空き家を売るには現況を把握すること

現況を把握して高く売る工夫を

akiya

処分に困った空き家を売りたいと思ったら先ずは現況を把握しておきましょう。

 

現況とは空き家の状態のこと。
手入れをすれば住める状態なのか、それとも崩れ掛かっているほどの古い家なのかなど。

 

 

築年数にもよりますが一般的な住宅の価値は30年で無くなると言われています。
もちろん、30年を過ぎても立派な景観を保っていて住むのに問題のない家もあります。

 

しかし、築30年を過ぎればほとんどの家が何らかの不具合を抱えています。

 

 

手入れをすれば十分に住める場合にはリフォームをして見た目にも機能的にも整備をしておくことです。

 

リフォームに要した費用は売買価格に上乗せすればいいので特別損をするということはありません。

 

 

もしリフォーム費用を用立てることが難しければ現況の状態で売っても大丈夫です。
買い手さんによっては自分で好きなようにリフォームしたいという人もいますからね。

 

 

現況で売出し方法を決める

 

ですので、まずは現況で売りに出してみる、それで売れなければリフォームをする
というふうにするのもよろしいかと思います。

 

 

一方で、手入れをしても住めないほどの古い家や傷んでいる家なら
解体して売りに出しましょう。

 

 

解体費用は標準的な木造住宅なら100万円程度、
鉄骨造や鉄筋コンクリート住宅なら150〜200万円程度を見ておきましょう。

 

これに掛かった費用は売買代金に上乗せすればいいです。

 

 

もし、一時的にしろ費用が用立てられない場合は、古家付き土地で売りに出しましょう。
この売買は、購入者が解体して新しく家を建てることになります。

 

 

ただし、解体費用分は値引きする必要が出てくるかもしれませんね。
このへんは媒介依頼した不動産屋さんと相談されて決めてください。

 

 

買い手がその物件の購入意志が強いほど売主の希望価格が通ります。
不動産の価格は需要の強さで大きくもなるし小さくもなりますからね。

 

 

いずれにしても空き家を売るに際しては、まずは現況を把握して売り出し方を決めることです。
どうせ売るなら少しでも高く売る工夫をすることです。


空き家の売却!まずは物件査定を依頼しよう

tohi


空き家を売却するには、まずは不動産業者に査定を依頼しましょう。
次は査定情報に基づいて売却を依頼する業者を選定することです。
できれば複数の業者に査定を出すことで正しい売り値をつけることができます。

ここでは管理人が選定した優良査定サイトを紹介しています。
査定サイトを上手に利用して一円でも高く空き家を売却してください。

> 厳選!おススメの査定サイトベスト3はこちら!


関連ページ

売りに出した空き家が売れない時は
売りに出した空き家が売れないのは、価格と生活面の不便さが原因です。
空き家を売るための注意点
空き家を売るときに気を付けるべき主要な注意点はこうです。
県外にある空き家を売買するには?
親から引き継いだ県外にある空き家の売買は地元の不動産業者に媒介依頼しましょう。
空き家が売れない理由とは
空き家を売りに出しても思うように売れない場合があります。その理由としては次のようなものです。
空き家の処分方法
誰も住まなくなった空き家の処分方法は次のようなものがあります。
空き家の値段は幾らくらいにしたらいいか?
空き家の販売の仕方は?
空き家を販売する時はその仕方を知っておきましょう。仲介での販売と買取を利用する2通りの仕方があります。
空き家を売る手順は次のようなものです
まずは実勢価格を知りましょう。実勢価格とは相場のこと。家や土地の取引はほとんどが相場で売値が決まります。
空き家の成約価格が決まるまでの流れ
空き家でも居住中でも成約価格が決まるまでの流れがあります。その流れはこうです。