レベルで決めればよろしいでしょう。

 

担当者がどれほど親身になって相談に乗ってくれたか、どれほど好感を持てたかで決めるようにしましょう。

 

 

家の売却は、売り手と担当者との二人三脚で行われるものです。
互いに協力しながら売却を成し遂げていくものです。

 

このように家の売却は不動産会社の大小ではなくて、担当者レベルで決めるようにすれば選別の迷いも少なくなります。
少なくても数ヶ月のお付き合いにはなるので、担当者との相性が悪ければやっていけるものではありません。

 

ですので大手か地元かで迷ったら一旦は両方に相談してみて、担当者の様子で決めるようにしましょう。


 

それでも迷うようでしたら、両方いっぺんに頼んでしまうことです。
「一般媒介契約」だったら数社に併行して売却依頼をすることができます。

 

これは不動産会社を競わせることにも繋がるので、大手か地元かで迷ったら両方いっぺんに売却を依頼してしまいましょう。

 

 

営業担当者は宅建の資格保持者か?

 

営業担当者が宅建の資格を持っているかどうかも担当者選びには重要な要素です。

 

 

宅建とは「宅地建物取引士」の略称で、不動産取引にはなくてはならない国家資格です。

 

不動産取引に係る「重要事項説明と説明書の記名押印、売買契約書の記名押印」は宅建の資格がなければ行なうことはできません。

 

 

また宅建業者(不動産業者)は、従業者5人に1人の割合で宅建資格者を置かなければなりません。
これを怠ると業務停止などの厳しい監督処分を受けることになります。

 

 

宅建資格者は、不動産取引に関する知識や法規を熟知しているので、その点でも売主さんにとっては安心できます。
故意、過失を問わず不正を働くと資格剥奪の処分を受けてしまいますからね。

 

 

じつは、不動産営業は宅建の資格がなくても誰でもができる職業です。
昨日今日入った新人でも不動産の知識が全くない転職者でもすぐに営業に回れます。

 

これがトラブルに繋がってしまうことが結構あるのです。

 

 

ですので、営業マンを選ぶ際には必ず宅建資格のあるなしを確認してください。
宅建資格は名刺に書いてあるので簡単に分かります。

 

 

もし、無資格者でしたらフォローできる資格所持の上司がいつでも駆けつけることが出来るか確かめておきましょう。

 

 

長年、不動産業界で働いている営業マンは、宅建を持っているのは当たり前のことです。
スムースな取引を行なうためにも「宅建士資格」の有無は必ず確認してくださいね。

 

 

一括査定を利用した際のお断りの仕方!

一括査定を利用すると数社から査定結果が届きます。

 

その中から1〜2社に絞って仲介を任せるわけですが、他の業者にはお断りの返事をしなくてはなりません。

 

或いは、全部の査定結果に満足できない場合は、全ての業者にお断りの返事をする必要があります。

 

ここでは、その断りの仕方をお教えします。

 

ハッキリと断りの返事をしておかないと、今後もちょくちょく連絡が来たり訪問をされたりしますからね。

 

 

一括査定を利用した際の断り方

 

「一社に絞ったからそこに売却を任せます」と正直に伝える

 

一括査定から一社に絞り、売却を任せることを決めたなら正直にその旨を伝えることです。
これを曖昧な返事をしていると、その後も営業が続いてしまいます。

 

不動産の営業マンは、たくさんの案件を抱えていることが優秀な営業と評価されます。
1件より5件、5件より10件と多くの案件(見込み客)を抱えているほど売上に直結するからです。

 

 

営業マンとしては、少しでも多くの案件を確保しようとして見込み客に営業をかけていきます。

 

この時に曖昧な返事をしていると、担当営業としては「もう一押し」みたいな感覚になって更に営業をし続けていくのです。

 

ですが、「他の会社に決めたので結構です。」とハッキリと断られれば諦めがつきます。
見込みにならない人に時間をかけるより、新規開拓に時間をかけた方が効率が良いですからね。

 

 

こういうことから、一括査定を利用した際にお断りを入れる業者にはその旨をハッキリとお伝えください。

 

営業マンに気を使うことはありません。
その営業マンのためにも、ハッキリとお断りを入れることが大切です。

 

 

「知り合いの業者に頼むことにした」という断り方

 

中にはハッキリと断りづらいという人もいることでしょう。
特に熱心に接してきた営業マンほど断りづらくなるものです。

 

 

ですが、不動産の売買では人情に流されてはいけません。
人情に流されるほど取引価格が低くはありませんからね。

 

そういう場合に無難な断り方があります。

 

