空き家を売る時の知識

空き家を売るときの最低限必要な知識

空き家を売る時には何も準備することなくただ売りに出せばいいということではありません。
不動産業者に丸投げ状態で任せても満足のいく売却は難しいでしょう。

 

少しでも高く売るためには売主自らが幾つかの準備をすることが必要です。
想い出の残った大切な家、親から受け継いだ貴重な財産は
周到に準備して損をしない売却を成立させましょう。

 

そのための最低限知っておくべき知識を紹介しています。

空き家を売るときの最低限必要な知識とは?記事一覧

処分に困った空き家を売りたいと思ったら先ずは現況を把握しておきましょう。現況とは空き家の状態のこと。手入れをすれば住める状態なのか、それとも崩れ掛かっているほどの古い家なのかなど。築年数にもよりますが一般的な住宅の価値は30年で無くなると言われています。もちろん、30年を過ぎても立派な景観を保っていて住むのに問題のない家もあります。しかし、築30年を過ぎればほとんどの家が何らかの不具合を抱えていま...

少子化や過疎化の影響でますます空き家が増えています。その数820万戸。13.5%の家が空き家という状態です。売りに出した空き家が売れないのは(駅から遠い、学校も遠い、近くに商店街や病院がない)など生活面の不便さが一番の原因です。(適正な価格で売りに出している場合)建物の良い悪いはそれほど影響していません。ですが、どんな田舎でもそこに住みたいと思っている人もいることは事実です。最近では過疎状態の農村...

空き家を売るための主な注意点です。1.適正な価格設定をするこれは不動産に限らずの話しですが、どんな商品でも適正な価格があります。当然、空き家にも適正な価格つまり相場というものがあります。この相場を無視した価格を設定したのでは永遠に売れることはありません。売主としては1円でも高く売りたいということは当然のことです。しかし、相場より遥かに離れた価格を設けても売れることはありません。ほとんどの物件は相場...

親から引き継いだ県外にある空き家の売買は地元の不動産業者に媒介依頼しましょう。不動産業者は物件情報を業界のネットワークに載せ、広く買主を募ることになります。つまり業界内で物件情報を共有することになるのです。その分、広い範囲で多くの人たちに知らせることになるので売れる確率が高まるということになるのです。まずは物件のある地域の不動産業者と媒介契約をしましょう。媒介契約とは売買の仲介を依頼する契約のこと...

空き家を売りに出しても思うように売れない場合があります。その理由としては以下のようなものです。価格が高すぎるけっして立地が悪くないのに売れないのは価格が高すぎるからです。不動産の売買には相場があります。相場とマッチしてない価格で売り出しても絶対に売れることはありません。その地区の相場を把握して、相場の価値で売り出してみてください。それでも売れない場合は段階的に2割くらいまで引き下げてみることです。...

誰も住まなくなった空き家の処分方法は次のようなものです。賃貸に出して家賃収入を得る無償で貸与する売却する寄付をする一番良いのが賃貸に出して家賃収入を得ることですね。資産活用にもなりますし将来に渡って安定収入が発生することになります。所有する空き家が賃貸に出せるようならリフォームをするなどして良い家賃で貸し出せる方法をとりましょう。賃貸に出せない理由があったり管理が煩わしかったりしたら売却することで...

空き家を売るとしたら幾らくらいの値段に設定したらいいのか?空き家を保持しているだけでも維持費は掛かりますし、固定資産税の優遇処置が見直されて税金の大幅アップが予定されてもいますからね。まずは不動産業者に物件査定を依頼してみましょう。それも1社だけでなく複数社依頼してみることです。これで物件の価値がつかめます。この時、その根拠も聞いてみてください。中には媒介契約が欲しくて突出して高い値付けをする業者...

空き家を販売する時はその仕方を知っておきましょう。一つは不動産会社を通じて買い手を探してもらう仲介での販売方法です。一般的に不動産の売買は不動産業者が仲立ちをして買い手と売り手を結び付けるという仕方になっています。仲介手数料は掛かりますが、買い手の探索や物件調査、契約、決済引き渡しまで全てお任せできるので売り手からすれば安心して売買完了まで過ごすことが出来ます。もう一つの販売方法としては業者買いで...

実勢価格を知る実勢価格とはつまり相場のこと。家や土地の取引はほとんどが相場で売値が決まります。特別な事情(急いで売らなければならない場合や任意売却など)がない通常の取引では同条件の取引を参考に相場での取引で落ちつきます。もちろんこの相場は時の流れや地域情勢によって変化していきます。最新の相場を把握することが大事です。実勢価格を知るには不動産会社に査定を依頼することです。この場合、1社だけでなく数社...

空き家でも居住中でも成約価格が決まるまでの流れがあります。成約価格の流れはこうです。売主の売却希望価格査定価格売出し価格買主希望価格成契価格売主の希望価格は、そのものズバリの売主が希望する価格です。一般的に殆どの売主は過大評価をしていて、査定価格を知ると落胆してしまいます。この時に現実を受け入れて価格を見直してくれる売主と頑として希望価格にこだわる売主に分かれます。査定額を無視した売出し価格では、...