それは「知り合いの業者に頼む」や「親戚が不動産屋なのでそこに頼む」という第三者を引き合いに断る方法です。

 

この断り方なら、変に角が立つこともなく無難にお断りができます。
営業マンとしても「知り合いなら仕方がないか」と納得がいくことになります。

 

この場合、ハッキリと返事をすることが必要です。

 

落ち着きなさそうに答えたり、目を合わせないで答えたりすると嘘がバレます。
堂々と答えることが肝心です。

 

昔から「嘘も方便」と言うではないですか。
これなら営業マンも自分も傷つくことなくお断りができるということです。

 

 

いっさい無視をする

 

それでもお断りするのは気が引けるという人は、無視をする以外にありません。
メールが届いても電話が来ても訪問されても一切無視をすることです。

 

「断ることができない」という人は一定数いますからね。

 

訪問販売が来ると何でも買ってしまうという人などが相当します。
こういう人は一切の無視を決め込むこと。

 

一切の無視をされれば、どんな鈍感な営業マンでも「その気がないのだな」と勘づきます。

 

どうしても断ることができない人は、無視をすることによって対応しましょう。
2〜3回無視を決めこめば、大体の営業マンは諦めるものです。

 

 

一括査定を利用した際の断り方まとめ

 

以上、一括査定を受けた際のお断りの仕方でした。

 

もちろん、交渉を続けていたいと思ったなら、メールでも電話でも前向きに対応してください。

 

そして、訪問による現地査定を受けることです。
現地査定を受ければ売り物件の詳細な相場が分かります。

 

近隣相場だけでは分からない物件固有の特徴などを含めて、実際に売出し可能な市場価格をつかめることになります。

 

たとえば、角地の家なら一面の家よりも高く売れるのは当然です。
前面道路が南なら北よりも高く売れます。
接道面は狭いよりも広いほうが高く評価されます。

 

このように、物件固有の価値を知らずに売りに出してしまうと損をしてしまう可能性が大ですので、
そのためにも現地査定は重要になってくるのです。

 

 

この現地査定は1〜2社、多くても3社までに留めましょう。
これが現実的な現地査定の数字になります。

 

 

>小平市でお勧めの一括査定サイトはこちら

 

 

 

空き家は売るのが遅くなるほど損をします

 

 

小平市の空き家は、売るのが遅くなるほど損をしてしまいます。
家族の誰かが住む予定だったり、賃貸に出すなどの予定がなければ早く売りに出すことです。

 

現在、全国の空き家数は820万戸、空き家比率は13.5%と9件に1件が空き家状態になっています。

 

この数値はますます増えていき、2035年には空き家数は1,000万戸、比率では32%と3軒に1軒が空き家になると予想されています。

 

これは小平市でも例外ではありません。
片方のお隣が空き家になってしまうという恐ろしい状況が待っているのです。

 

 

ちなみに、 新築後何年使用されたかを表す「滅失住宅の築後年数」は日本の27年に対し、米国66年、英国は80年となっています。

 

格段の違いですよね。

 

建築工法の違いもありますが、日本では一般的な木造住宅で20〜25年で価値がゼロになるというのは皆んなが認識しています。

 

20〜25年を過ぎた住宅は、売買しても土地の価格しか評価されず、家の解体費用分もマイナス勘定になってしまうという驚くほどの価値のなさが露呈されています。

 

 

それに輪をかけるわけではないですが、バブル期以降は地価も下がり続けていて、もはや何千万円も支払って新築を購入する意味がなくなってきています。
(小平市の一部の恵まれた地区は除きます)

 

 

昔はマイホームの購入は資産構築になりましたが、現在のマイホーム購入は唯の消費材購入です。
こういう住宅の「築後年数」の短さも空き家が増える原因にもなっているのです。

 

 

そうでなくても今の日本は人口減少、世帯数減少の高齢化社会に突入しています。
ますます小平市の住宅ニーズが減っていくのです。

 

こんな状況では、小平市の空き家の売却は、後になればなるほど売りづらくなること必至です。

 

 

これが空き家は売るのが遅くなるほど損をしてしまうという理由です。

 

 

空き家でも所有している限りは、固定資産税をはじめ、それにまつわる費用はかかるもの。
ただの金食い虫になる恐れが十分にあるということです。

 

 

小平市の空き家は?/どうせ処分するなら今すぐに売りに出すこと

 

住みもしないし、貸すこともしない空き家は所有していても何の得もありません。
ごく一部の人気のあるエリア以外では、地価の上昇など全く期待できません。

 

バブル期のような地価の上昇が期待できるのは、都市圏のほんの一部の地区だけです。
日本でも指折り数えるほど少ないことでしょう。

 

 

そういうわけで、空き家の売却はズルズルと先延ばししないで、「今が売り時」と心得ましょう。

 

小平市の空き家は、今が一番高く売れる時期と思っていいです。

 

まずは、どの位の価値が見込めるのか、物件査定に出すことをオススメします。

 

 

>小平市でお勧めの一括査定サイトはこちら

 

 

関連ページ

足立区の空き家を売却する方法
足立区では、現在35,000戸の空き家があり、9.7%という高い空き家率を有しています。そんな足立区の空き家を売却する方法を紹介します。
八王子市の空き家を売却する方法
八王子市は現在28,980戸の空き家があり、その割合は10.3%にも上っています。そんな八王子市の空き家を売却する方法を紹介します。
東村山市の空き家を売却する方法
東村山市は現在700件の空き家があり、そのうちの91戸が問題のある空き家と判定されました。そんな東村山市の空き家を売却する方法を紹介します。
町田市の空き家を売却する方法
町田市は現在17,000戸もの空き家があり、その率は7.7%となっていて市区町村では最も低い数値になっています。そんな町田市にある空き家を売却する方法を紹介していきます。
豊島区の空き家を売却する方法
豊島区は現在3万戸の空き家があり、その率は15.8%と都内ではトップの数値を示しています。そんな豊島区にある空き家を売却する方法を紹介していきます。
千代田区の空き家を売却する方法
千代田区は現在4,000戸の空き家があり、その率は13.3%にも上っています。そんな千代田区にある空き家を売却する方法を紹介していきます。
中央区の空き家を売却する方法
中央区は現在1万戸の空き家があり、その率は10.6%という値になっています。そんな中央区にある空き家を売却する方法を紹介しています。
目黒区の空き家を売却する方法
目黒区は現在15,000戸の空き家があり、割合では9.8%という10%の大台に後一歩という状況にあります。そんな目黒区の空き家の売却方式を紹介します。
台東区の空き家を売却する方法
台東区は現在11,000戸の空き家があり、その割合は9.7%にも及んでいます。そんな台東区にある空き家を売却する方法を紹介します。
福生市の空き家を売却する方法
福生市には現在4,000戸の空き家があり、その割合は12.7%にも上っています。そんな福生市の空き家を売却する方法を紹介します。
杉並区の空き家を売却する方法
杉並区の空き家数は36,000戸と練馬区と並んで4番めに高くなっています。そんな杉並区の空き家を売却する方法を紹介します。
江戸川区の空き家を売却する方法
江戸川区の空き家は現在38,000戸で大田区、世田谷区に続いて3番目に高くなっています。空き家率も10.9%と10%越えの高い数値を示しています。
大田区の空き家を売却する方法
大田区の空き家数は62,000戸と区市町村でトップの数値を有しています。また空き家率も14.8%と豊島区に続いて2番目になっています。そんな大田区の…
高円寺の空き家を売却する方法
杉並区にある高円寺は現在30戸の空き家があり、そのほとんどが一戸建てになっています。
墨田区の空き家を売却する方法
墨田区では現在、16,000戸の空き家があり、率では11.6%と10%越えの高い数値を示しています。
世田谷区の空き家を売却する方法
世田谷区の空き家数は53,000戸と大田区に続いて2番目に高くなっています。
武蔵野市の空き家を売却する方法
武蔵野市の空き家数は12,000戸と豊島区、大田区に続いて3番目と高くなっています。
奥多摩町の空き家を売却する方法
奥多摩町は現在1,500戸あまりの空き家があり、その率は15%を超えている状況です。そんな奥多摩の空き家を売却する方法を紹介します。
特別区の空き家を売却する方法
特別区の空き家は現在60万戸弱、住宅総数に占める割合では11.3%という数字になっています。 その7割が賃貸物件であり空き家数の増加を押し上げる要因となっている状況です。
新宿区の空き家を売却する方法
新宿区には現在29,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は12.6%と都内平均の11.1%を1ポイント以上上回っている状態です。そんな新宿区にある空き家を売却する方法を紹介していきます。
品川区の空き家を売却する一番確実な方法
品川区には現在26,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.4%と都内平均の11.1%を若干上回っている状態です。そんな品川区にある空き家を売却する方法を紹介しています。
港区の空き家を売却する最も効率的な方法
港区には現在17000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は12.9%と都内平均の11.1%を1.8ポイントも上回っている状態です。
文京区の空き家を売却する最も効率的な方法
文京区には13,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は10.0%と都内平均の11.1%を1ポイントあまり下回っている状態です。
江東区の空き家を売却する一番正しい方法
港区には20,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は7.8%と都内では町田市に続いて2番目に低い数値になっています。
渋谷区の空き家を売却する一番確かな方法
渋谷区には現在17,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は12.1%と都内平均の11.1%を1ポイントほど上回っている状態です。
中野区の空き家を賢く売却する方法とは
中野区には現在29,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は13.7%と23区では3番目に高い数値を示しています。
失敗しない空き家の売却/北区編
北区には現在20,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は10.5%と都内平均の11.1%を若干下回っている状態です。
荒川区の空き家を売却する確かな方法とは
荒川区には現在11,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は10%と都内平均の11.1%を1ポイントほど下回っています。
板橋区の空き家を売却する確かな方法とは
板橋区には現在35,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.4%と都内平均とほぼ同率になったいます。
練馬区にある空き家を売却する正しい方法
練馬区には現在36,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は9.5%と都内平均の11.1%を1ポイント以上下回っています。そんな練馬区にある空き家を売却する方法を紹介していきます。
葛飾区にある空き家を売却する最も正しい方法
葛飾区には現在25,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.1%と都内平均と同率になっています。
青梅市の空き家を売却する方法
青梅市の空き家は現在8,000戸、住宅総数に占める割合は12.2%と前回調査よりいずれも増加しています。そんな青梅市の空き家を売却する方法を紹介しています。
昭島市の空き家を売却する確かな方法
昭島市は現在6,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.7%と東京都の平均より若干上回っている状況です。
国立市の空き家を売却する確かな方法!
国立市は現在、5,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合では12.7%となっています。そんな国立市の空き家を売却する方法を紹介しています。
狛江市の空き家売却を売却する方法は?
狛江市は現在5,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.5%と東京都平均を若干上まわっている状況です。そんな狛江市の空き家を売却する方法を紹介します。
清瀬市の空き家を売却する方法
清瀬市は現在4千戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は9.9%と都内平均は若干下回っている状態です。そんな清瀬市の空き家を売却する方法を紹介しています。
武蔵村山市の空き家を売却する一番無難な方法!
武蔵村山市の空き家を売却する一番無難な方法を紹介しています。これから武蔵村山市の空き家の売却を検討している人の参考になれればと思います。
稲城市の空き家を売却する一番確実な方法
稲城市の空き家は現在3,000戸、住宅総数に占める割合は8.5%と東京都の平均(11.1%)を大きく下回っています。、そんな稲城市にある空き家を売却する方法を紹介していきます。
あきる野市の空き家を売却する一番確かな方法
あきる野市の空き家は現在4,000戸、住宅総数に占める割合は10.5%と東京都平均を少し下回っている状況です。そんなあきる野市の空き家を売却する確かな方法を紹介しています。
立川市の空き家を売却する一番確かな方法!
立川市は現在9,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は10.8%あります。そんな立川市の空き家を売却する一番確かな方法を紹介しています。
三鷹市の空き家売却/より高値で売る方法
三鷹市は現在11,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.1%となっています。そんな三鷹市の空き家をより高値で売却する方法を紹介しています。
府中市の空き家を売却する一番確実な方法は
府中市の空き家は現在15,000戸、住宅総数に占める割合は12%と都の平均を若干上回っている状況です。そんな府中市にある空き家を売却する方法を紹介しています。
調布市の空き家を少しでも高値で売却する方法
調布市は現在15,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.9%と都平均を少し上回っている状況です。そんな調布市にある空き家を売却する方法を紹介していきます。
小金井市の空き家を売却する確かな方法
小金井市は現在8,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は11.8%と都の平均を若干上回っている状況です。そんな小金井市にある空き家を売却する方法を紹介していきます。
日野市の空き家を失敗しないで売却する方法!
日野市では現在12,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は12.8%と都の平均を1ポイントほど上まわっている状況です。そんな日野市にある空き家を売却する方法を紹介していきます。
国分寺市の空き家をできるだけ高く売却する方法
国分寺市の空き家は現在8,000戸、住宅総数に占める割合は12.1%と都の平均(11.1%)よりも1ポイント高くなっています。そんな国分寺市の空き家を売却する方法を紹介しています。
東大和市の空き家を高く売却する確かな方法
現在、東大和市の空き家は5000戸、住宅総数に占める割合は11.9%と都平均よりも若干高くなっています。そんな東大和市の空き家を出来るだけ高く売却する方法を紹介しています。
東久留米市の空き家を高値で売却する方法
久留米市は現在5,000戸の空き家があり、住宅総数に占める割合は9.2%です。そんな東久留米市の空き家を高く売却するための方法を紹介しています。